AKBに学ぶ非美女でも割りとモテる要素ブランディング術

wiQkdGLg_400x400

どうも、おばんどすえ。
あいでんです。

しくじり先生で亀田大毅を見ていたら、物事の表面しか見ていなかった自分が愚かに感じました。
と、同時にちょいちょいカメラに抜かれる横山由依かわいいなーという目で見ていました。

で、今回のテーマは亀田大毅ではありません。
全国の女子の価値を上げてくれたAKB48について今ごろ感じたことがありました。

AKBは全国の「非美女」の価値を上げた

AKB48のコンセプトは(よく調べてないけど)その辺にいるような子をアイドルに!ってコンセプトだったと記憶しております。
つまり「非美女」ですよね。
でもね、世の中を構成する8割の女性は非美女なんですよ。
(もちろん、男も同じで非美男子は8割ぐらいでしょう)

その8割のうち、6割ぐらいならけっこうかわいくなれるよーって教えてくれたのがAKBじゃないかなと思います。

指原、あっちゃんは典型的な例で多分芸能界に行かなかったらあんなに垢抜けてはいなかった。
垢抜けるっていう現象を研究したいなってぐらい人を垢抜けるさせることを極めたらビジネスになるんじゃないかなーと思います。

人は見た目が9割

女子って厳しい世界です。
すべて、とは言いませんがやはり見た目が9割。
男よりは確実にルックス重視。
それは芸人界を見ても明らか。

男の芸人は多少顔が悪くてもモテているのに対し、女芸人は引く手あまた…とはならない。

ただ、AKBが出てきたことによって一般人のかわいいのハードルがかなり低くなったと思う。

「なんか川栄に似てない?」
「ゆきりんっぽいよね」
「ともちんみたいだね」

これは社会にとってむちゃくちゃ良いことで、すごいマクロな視点で見ると繁殖活動が盛んになるわけですよ笑
日本全国がね。

因数分解して、要素をマネろ

じゃあこの「◯◯に似てない?」「◯◯っぽいね」と言われるコツは何か?
そう、要素を真似ること。

ある程度自分が近づけそうなモデルを選び、その子の要素を因数分解していく。
冒頭の横山由依で見ると

  • 京都
  • 色白
  • 黒髪
  • ちょいぽちゃ
  • おっとり

↑の要素の2コぐらい自分に近いものがあって、後は髪型マネたり、おっとりしてたら「ゆいはんっぽいね」とかしばらくしたら言われます。

 

実は僕もこの方式に2年前に挑戦した。
なんだか無性にモテたくなった2年前。
僕は大きな岐路に立たされた。

ジャニーズ系か、EXILE系か…

日本を二分するであろうこの2つの派閥のどちらに付くかが僕らの分かれ道だ。

ジャニーズ系→かわいい、美男子、髪長め

EXILE系→色黒、マッチョ、前髪上げてツーブロック

僕は自分の要素を分析した結果、EXILE派閥に入ることに決めた。
1番大きな理由はぼくの前髪がくせ毛でスタイリングが難しいということ。
つまり、ジャニーズ系に付いたところでヘアスタイルの再現性が低いのだ。

その点、EXILE系は再現性だけで言えば結構簡単だ。
髪型→ツーブロック&ショートネープ(後ろ髪短め)
色黒→軽めに日サロ
マッチョ→とりあえず脱がなきゃバレねぇ

これらを意識したところ、驚くことに初対面の女の子と会って2,30%の確率で「三代目っぽいね」と言われるようになった。
(決してイケメンとは言われていないことにご注意を)

やり過ぎるなよと教えてくれた綾野剛

あまりゴリゴリにやると寒くなるので注意。

この間、クラブに背が高くて、線が細くて、目が細い男の子がいた。
それにヒゲを生やして、スーツを来て…というある芸能人のエッセンスを加えた男がいた。
そいつの名は「綾野剛っぽい男」

明らかに全員が「こいつ綾野剛を意識してるな」感がわかったし、若干浮いていた。

おぉ…要素を取り入れすぎるとこんなにもサブくなるのか…

勉強になった一コマ。

 

結局、何が言いたいかというと
ブランドまとえばある程度理想の自分になれるよってこと。

人は人をちゃんと見ているようで、物事をなんとなくの雰囲気でしか見ていない。
・金持ちっぽいな
・頭良さそうだな
・イケメンだな

そんな背伸びするのなんて寒いなって思われそうな今の世の中。
だけど、今より何かをちょっとでも良くしたいなら、多かれ少なかれ背伸びをしていかなきゃいけない。
割りと自分が狙ったブランド通りに他人が見てくれると気持ちいいんですよね笑

「お、引っかかったな」ってw

 

まとめ

ということで今日はAKBの話から入りましたが、僕ら一般人にも使えるブランディング術について話してみました。
グッチもシャネルもスタバもみんなブランディング戦略してます。
どこがどうブランディングなのか?どんなことを企んでこんな風にしてるんだ?
…と考えながら今度フラペチーノを頼んでみてください。

ではではー


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。