【レビュー】おサイフケータイ非対応のiphoneSEを使う理由

スクリーンショット 2017-01-12 18.08.59

どうも、あいでんです。

今やiphone7でおサイフケータイ化されて喜んでいる人も多いと思いますが、僕としてはiphone7を使うっていう選択肢は1ミリもあり得ないんですよね。

理由はやっぱり「大きいから」

スマホが大きいとビジネスアイデアを失う恐れさえあります。

iphoneSEを数ヶ月使った僕から見たSEを使うメリットとSEのデメリットを1/10にする裏ワザのお話です。

1秒でメモを取れるコンパクトさ

iphoneSEの最大のメリットはやはり「コンパクト」ということです。

コンパクトだとまず持ちやすい、
持ちやすいと即効で文字入力ができる。

何かクリエイティブな作業をしてる人にとってはこの「文字入力」ってのがめちゃくちゃ重要だと思います。

例えば一瞬アイデアが浮かんだらすぐにメモを残したいんですよね。僕は。

で、iphoneSEを1秒以内に取り出して、Evernoteを開いてその時のアイデアや思ったことをメモる。

この作業が4インチ以上のスマホだとホントにちょっとの差なんですが、とんでもなくめんどいんです。

 

僕は以前、Nexus 5やギャラクシーノートも使ってましたが、もうとにかく文字入力したくないw

Nexus 5は業界では小さいと言われている方ですが、それでもあのSEの手のひらに収まる感には勝てません。

で、アイデアが浮かんでもこう思うんです。

「んー…メモするまでもないな。やめとこ」

こうやって貴重なアイデアを残さずに過ごしてしまう。

 

貴重なアイデアに限って後で思い出そうとすると全然思い出せないんですよねw

 

極端に言えば僕にとってスマホはメモやアイデアを保存する機械です。
それに付属してメールが見れたり、ネットが見れたりという機能があるという感覚です。

メモが残っているということは情報発信をしている僕にとってはかなり有利になります。

「んー何書こうかなー」と思った時にEvernoteのメモを見ればネタは腐るほどあります。

 

でもこれがiphone7だったり、他のでかいスマホだと残っているアイデア・メモは半分以下になってるでしょう。

おサイフとスマホを一体化できるメリットはそれを超えるのか?と聞かれたら僕の場合「No」です。

 

それほど情報発信している僕にとってメモをメンタルブロックゼロでできることは価値ですし、ブログやTwitterなどで自分メディアを持っている人もどんどんメモを取らないと、それだけで損してると思います。

逆に画面が小さいとゲームがしにくいんですが、これは僕にとっては好都合ですw

ビジネスに集中できる環境づくりの一環にもなります。

てか、スマホでゲームやると目の疲れがハンパじゃないんで動画もゲームもやるならパソコンの方が絶対オススメ。
そういう意味でも画面が大きいスマホの存在意義は僕にとっては少ないかな。

軽さと安さは正義

当たり前ですが、コンパクトということは本体もiphone7に比べると格段に軽いです。

その差はたったの25gなんですが、持って使う時には雲泥の差になります。

25gという差が積もり積もって腱鞘炎とかになったらイヤですからねw
音声入力もまだまだ満足できるほど発達していないので、タイピングができないことは情報発信者にとっては「死」を意味しますw

 

さらに値段は定価でも約30,000円ほどSEの方が安くなっています。

ゲオなどの中古ショップで探せば64GBモデルが40,000円で買えたりもしますよ。
浮いたお金で遊ぶもよし、ビジネスに投資するもよし。

なんなら浮いた30,000円を使って5人ぐらい人を雇うことも今の世の中では可能ですし。

出口戦略から考えてもやっぱiphone

でもアンドロイドのケータイでもコンパクトなのあるよね?って声も聞こえてきそうですが、やっぱり僕はiphoneです。

Androidスマホのカスタマイズ性やiphoneにない部分(ウィジェットとか戻るボタンとか)憧れるんですが、やっぱり1番は安定性。
取りたい時に常にメモを取りたい。
作業をしたい。
それを優先するならまだまだiphone一択かなと。

実際、僕がNexus5を使ってた時は頻繁に電源が落ちたりしてイライラしてましたw
イライラしてるとせっかくのやる気も失せますしね。。。

あとは売る時のことを考えてもやっぱりAppleです。

Appleが値段の下がりにくい製品だと言うことは常識だと思いますが、今やメルカリなどのフリマアプリで売れば多少状態が悪くても高値で売れます。

実際僕も使っていたiphone5sをメルカリで売る前提でSEを買いました。

約20,000円で5sを売って、40,000円でSEを購入したので、実質20,000円で新しいiphoneを買えたようなもんです。

唯一のデメリットを1/10にする方法

でも!残念なことにおサイフケータイ非対応なんですよね。
それがSE唯一にして最大の欠点とも言えます。

じゃあどうカバーするのか?

僕はこのツールでiphoneと財布を一体化しました。

このシールになってるポケットをSE側に貼るだけ。

正直最初はダサいと思いましたw

でもこれ以外とイジられて話題になりますw

割とゴムがしっかりしていて落ちる心配もないです。

他のケースでもカードを収納できるタイプがありますが、シンジポーチほど薄さと軽さを保てるカードケースは今んとこないです。

 

僕の場合、このポケットの中にクレジットカード1枚と1000円札1枚を入れています。

つまり支払いはすべてクレカで済ませるようにしたんですよね。

これで分厚い財布を持ち歩かずに、最小限の荷物で出かけられるようになりました。

 

クレカを使うのが怖いという方はデビットカードでもいいですしね。

デビットカードは銀行の残高から自動的に引いてくれるので使いすぎることもありません。
現金と性質は変わらないんですね。
ご利用の銀行で作れると思います。

iphoneSEから始まる情報発信

冒頭でもお伝えしたとおり、僕はメモを残すためにiphoneSEを使っています。

メモの中身はいろいろありますが、その時やったこと、感じたこと、今の悩み、思い浮かんだアイデアなど、ほぼ思考の中のすべてをメモにできます。

それ故に登場回数は多い。だからこそSEにしました。

 

例えば僕で言えば、運営しているブログのネタをそのメモを見て考えることもよくあります。

そういう記事を見てくれる人がいて、報酬が発生したりもよくあります。

よく「テレビは終わった」とか言われますが、逆に言えば個人メディアの始まりでもあります。

ヒカキンやはじめしゃちょーみたいにあんな有名にならなくても100名単位の少数のお客さんでもビジネスが成り立つ時代です。

 

これを言っちゃ身も蓋もないですが、iphoneSEを買おうが買わまいが、クリエイティブな仕事をしていれば、メモを残して情報発信をすると結構おいしいですよ。

ではでは~

 


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。