罰則は善。何もしないは悪。モチベが上がらない個人事業主は罰則の力を使え

ども、しおかわです。

「普段モチベが上がらねぇ」と悩んでませんか?

僕はめちゃくちゃそうでした。

個人事業主としてインターネットのビジネスをしてたんですが、

やる気なさすぎて、やるべき仕事さえも無視してソファに寝っ転がってずーっとテレビを見てました。

「この番組が終わったら」「この番組が終わったら」

1時間経つ度にそのループ。

で、テレビを見終わったら次はスマホをいじる。

「あぁ…抜け出したい…抜けられない」

頭ではわかってるけど、カラダが動かない状態。

そんな人は僕以外にも割りといるんじゃないかと思います。

 

そして一時はめちゃめちゃ悩みまくってて、常に暗黒モードに入ってた僕でしたが、ある作戦を取り入れたら、もう集中力は上がるわ、行動できるわで、どんどん楽しくなっていきました。

それが「罰則のチカラ」でした。

罰則のチカラ

サラリーマンはなぜイヤな仕事があるのに会社に行けるのか?

眠い目をこすりながら目覚ましを止めて、

むさ苦しい満員電車に揺られて会社に行く。

会社に行ったら8時間の労働が待っている。

そんなイヤなはずのイベントに向かっていけるのか。

それは罰則があるからです。

遅刻で怒られるとか、給料下げられるとか、同僚からの信頼をなくすとか、

そういう罰則があるからこそ、イヤなことでも向かっていけるんです。

 

これを個人事業主に適用させるにはどうすればいいのか?

◯◯できなかったら、10,000円振り込むよ!

まったくやる気もなく、モチベが上がらなかった僕を救ったのは罰則でした。

僕は友だちと話し合って、毎日メールで報告をしています。

今日は◯◯と、◯◯をやります!
できなかったらお前に10,000円振り込みます!

と。

ただこれだけです。

たったこれだけですが、とんでもなく行動できるようになりました。

 

まず朝一でその友だちにメールを送るんです。

「今日◯◯できなかったら10,000円振り込みます」

そうすると、罰則が設定されたのでやらざるを得なくなります。

こうやって重い腰が上がります。

テレビを点けてるヒマも、ソファでダラダラしてるヒマもありません。

僕は家では誘惑が多いので、近所のスタバで設定したタスクをこなしまくりました。

 

これでめちゃくちゃ集中力も増すし、時間を大切にします。

で、作業効率が上がるんで、どんどんお金になるコンテンツが増えてくるんです。

そうすると、結果的に稼ぎも増えて、時間も増える。

そうなれば好きなこともできすし、稼ぎがあればダラダラもできる。

 

僕がやったのはただ友だちに「今日◯◯できなかったら10,000円振り込みます」と宣言しただけ。

たったこれだけでこんなに変わるんです。

 

僕はいろんなモチベアップ法を試してきましたが、そのどれもがダメでした。

どんな方法も変わらなさすぎて潜在意識を活用するみたいなこともやってましたが、あれはレベルが高すぎる。

とても素人1人ではできないです。

もちろん、タスクを達成できなかったらホントに罰金は払わないとダメです。

ダメというか、別に言わなきゃ相手にバレないんですが、そういう付き合いをそいつとはしたくないし、ウソも付きたくない。

何より、そこでウソをついてしまっても何もならない。

だからこそ10,000円という痛い金額。

痛みがあるから頑張れる。

これは今日からでもできます。

もし、「そんなビジネス的なメールを送れる友人がいない!」って方がいれば僕のメルマガに返信くれれば全然受けますよ!

罰則よりも恐怖なのは、自分がまったく行動せずに、ラクな方に逃げて、結局何も人生おもしろくならないのが1番の恐怖です。

そんな人生僕はイヤです。

だから今日も僕は罰則によって動いております。

ではでは


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。