1ヶ月に1つの習慣をやめることに専念してみる

9328983767_815fdb7f0b_b

こんばんは、あいでんです。

昨日から再度、心を入れ替えて習慣化していこうと再スタートしました。

まぁね、マラソンみたいに何度も歩いたり走ったりすればいいんですよ。
ランナーズ・ハイとかもありますしね。
走ってたらだんだん気持ちよくなってそのうちやめたくないって時が来るかなと。

んで、まずはその走りだすまでのステップを簡単にまとめてみようかなと。

今回のテーマは「悪習慣をやめること」

僕はもう数えきれないくらいの悪習慣があります。

・将棋動画を見る
・将棋アプリをやる
・疲れたらYouTube
・おふろに入るの先延ばし
・とりあえずiphoneさわる
・夕飯は腹12分目まで食べる
・完璧主義

とまぁ挙げればキリがないのでこのぐらいにしときましょ。

で、頭では悪いとわかっている習慣でもなぜやめられないのか?
それには3つの理由があります。

1.ホメオスタシスが働く
2.事なかれ主義の無意識ちゃん
3.欲望との戦いに勝てない理性

ホメオスタシスはいつもどおりに自分を保とうとする人間の生理的な機能ですね。
なので、自分が新しい自分になろうとするのを引き留めようとします。

2の無意識にも同じようなことが言えて、人間にとって変化は危険を表します。
自分が変化しようとしていたら無意識が勝手にブレーキをかけてしまいます。
「やめろ、変わるんじゃないお前」と。

さらに悪習慣への欲望に理性はなかなか勝てません。
だってそうですよね。
これを読んでいる何人の方がダイエットに苦しんだ経験があるか。

・ホメオスタシス
・無意識
・欲望
どうです?
こんな3人の強敵を前に僕らは悪習慣を断ち切らないといけません。

僕はこの3人に何度も何度も習慣化を打ち砕かれています。

そして戦いに負けた暁には、上に書いた悪習慣を心置きなく楽しんで、人生の時間を浪費するのです。

じゃあこの3人に勝つ方法はないのか?
3つの方法を根気強くやれば勝てない相手ではありません。

まずは1つ目。
悪習慣をやめるための明確な理由を持つこと

その悪習慣があることでどんなデメリットがあるのか?
やめればどんなメリットがあるのか?
そのメリットによってどんな未来があるのか?

このへんを明確にしておくと苦しい時の原動力になります。

その2。
1度に1つの習慣をやめる(続ける)

人間、そんなに器用ではありません。
あの3人のボスを倒すためには1ヶ月に1つの習慣に集中しなければなかなか勝てる相手ではありません。

それでも僕は「いや、おれならできる」
と、1度に5コも6コも習慣を設定して、見事3人の敵に負けてきました。

だから決めたんです。
まずは1つずつやっていこうと。

そして3つ目はスイッチングという手法です。

悪習慣にもそれなりの存在意義があります。
例えば、僕の「将棋動画を見る」は僕にとって娯楽であり、楽しみであります。

じゃあ他に娯楽、楽しみはないの?他ので解決しようよってのがスイッチングです。

この場合でいうと「小説を読む」とか「マンガを読む」とかでもいいですね。
(ストーリーを学ぶ上でマンガは重要なので)

以上の3つ、
1.やめるための明確な理由を持つ
2.1度に1つの習慣に取り組む
3.スイッチングを使う

が必要になってきます。

まぁでも、1番大事なのはノウハウうんぬんではなくとにかく行動を起こしてみること。
これが結局1番のノウハウなのです。

ではでは今日はこのへんで。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。