コールセンターはツライよ。だから辞めるために僕は◯◯を作った

call-center-1015274_1280

ども、しおかわです。

あなたはこのままずっとコールセンターで働きますか?

僕は今まで受信のコールセンターに2箇所勤めていました。

どちらもPC、スマホ関係のサポートで、とにかく辛かった。

辛すぎて、毎日通勤するのが嫌になっていました。

 

とは言え、僕の住む沖縄では賃金が安いんでコールセンターは時給の高い貴重な仕事です。

ストレスが溜まるとわかっててコールセンターの仕事を初めてしまう人の気持ちもわかります。

逆にこれ以上安い給料の仕事はできないから辞められないという人の気持ちもよくわかります。

でも、僕はコールセンターの仕事は長期間やるべき仕事ではないと思ってます。

理不尽なクレーム、PC操作のまったくわからない老人に対しての声だけでの説明。
これはかなりツライです。

そして「なんでわかんねえんだよ」と暴言を吐くこともできないストレス。

やはり一般的な求人誌に載ってるような仕事は時給に比例して何かしら嫌なことがあるもんです。

時給の高い仕事に依存しないための仕組みを作るべし

沖縄のほとんどの仕事はがんばっても20万を超えないことがほとんどです。

で、僕が始めたのがお金を生む仕組みを作ったこと。

お金を生む仕組みって言い方すると、怪しさ満点なんですが、要はネット上にサイトを作ったわけです。

もちろん、不動産を買ってサラリーマン大家になるのもいいですし、副業で起業しながら稼ぎを増やすってのもアリだと思います。

でも、ネット上でビジネスをするのが最もリスクなく、お金を稼ぐことができます。

しかもリターンは数万円〜数百万とかなり幅があります。

僕はこの仕組みというものを作ってかなり生活がラクになりました。

そのおかげで嫌で嫌でしょうがなかったコールセンターを辞めることができました。

 

これからはもっとその仕組みを大きくして、完全に独立することを目指しています。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。