【検証編】地方のフリーランスが東京で泊まるならスーパーホテル?マンガ喫茶?

auY3UN

こんにちは。あいでんです。

前回、こんな記事を書かせてもらいました。

東京出張なら赤羽のマン喫アプレシオを選ぶたった2つの理由

この記事を書きながら
「ん?長期連泊ならホテルでもいんじゃね?」
と、マンガ喫茶を自分で勧めておきながら、
過去の自分を否定するという”脱皮”的な成長を遂げたあいでんです。

んで、この疑問を解決すべくこの記事を執筆しております。

さて、早速検証していきましょう。

ぼくの「赤羽出張プラン」での経費を整理してみます。

【赤羽出張プラン】
マンガ喫茶宿泊費 2000円(シャワー込み)
スタバ 1000〜2000円
朝食 300〜500円
ーーーーーーーーーーーーーー
合計 3400〜4500円/日

次はスーパーホテルでの連泊を想定

【赤羽スーパーホテルプラン】
宿泊費 5800~10000円(平均7000円)で計算
カフェ 0〜500円
ーーーーーーーーーーーーーー
合計 7000〜7500円/日

さらにスーパーホテルであろうと、マンガ喫茶であろうとかかる費用はこんなもん。
・昼食
・夕食

さて、検証していきましょう。
3000〜3600円の差があります。
一見すると金額的には1日3000円以上マンガ喫茶に宿泊の方がお金は浮きそうです。

ただここには数字に現れない要素が隠れています。
それが、、、そう「ストレス」

Yes,Stress!!
(スペル適当w)

 

今回のアプレシオ(マンガ喫茶)ースタバというプランはいろんな種類のストレスがかかった。

同じカフェに長時間いるというストレス。
店員には「こいついつまでいんだ?」という目で見られ(ような気がする)、
ぼくは客単価の高い客ですよwと思わせるために飲みたくもないコーヒーを頼み、なんかついでにドーナツまで買っちゃったりした。。。

さらにずっと座っての作業とは辛いもの。
幸いスタバ赤羽店では入り口が2つあるのでちょっとキツくなったら散歩してストレッチなどをした。
これがスーパーホテルなら疲れた際は眠ったりしてエネルギーを充電できたはずだ。

 

このストレスで増えると懸念されるのはカフェ代、間食代などストレスを開放するための浪費。
時には居酒屋なんか行って2~3000円使っちゃう可能性もあります。

これを良しとするかは個人の判断になりますが、
こういったストレスによる浪費のワナが潜んでることも理解しておくのが重要かと思います。

 

んで、ぼくの結論!
繁忙期ならアプレシオ、通常期ならスーパーホテル。
スーパーホテルの連泊はまだ試していないのでこれはあくまで次はこうするということですが、
通常期ならスーパーホテルを試してみようと思います。

繁忙期というと夏休みとか冬休みとか一般のかたが休みの時ですね。
ぼくらのようなパソコンで作業するような仕事の人(ノマド?)の人はあまり曜日とか繁忙期とか関係ありません。

繁忙期だとスーパーホテルの宿泊費が平均で1000〜2000円ぐらい上がる気がします。

次回はスーパーホテルでの連泊を検証し、最終結論を出したいと思います。

まぁ何にせよ、赤羽推しということには変わりありませんw

前回のおさらい程度に書くと、赤羽の良いとこは、、、

・東京の主要駅に一本で行ける(渋谷、新宿、東京、池袋など)
・東京の割に人が少ない
・カフェが多い
・街がいい雰囲気
・アプレシオがあるw
・スーパーホテルもあるw

この記事で赤羽のアプレシオの予約が取れなくなるほどの影響力はないと思いますので、
思い切って暴露させてもらいましたw

よければアプレシオ推しの記事も見てってくださいね。

ではまた。

あいでん@

P.S
赤羽駅近くに松屋があったのでご飯はほとんどそこでした。
カレーが330円で安いのにおしゃれカフェみたいな味しますw
牛丼チェーンのカレーも食べ比べてみたいですね


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。


1 個のコメント