記事を書いたら絶対やろう!Fetch as Googleのやり方

google-485611_1280

どうも、しおかわです。

今回は記事投稿後にやる操作「Fetch as Google」の方法です。

新しくできたばかりのサイトはなかなかGoogleのクローラー(巡回プログラム)はやってきてくれません。

巡回されないということはGoogleに認識されないということ。
認識されないということは検索されてもネット上に表示されないということです。

「それじゃ記事を書いてる意味がない!!」となりかねないので、始めのうちは毎記事更新ごとにFetch as Googleをしていきましょう。

方法はめっちゃ簡単なので。

1.GoogleサーチコンソールからFetch as Googleを開く

スクリーンショット 2017-02-26 16.29.41

Googleサーチコンソールの画面から「クロール」→「Fetch as Google」を選択

2.更新した記事のドメイン(aiden-10.com/◯◯◯)の◯◯◯の部分をコピー

スクリーンショット 2017-02-26 16.31.58

ドメインの下の方、僕のブログで言うと「aiden-10.com/◯◯◯」の「◯◯◯」部分をコピー

3.空白部分にペーストして「取得」を選択

スクリーンショット 2017-02-26 16.32.25

コピーした文字列を空白の部分にペーストして「取得」を選択します。

4.インデックスを送信する

スクリーンショット 2017-02-26 16.42.04

うまく読み込まれると「インデックス送信をリクエスト」と出るので選択すると下のような画面が出てきます。

 

 

スクリーンショット 2017-02-26 16.42.19

あとは画像の1,2,3の順に選択すればインデックス送信の完了です。
※最初は画像認証などが求められることもあります。

これでGoogleのクローラーがすぐにサイトを巡回してくれて、今書いた記事がすぐに検索上位に来るなんてことも可能になります。

僕自身、サイトを作りたての頃は全然見に来てくれる人も少なかったですが、どんどんサイトが育ってくると記事を投稿した瞬間に検索1ページ目に来たりするようにもなりました。

その時は結構興奮しましたねw

「うあー!今書いた記事がGoogleに出てる!!」って。

そのためにもFETCH as Googleは大事ですよ!

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。