時間の抽象度を理解するだけで自分の世界が1次元増える話

11135973274_cf2a196c4d_b

こんばんは、あいでんです。

今日も15分で書いていきます。

 

今日は抽象度。

よくこの業界で言われるのが

「抽象度を高くすることが必須」

「抽象度が高ければビジネスでは簡単に成功する」

このような言葉が日常茶飯事で飛び交っています。

地元の友だちとは決して出ない話題ですw

 

んで、ぼくはなかなかその抽象度というものをつかめずにいます。

そりゃ簡単なレベルでの抽象度ということであれば理解はできています。

例えばダックスフンドの抽象度を高めると犬→ほ乳類→動物という感じです。

逆に具体性を高くすると動物→ほ乳類→犬→ダックスフンド→ポチという風になります。

 

これはまぁ誰でもわかるレベルでしょう。

こんな容量で例えば「もう2015年も終わりますが、Twitterで稼げるのか?」という質問をする人のことを考えて見ます。

 

2015年も終わりますがTwitterで稼げるのか?というのはすごく具体的でそもそもTwitterの本質がわかっていない人の質問でしょう。

きっとこの方からするとTwitterのピークは過ぎてしまったので市場として廃れてるのではないかというニュアンスが含まれていると思います。

 

で、答えから言うと「稼げるに決まっている。ただし、その人のやり方次第」というのが答えです。

Twitterで稼げるうんぬんのレベルではなく、まずはTwitterが何か?ってことです。

Twitterというものを抽象度を上げると、

Twitter→SNS→プラットフォーム→人が集まる場所

みたいな感じです。

 

で、「人が集まる場所」というワードを具体的にしていくといろんなものに置き換えられるわけです。

例を3つほど上げましょう

1.人が集まるところ→Facebook

2.人が集まるところ→イオン

3.人が集まるところ→お祭り

となります。

 

つまり抽象度が高い人が聞くと先ほどの質問はこう聞こえるのです。

「Facebookでは稼げますか?」

「イオンに出店すれば稼げますか?」

「お祭りで出店すれば稼げますか?」

どうでしょう?

先ほどの「稼げるに決まっている。ただし、その人のやり方次第」という答えに行き着きませんか?

 

こうやってTwitterと聞いた瞬間にTwitter→人が集まるところと思考を広げられる人を”抽象度の高い人”といいます。

この思考法が身に付けばどんな環境でも稼ぎを生み出せることは想像に難くないですよね。

 

で、今日は時間の抽象度を感じることができたので記事にします。

 

ぼくが実家に帰ったときです。

汗だくだくで自転車で実家まで帰ります。

この時点でぼくの不快指数30%。

早くもイライラしています。

 

で、3Fまで登ってドアを開けようとするとカギが閉まっている。

ぼくは実家のカギを常備していないので玄関横の植木鉢の下という田舎あるある的な隠し場所にカギを取って玄関を開けます。

これだけでちょっとめんどくさくてイライラします。

不快指数40%

 

さらに家に入るとモワッとしていて非常に不快。

(まだ沖縄は暑いのです)

不快指数50%

 

さらにいつもあるところにエアコンのリモコンがない。

ぼくは整頓されていないのに無性に腹が立つので不快指数80%

 

さらにダメ押しで実家に1着しかない短パンを勝手に洗われてチノパンから着替えることもできない。

これで不快指数100%を記録しました。

 

もうイライラMAXです。

 

で、この時気付きました。

「抽象度が高い人なら今のでイライラしていないな。

少なくとも不快指数30%ぐらいで抑えられたはずだ」

 

じゃあ抽象度が高ければ考え方はどう変わるのか?

 

それは時間の抽象度。

抽象度の低い人はその場その場の環境や出来事で一喜一憂し、右往左往します。

(ちょうどさっきの僕のように汗)

でも抽象度の高い人ならそのつまらないことでイライラして気分悪いまま過ごすであろう5分後を予測できるのです。

 

「いやー汗かいたなー。GATSBYの汗ふきシートで拭きたいな」と冷静に対処。

「あ、玄関閉まっている。母は買い物なのかな」と冷静に対処。

「クーラーのリモコンがないなー。とりあえずイライラしてもしょうがないから窓あけて探すか」と冷静に対処。

 

こうやって考えられるのは感情に揺さぶられた自分がどうなるか知っているから。

そしてイライラすることになんのメリットもないことを知っているから。

そして5分後を予測できるから。

 

という感じで時間に対する抽象度の理解が1ミリだけ深まった1日でした。

それだけでもあのイライラした瞬間に感謝しておこう。

ではまた~

 

 

あいでん@

 

P.S

1835文字でフィニッシュ!

今回はちょっとオーバーして20分ちょいかかってしまった。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。


1 個のコメント