永遠に考えがまとまらない人に教えたいA3ノートのすすめ

24400104734_e6a3f94d9e_b

どうも、あいでんです。
昨日は僕が2015年買ってよかったNo.1のツール、「自転車」を紹介させていただきました。

今日はめちゃくちゃ使えた知的ツールの紹介です。

ズバリ「A3ノート」です。

ふつう、みんなが使っているのはA4とかB5が平均的なノートですかね。
で、A3の大きさはというとA4用紙2枚分の大きさです。
持ち歩くには完全に不便ですw

じゃあそんなノマドに適さないA3ノートになぜハマってしまったかというと単純に知識のネットワーク化がA4ノートよりもしやすいということだったんですよね。

僕は自他共に認めるインプットマニアです。
ノウハウコレクターとも言うでしょうか。
で、いつものようにA4ノートにノウハウをまとめていたんです。

「ライティングとは…」
「マーケティングとは…」

ビジネスの師の動画や音声、テキストを見てはまとめ、見てはまとめで次から次へとA4ノートに書き込んでいきます。
この書き込んでいる瞬間が楽しいんですよね。インプットマニアにとっては。

でも、インプットの本質、勉強の本質からは遠くはなれていました。
確かに自分の知識欲を満たすだけの勉強は楽しい。
しかし、一向に自分の身になっていないことに気づくんですよね。

それはまとめた知識と知識が結びつかないから。
キーワード選定は◯◯が重要だよ…
おもしろい文章を書くには◯◯が大事だよ…

どんだけこのようなノウハウをメモっていっても所詮ただの知識なんですよね。
ひとひらの知識とでも言いましょうか。

で、本当の知識ってのは使えてなんぼ。
「自分だったらこう使えるな…」
「記事を書く時にこういう視点で書けばいいんだな…」

こういうひとひらの知識と自分の状況を重ね合わせ、自分ごとに置き換えることで知識は知恵やスキルとなりますよね。
理系の人のためにわかりやすく方程式で表すと

知識×自分=スキル

って感じですかね。

で、その知識を自分事につなげやすくできるのがA3ノートってわけです。
なぜなら、A3ノートは単純に書けるスペースが圧倒的に広いんですよね。

ただ広いだけなのがこれほど脳に、思考に余裕が出るのかと。
そしてクリエイティブになれるのかと新たな文房具の世界を見ました。

通常のA4にまとまる情報をメモったところでも、まだまだA4用紙1枚分のスペースの空きがあります。
この余白が「×自分」の部分です。

「じゃあこの知識を自分に活かすにはどうするべきか?」と自問し、
そして実行することにより知識はやがてスキルや経験になっていきます。

 

「でも持ち運べないのはさすがに大きなデメリットだよ〜」

そんなあなたに朗報です。
えーっと…当たり前のこと言いますね。

紙って折れるんですよ(どーーん)

A3ノートはA4用紙2倍でありながらも半分に折り曲げるとA4用紙1枚分のスペースに収まります。(これも当たり前)
これを方程式に直すと

A3=A4÷2

持ち運びたいなら…

A3÷2=A4となります。

 

結論

勉強の本質は自分の何か(ビジネスやら趣味やらなんやら)に活かすこと。
でも、いつの間にかノートをまとめることが目的になりすぎてまとめただけで満足してしまう(とくに僕とか)

だからこそ、一覧性の高いA3ノートで知識をインプットしながら自分ごとに置き換えていく。
そうすることでどんどんスキルはついていきます。

どうぞお試しあれ。

 

P.S
いろいろ使った中で1番のおすすめは「オキナのプロジェクトペーパー」です。
罫線の薄さと1枚1枚ピリピリ〜っと切り離せるところが便利です。
オキナ プロジェクトペーパー A3 5ミリ方眼 1 Sheet Method PPA3ME


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。