自分を変えるたった1つの方法「淡々とやる」ただそれだけ

2611853911_f29b4332a7

20000文字DAY、ラスト

こんばんは。あいでんです。

20000文字DAYの5記事目です。

現在18000文字でラスト2000文字。
この記事で20000文字達成できそうです。

んが、何度も言うように文字数ではなく内容が大事ですからね。
と自分に言い聞かせながらも今日は文字数にコミットしていきますw

淡々とやるだけで成功は近づく

今回のテーマは「ビジネスに取り組む姿勢」です。

ビジネスをする上で重要なことって何でしょう?

相当アバウトな質問ですみませんw

というより答えは無限に存在しそうですね。

目標とかストーリーとか食生活とか習慣とかってなりそうですけど、
今回は「取り組む姿勢」にフォーカスを当てたいと思います。

 

よくモチベ、モチベって言いますよね。

今日はモチベーションが低くてやりたくない気分なんだよな〜とか、
よーし、金持ち父さん貧乏父さん読んでモチベ上がったわ〜!今からカフェ行ってやってくるわ!
みたいな。

こういうの大事だと思ってました。

でも、結果から言うとモチベとかいらない。
というかモチベーションなんてあって当たり前。
モチベないならやるなよwと言えるぐらいのマインドにはなってきたのかなと思います。

じゃあどうすりゃいいの?っていうと自分のワクワクとか情熱とかモチベーションに乗せられて勢いでやっちゃわないこと。

具体的に言うと「ワクワクしながらも静かに、淡々とやる」という感覚。

うさぎとかめでいうかめのイメージ。

コツコツ、一歩一歩、少しずつ。

 

そりゃタイプに寄るでしょ!って声もあると思いますし、自分に合った方を採用すればいいと思います。

ただぼくがこの方法を薦めるのはちゃんと根拠があります。

 

人間には生命を維持するための自動操縦装置が付いています。
ホメオスタシスってやつです。

ホメオスタシスってのは自分を安全な方へと導くためにいつもどおりの自分に保とうとしまう。

暑いところにいても、寒いところにいても体温が一定なのはこのホメオスタシスのおかげなんです。

なので、必要な機能なんですが、向上心を持って変わろうとしている人にとっては時に邪魔者にもなります。

例えば金持ち父さん貧乏父さんというビジネス本を読んで興奮した1人の青年がいます。

 

「うぉーすげぇ、資産ってのは自分の収入を増やしてくれるもののことを言うのか。よし、おれも不動産勉強して投資するぞー」

そして翌日本屋に行って不動産投資の本を5冊ほど買い、勉強しまくります。

「ふむふむ、基本は安く買って高く売るか。よーし不動産を買うためのお金を貯めるぞ!」

そして本を読み始めて3日後、なんとなくモチベが落ちてきます。

「最低でも頭金で500万円は必要だなー、不動産の勉強も難しくなってきたしもっと簡単に稼げる方法はないかなー」

これが3日坊主ってやつです。

別に自分の意思が弱いわけじゃないんです。

 

ただただ人間の機能が働いただけ。
ホメオスタシスとしては、
「ん?なんかこいついつもと違う行動をしている。
うーん、危ないな。元のこいつに戻してやらねば」
ご親切にも元の自分に戻してくれるわけです。

ホメオスタシスも悪気があってやっているわけじゃないんです。
ただただこいつの命を守るためにやっているんです。

 

んで、どうしたらすぐに自分を変えられるの?

じゃあどうしたらこのホメオスタシス君にバレずに自分を変えることができるのか?
それが冒頭に挙げた解決策「ワクワクしながらも静かに淡々とやる」ってこと。

ホメオスタシス君にバレずにいつもと違う行動を淡々とやっていると徐々にその違う行動が当たり前となってきます。

そしてその行動が変わった結果、成果が出てきて変われるという話なんです。

これって言うだけなら簡単なんですが、実際にやるのは結構難しい。

どうしても僕らは新しい情報を仕入れると「おぉー」っと興奮して行動に写したくなる。

でもその行動したくなる自分を一旦落ち着けて静かに情熱を燃やすということが必要なんです。

だから今回のぼくの20000文字DAYも、けっこう気合入れてしまいましたが、
もう少し淡々とやれれば尚良かったです。

20000文字?そんなの当たり前だよぐらいの温度ですねw

これでぼくが以前に成功した例が前回も書いた1日1食生活。
思い返してみるとバナナスムージーを飲んだり納豆を食べたりというのは淡々とやっていました。
体重計に乗ってちょっと体重が減っていれば小さくガッツポーズw

鏡を見てお腹が凹んでいれば小さくガッツポーズ。
そんなイメージでしたw

 

イチローとかもそうですよね。
彼は練習場にやってきて自分で決めたメニューを淡々とこなしていきます。
いつも同じメニューを当たり前のようにこなしていきます。

彼はそうやって何十年も淡々と当たり前のようにこなしていったから常人にはたどり着けないところまで辿り着きました。

彼の名言で1番印象に残ってるのは「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」というもの。

この名言を見るだけでも彼が淡々とこなしてきたんだなということが想像できます。

静かに淡々と行動していく上でイチローをイメージしながらマネするのはすごく効果的だと思います。

「Mr.淡々」と名付けたいと思いますw

てことで何事も気合いを入れすぎず、静かに淡々とワクワクしてとりかかっちゃいましょうね。

それではまた。

あいでん@

 

 

P.S
さて、この記事が約2000文字でついに20000文字を達成することができました。
この記事のテーマである淡々とを意識するなら「ま、余裕でしたね」というところでしょうかw

でも自分が想像していたよりもスムーズに行けました。
こうやって20000文字をこなして見えたのはやはり「自分の限界は自分で決めている」ということです。

1記事目で7000文字を超え、2記事目で4000文字を超えた時点で1記事2000文字というハードルがかなり低く感じることができました。

かかった時間は約7.5時間。
10時間はかかるだろうと思ったので自分の中ではよくかけた方です。

これからWordPressに上げて見やすいようにちょっといじってアップするのでまだ作業は続きますが、とりあえず本文を書く工程は終えました。

これも少し自信になりましたが、あくまで”淡々と”、次のWordPressの作業に移っていきたいと思います。

ここで気をつけなきゃいけないのは
「おっしゃー、終わったー!あぁ、WordPressかぁ、、、、よし、一旦YouTube見て休憩しよう!」といういつもの流れですねw

最後にこの淡々記事を書けたので意識して次の作業に移ってまいります。

ではでは。

 

 

追伸

いやぁ長かったw

20000文字day最初の記事はこちら

あなたも1日20000文字書けば人を動かす文章書けますよ