時給高いけどツライ…コールセンターからの脱出方法

skydiving-721298_1280

どうも、あいでんです

僕は1年間ほどコールセンターに勤めていましたが、死ぬほどツラくて最後の方はうつ状態にまでなってましたよw

僕は幸い「ネットビジネス」という選択肢を知っていたので、なんとかそこから逃れられそうですが、僕の同僚はそういう視点がなくて死にそうになっています。

ストレス溜まりすぎてLINEのタイムラインにはいつも愚痴を書き込んでいますw

こうなると周りの友だちからも変な目で見られたりして、でも本人は誰かに承認されたくてどんどん書き込みを続ける。。。

こういう悪循環にハマると友だちはなくすわ、ストレスは溜まるわで全然楽しくないんですよね。

コールセンターを「脱出」するという選択肢

コールセンターはめちゃくちゃ良いお仕事です。

僕が住んでる沖縄では、コールセンターはトップクラスに時給が高いので主婦の方からフリーターの方まで人気の職業です。

でもその辛さから離職率も高いです。
やっぱ時給の高さにはワケがあると。。。

僕が勤めていたのは某大手PCメーカーでした。
客層はパソコン好きなおっちゃんから、パソコンの使い方がわからない老人まで様々でした。

相当器がデカイ人はストレスの溜まらないヤツもいました。
優しさが女神級の子がいて、その子は1回もイライラしたことがないんだとかww

同じ人間として信じられませんw

 

逆に僕はめちゃくちゃストレス溜まってました。

まずムカつくのは偉そうなお客さん。
コールセンターだからと気が大きくなってる人はやっぱ好きになれませんね。
とはいえ、やり取りを録音されているかもしれないという恐怖から無下に対応できません。

暴言を吐こうものなら最悪損害賠償もあり得ますからね。
偉そうなお客さんにもひれ伏すしかないのがこの仕事の最大のイヤなとこでしょうかw

あとは、お年寄りの方も僕は苦手でした。
大半は優しいおじいちゃんおばあちゃんなんですが、一部では人の話も聞かない、何度言ってもその通りにできないおじいちゃんがいて僕は毎日発狂しそうでしたw

で、僕はコールセンターから「脱出」することを決意しました。

沖縄だからこそネットビジネスすべし

ここ沖縄では、コールセンターを諦めると他の高時給な仕事は限られてきます。
沖縄では1000円超えれば高時給なんですが、その仕事はどれもストレス溜まる系に限られてくるわけです。

沖縄ではアラサー男子でも月収15万円前後という悲劇をちょいちょい見てます。
独身でもギリギリなのに、子持ちだったらもう想像つかないんですよ。

とりあえず好きな服とかおいしいグルメとか制限せざるを得ない状況です。

で、僕が選んだのがネットビジネスでした。

ネットビジネスはコールセンターとは真逆の世界です。

上司には怒られない
理不尽なお客も相手にしない
通勤時間もないから天気も気温も関係ない

僕はこれを知った時に「革命か!」と思いましたw

起業することはずっと考えていましたが、絶対に資本金がいると思っていました。
だいたい500万円は貯めなきゃなーみたいな。

でも実際にネットビジネスは月1000円からでも始められます。
厳密に言えば無料でもいけますが、1000円ぐらいは投資した方が後々効率が良いです。

コールセンターで勉強しながら準備する

と言ってもいきなりコールセンターをやめなくていいと思います。

6ヶ月もあればビジネスの基盤ができると思うので、その間にコールセンターで勉強するってのも1つの手です。

何を勉強するかというと「顧客の感情」です。

ネットでビジネスをするということは見えない向こう側の人間相手にビジネスをするということです。

そういう面ではいろんな人間を見れるコールセンターの仕事って結構プラスになるんです。

まずはネットビジネスを1から初めてみるのもアリじゃないでしょうか。
半年あれば結果は出ます。

僕も年内には「脱出」できるかと思います。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。