ナンパしたい…でもしたくない…僕を襲う未体験ゾーンの恐怖

-shared-img-thumb-PAK93_heyadehitoribocchi20140322_TP_V

どうも、あいでんです。
ナンパに興味はあるけど、勇気が出ない…。
そんな男子はたくさんいますよね。

僕もそんな1人です。
出会い系ではほぼほぼトークを楽しませつつ、テンプレに乗せちゃえば高確率で行けますが、いかんせんナンパと出会い系では難易度に差があり過ぎます。

もはや、「ナンパとかぁ出会い系とかぁ」と一緒の土俵に乗せてお話できないぐらいにナンパというものは高く、尊いものとなっています。

4年前からやっておけば…

ただ、いつまでもナンパにメンタルブロックを感じてる場合じゃありません。
僕は約4年ほど前から本格的にナンパブログを読み出しました。

その筆者はお笑いセンス抜群で、ナンパを極めていく中でさらにそのお笑いセンスに磨きがかかってるんですよね。
「ぼくも4年前のあの日から毎日がんばっていれば…」
定番の後悔です。
あの時やっていたら系男子。

そりゃどんなに才能なくても4年もできれば多分プロになってますよね。

出会い系との1番の違い

出会い系とナンパの1番の違いはアプローチです。

出会い系はぬくぬくと家の中で女の子の写真をタップしながらメモ帳に作ったテンプレのメッセージを送れば何分の1かの確率で反応はあります。
ナンパも多少スキルがなくても何分の1の可能性で反応が得られることに変わりはありません。

しかしそこに必要な「勇気」は何倍、いや何十倍の差があります。

「アプローチを制する者がナンパを制する」

そんな格言が存在するぐらいナンパはアプローチです。

ナンパの恐怖

そして僕がまだまだナンパを本格的に取り組めてないのもこのアプローチに対するメンタルブロックが強く存在するからです。
じゃあ何が怖いのか?
列挙して自分の恐怖を可視化すれば小さく感じるかもしれません。

  • 地元の知り合いにバレて恥かきそう
  • 周りの人に声かけてるの見られるのがイヤ
  • 断られて傷つきたくない

こんなみみっちい恐怖なんですよね。
でも現場に出ると足がすくむ。。。
いわゆる「地蔵」ってヤツですな。

最初の一声はスキルうんぬんではなく、勇気の一言。
「ねぇ」「おい」「すいません」なんでもいいから一声かける。しかしその一歩が遠い。
逆にこのアプローチ→連れ出しまで高確率でできたらどうだろうか?

連れ出し後は多少の違いはあれど、出会い系で培ったクロージングである程度はやれそうだ。
そう踏んだんですね。

4月からの習慣

ということで、4月からの僕の習慣は「1日○人に声をかける」にしたいと思います。
正直嫌です。恐怖です。こうやって書きながらも取り消そうかなとか思ってます。

でも1番イヤなことをすることがきっと成長できる道ですよね。

今月、僕はこのブログと収益メディアのブログ記事を毎日上げてきました。
合計3000〜4000文字を書いて習慣も身についてきました。

そろそろ行動の筋力も付いてきたんじゃないか…
そう思ってこの4月にハードル高めの習慣を設定してみます。

失敗に終わるかもしれません。
地蔵して返ってくるかもしれません。

でも暗い谷底に飛び込んでみます。
そこに光があると信じて。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。