NEXTメモ#6 「堀北真希」という鎧を着た山本耕史

12929624523_2e9329c461
こんばんは、あいでんです。
 
NEXTDIMENSION6通目。
今日のお題は「飲食店の場のエネルギーはどうやって高めるのか?」
 
今日はある意味「基礎中の基礎」
新田(みんてぃあ)さんが昔から常々言っていることがテーマでした。
 
ぼくは知識としては知ってることでしたが、それを今までうまく活用できていませんでした。
 
でも、最近はその感覚も掴んできたので今回のメールとぼくが最近やっていることをブレンドできればと思います。
 

 
 

情報で価値をコントロールしよう

 
まず新田さんが常々言っていたこと。
それは「付加価値を与えよう」「情報で価値をコントロールしよう」ということ。
 
本当に情報だけで価値は高まるのか?
 
その証拠に最近の話題で最も情報によって価値が高まった男がいる。
そう、「山本耕史」
 
彼に最近付加された情報が「堀北真希のダンナ」あるいは「堀北真希を落とした男」だ。
ぼくは山本耕史の認識として「香取慎吾と仲の良い人」というぐらいだ。
(ファンの方ごめんなさいm(_ _)m)
 
彼は今、実力とはかけ離れた名声を手に入れているはずだ。
(改めましてファンの方ごめんなさいm(_ _)m)
すでにテレビからのオファーは鬼のように来ているだろうし、我先にと出演させたい番組は多いはずだ。
 
 
でも冷静に考えてみて?
彼は以前とそれほど見た目も演技力も変わってはいないだろう。
変わったのは肩書。もっと言うと情報。
「堀北真希のダンナ」ということ。
 
もちろん、難攻不落と言われた堀北真希を落としたのだからすごいのはすごい。
嫉妬しながら認めざるをえない。
 
でも山本耕史に加わった、たったひとつの情報が彼の人生をも変えるほど影響力があるということは想像に難くない。
 
 
 
すごーく極端な例だったが、要はこれを応用するだけだ。
「商品A」に「情報」を加えて「商品B」が出来上がる。
 
「山本耕史」に「堀北真希」を加えて「堀北真希のダンナである山本耕史」が完成するのだ。
 
ではぼくらサイト運営者ならどうするべき?
具体例を1つだそう。
 
ぼくはこの求人するための企画力の記事でも書いたが、まずは”おもしろい”、”楽しい”という付加価値を提供すべきだ。
ぼくがやっているのは「ダイエット記事を書いてもらう」という仕事にさらに「30日連続で書いてくれたらボーナスあげちゃいます!」というゲーム感覚を取り入れた。
 
これはぼく自身ダイエットをやっているからわかるけど、30日連続で書かなきゃいけないという”ある程度の強制力”というのはダイエッターにとってはありがたいことなのだ。
 
さらにがんばれば痩せれるし、稼げるしやるっきゃないってことで結構な数の人が応募してくれた。
 
これは先程の方程式「商品A」+「情報」=「商品B」に当てはめると、
ダイエット記事を書く仕事+ある程度の強制力があるコミュニティ=稼げて痩せれる仕事
となったのだ。
 
正確にはこのライターさんに僕はお金を払う立場だが、それ以上の対価を感じるほど質の高い記事を書いて頂いている。
 
これも高い価値を提供したことで高い価値を得られるという結果になったんじゃないかと思う。
 
 
 

まとめ

・(適した)情報を加えるだけで価値は上がる
・ユニークであれば人は集まる
 
でした。
ありがとうございました。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。