訪問販売のコツより大事なのは「選択肢を持つこと」

businessmen-152572_1280

どうも、あいでんです。

僕はもともと名古屋で訪問販売の仕事をしていました。
ほとんどの人は訪問販売にマイナスなイメージがあったり、キツそうというイメージがあるみたいなんですが、僕は当時、世間知らずってこともあって「営業=ツライ」みたいな方程式はなかったんですよね。

だから最初の1年ぐらいは楽しんでできました。

営業成績的には社内1位とかを取ってて調子に乗ってたんですが、1年を超えたあたりからだんだんと辛くなってきましたw

ぶっちゃけ僕が営業がうまくいっていたのは「楽しんでたから」でした。
それだけが理由だと言っても過言ではないと思います。

訪問販売はいくら今日がんばっても明日には「0」になる

僕が訪販で最も辛かった部分は積み重ねがないということでした。

僕がいくら月額制のサービスで契約をとってきたとしても翌日には結果はゼロに戻され、また1を積み上げに外に出なければなりませんでした。

それがだんだん辛くなってきましたw

「おれがいくらがんばっても会社が潤うだけ…結局おれは歯車なんだな…」

こう思うようになってからだんだんとモチベが下がってきました。

「独立したい…起業したい…」

そう思ってた時に2ヶ月間歩けなくなるケガをしてしまいました。

歩けなくなって見えた新しい道

歩けなくなって外でやる系の仕事が選択肢からなくなりました。

結果的には2ヶ月で治ったものの、当時は一生歩けなくなるかもと思うぐらい先が見えなかったんです。

で、その時にとりあえずお金を稼がなきゃと始めたのがインターネットを使ったビジネスでした。

 

ぶっちゃけ胡散臭い要素はたくさんありましたが、訪問販売で感じていたネガティブな部分をすべて解消できるビジネスモデルでした。

1日1日がんばっても積み重ねがない→1つのコンテンツをネット上で作れば消さない限りずっと資産になる

雨の日も雪の日も外に行かなければいけない→ネット上ですべて完結するのでパソコンとネット環境さえあればできる

クソみたいな上司も生意気な部下にストレスを溜める日々→自分が社長(個人事業主)なので誰かに怒られることもない

僕はネットビジネスをやるために足をケガしたのか!とさえ思ったほどですw

訪販ばっかやってて選択肢を持てなかった

もちろん、ラクなことばかりではありません。
誰にも管理されない分、自分でいかに工夫して行動するかということもテーマではありますが、訪問販売でお客の9割に断られ、ストレスを溜めていた日々からすれば問題なかったです。

自分で言うのもアレですが、訪問販売できる人ってコミュ力も野心も割とある方だと思うんですよね。
ただ、目の前の仕事が忙しすぎて、他のしごとを選ぶという選択肢を探す暇もなかったなーと昔の僕を思い出していました。

訪販にストレス溜まりすぎて耐えられない人は選択肢の1つとして考えても良いかもです。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。