起業して成功したいなら1日1食にしなさい

312427606_defa0dfaa8_z

さて、後編にまいりましょう。

前回はぼくの9日間の断食経験と自分の常識の壊し方について書かせてもらいました。

前の記事はこちらから
↓↓↓↓↓

http://aiden-10.com/1day-1eat-for-succese

 

それでは後編です。

1日1食にするもう一つの効果とは?

さぁ、この記事のテーマは
「成功するには1日1食にしなさい」です。

その1つとして前篇の自分の常識を壊すという狙いがあります。

そしてもうひとつは「パフォーマンスを上げる」ということです。

これを読めばいかにご飯を食べることが愚かなのかとちょっとだけ思い直すきっかけになると思います。

 

断食してから1年ほど経った時、ぼくはある本に出会います。
「食べない健康法」という石原結實先生というお医者さんが書かれた本です。

健康オタク&痩せたい&モテたいぼくは当時、この本を読み再び健康生活にチャレンジしようと思いました。

食事を抜くことに抵抗がなかった僕はなんとなく義務感で食べていた朝食をまずは抜くことにしました。

するとみるみる体重は落ちていきました。
さらに朝の仕事の集中力というか眠気が来ないことに気付きました。

「お、これはいいぞw」

断食経験から1年。
忘れていた”食べない”ことへのメリットを思い出してきたのです。

そこから僕はさらに極めるべく1日1.5食生活へと切り替えました。

具体的には昼食を納豆とバナナスムージーにすることで空腹感を抑えつつ食べない生活を実現させていきました。

バナナスムージーを飲むときは窓から外を見ながら腰に手を当て
「おれは藤原紀香なんだ」となぜか紀香を意識しながらバナナスムージーを飲んでいましたw

まぁ紀香は意識高い系の代表とも言えるのでイメージ効果もあったでしょう(おそらく)

そんなこんなで1日1.5食にしてからはさらに体重が減りました。
人生過去最低の58kgを記録したこともありました(別にガリガリというわけではありません)

そして何より効果を感じたのは仕事に対するパフォーマンスが上がること。

意識しないとなかなか気付けないんですが、まったく眠くならない。
そして意外とお腹も空かない。

で、ご飯を食べた後も意識してみるとやはりご飯を食べた後のパフォーマンスってすこぶる下がるんです。

眠たいし、やる気でないし、遊びたくなるしで「あれ?いいコトないじゃん」と気付けます。

それでもご飯を目の前にした時の自分の食欲を抑えるのは至難の業なので、
環境を整えることが大事です。

で、今はというと僕は実家で夕飯を食べ過ぎて満腹状態でこの記事を書いています。
(食べ過ぎたことに激しく後悔しながらw)

この1日1食記事を書きながら決めた僕の決意。
とりあえず宣言しておきます。

第三次1日1食宣言。

今の生活の流れとして昼はカロリーメイト、夜は実家で好きなだけというスタイルなのでなかなか夜の集中力が続きません。

前までの昼に作業をしていた時なら良かったのですが、
今では昼の仕事を始めてしまいました。

自分のビジネスを成長させる時間は平日の夜と土日くらいしかありません。

そして平日の夜のパフォーマンスを上げるためには実家に戻らずに小食で抑え、
カフェで作業をすべきだなと勝手に書きながら感じてしまいました。

 

なのでここに第三次1日1食を宣言したいと思います。

おそらくこれで夜の方の集中力も続くようになり、眠気もだいぶ抑えられると思います。

これはメルマガ的にも良いネタになりそうですし一石二鳥ですねw

あ、少し話はそれますが最後にビジネス的に重要なテクニックをお教えします。

例えば今回の第三次1日1食のように何かを試したり、あるいは何かを学んだりするときはそれを発信する、誰かに教える前提でやると自分のインプットの向上になりますし、うまくやればこれでお金も稼げます。

例えば、今回ぼくはまた1日1食生活を実践します。
それについてまとめたブログを作りながら実践していきます。

そのブログに集まった人たちに対して僕の断食ノウハウをまとめたPDFをプレゼントしたり、売ったりもできます。

さらに参加者を募って場所を借りれば断食ノウハウを教えながら実践する断食合宿みたいなものも開催できます。

こうやって1つの経験を加工し、発信することでビジネスが出来上がります。

ビジネスってのは誰かの悩みを解決するか、喜ばせることができれば成り立ちます。
平たく言えば「価値提供」です。

ぼくらは自分が当たり前にある経験でも、人から見ればすごい経験かもしれません。
9日間断食した経験があるって人はなかなかいないだろうし、あなたにもそれと同じような人がしてない経験があればそれを発信してビジネスにできる可能性もあります。

てことで自分の経験、知識を加工してどんどん発信していきましょう。

別に最初はお金を取らなくてもいいんです。
とりあえず誰か1人の役に立っていれば、その周りに人は集まってきます。

さて、またまた話が逸れてしまいましたが、後編のまとめとしては
「食べなきゃ集中力持続するし、眠くならないよ」
ってことです。

シンプルすぎてすみませんw

ではまた。

あいでん@

 

 

P.S

この記事は約2000文字でした。
昨日までの自分なら「よし、結構なボリューム書けたな」と思えてたでしょうが、
今では「うーん、なんか薄くないかな??」と思えてしまうほど。

それほど今日の自分の壁を破った経験は大きかったということです。

何度も言いますが大事なのは文字数ではなく内容です。
でも今日は文字数にフォーカスして20000文字をクリアしていこうと思います。

さ、残りあと2000字ちょっとです。
次の記事でクリアできそうです。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。