経営者でもない僕が人を雇ったらめちゃくちゃ成長できた

strategy-1710763_1280

どうも、あいでんです。

こちらの記事で外注さんをやとってメディアを運営する戦略について話しました。

初心者のためのネットビジネス戦略「2本柱作戦」

実際に僕は人を雇ってみて感じたのは「めっちゃ簡単!!」ってことです。
それでも最初に雇うまではめちゃくちゃ高い壁を感じてました。

・変なやつ来たらどうしよう
・ムダになったらどうしよう
・求人の応募文どうしよう
・てかどうやって人を雇うの?

そんな感じの悩みがありました。

どうやって人を雇うの?

僕は主に「クラウドワークス」というサイトを使いました。

他にもランサーズ、シュフティ、ココナラなどのサイトはあるんですが、あんまりたくさんのサイトを使いすぎるとわけがわからなくなると思うのでとりあえずは登録だけ済ませてクラウドワークスから使ってみることをオススメします。

ここでは主に記事ライターさんを雇わせてもらってます。
1記事だいたい200円ぐらいから雇えます。
これは衝撃です。

だって1記事書くのって慣れてても30分、ちょっと調べたりする時間も考えると1時間はかかります。

それを200円でやってもらえるのはホントにありがたいです。

もちろんライターさんにもメリットはあります。

・在宅で仕事ができる
・「書くこと」を仕事にできる
・好きな時に仕事ができる
・子育てしながらでも仕事ができる

などなど…

僕はそれにプラスして、ライティングの知識をお伝えしたり、マーケティングについて教えたりもしています。

僕は最初のころ1記事1000円とかで雇ってました。
馬鹿でしたw

しかも記事の質は変わらない…というか、むしろちゃんと教育をしている今の方がいい記事が上がってきます。

「教育」も仕組み化できる方法はまた別記事でお伝えしますね。

変なやつ来たらどうしよう?

だいじょぶです。

これはホントのお仕事採用のように面接をすればいいんです。
僕は最初にサンプル記事を書いてもらっています。

文章のマニュアルをお渡しして、それに沿って書いてもらいます。

1記事見るとなんとなくではありますが、人柄が見えてきます。

雑な人、ちゃんとマニュアルを読む人、あいさつもできない人…
こういうのを見て判断するといいですね。

僕もしっかりと面接してからやっているからか、今までそれほど変な人には当たっていませんw

人を雇ってメディア作ってもムダになったらどうしよう

まず、正しい方法でメディアを作れば間違いなく結果は出てきます。
ただ結果だけじゃなく、自分の成長という視点で見るとムダになることは一個もないですよ。

僕は1記事1000円で外注を雇ってましたが、そのときも勉強になったことはたくさんあります。

自分の態度次第で外注さんから上がってくる記事の質は変わるし、どういう風に教えれば良い記事が上がってくるのかというのもわかってきます。

教育の仕組みさえ作ってしまえばそれもだんだんと楽になってくるのでまずは1人雇ってみましょう。

めちゃくちゃ成長できますよ。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。