コンビニ人間の書評と社会不適合者にならないための方法

コンビニ人間

ども、あいでんです。

今日はアメトーークの読書芸人の影響で、小説の「コンビニ人間」を読んでいました。

この本を読んで、社会不適合者になるのも、社会の常識のまま就職・結婚をしてしまうのもどちらも恐ろしいなと感じました。

ネタバレもあるかと思うので、これから読む予定がある人はご注意ください。

コンビニ人間のあらすじ

18年間コンビニに勤める主人公の36歳女性。古倉恵子。

実はこの女、平たく言えば「変な人」なのだ。

 

例えば小さい頃に死んだ小鳥を見て、お母さんに

「お墓作ろうね」

と言われても

「焼き鳥にして食べようよ。その方がお父さんも喜ぶよ」

となんの悪気もなく、純粋にそう言うような子だった。

 

小学生のときにはクラスの男子がケンカして、「誰か止めて!」と言われたらスコップで男子を殴打して黙らせる。

あくまで恵子は純粋な気持ちで「止めた」のである。

そんな女の子。

 

両親や妹が困るのを見て「それは不本意だ」と、そのまま高校・大学と無難に生きることを選んだ。

そして、大学時代から始めたのがコンビニのアルバイト。

 

学校では社会不適合者扱いされていたが、キチンとしたマニュアルのあるコンビニではむしろ使えるバイトになっていた。

そんな彼女がコンビニを通じ、社会に溶け込もうとし、いろんな人を吸収しながら自分を見つける物語だ。

コンビニ人間のココがおもしろい

この小説のおもしろさはコンビニや恋バナという僕らの日常を恵子なりの視点で捉えた風景だ。

そのおもしろさが出た1つのシーンとしてはゴシップ話よりもからあげの補充を優先する恵子のシーン。

 

36年間で初めて男を家に連れ込み、それがバレてコンビニの店員の中ではパニックになるほどその男について問い詰めているのに、恵子はその日セールで1日100個の売上を目指すからあげ棒がストックされていないことの方が重要度が高かったというシーン。

「普通の人」の視点を持った店長や同僚の女はそれをはぐらかしていると見て、

「コンビニ人間」の恵子はからあげ棒の1日100個という目標よりもゴシップ話が好きなのかと不気味がるという視点。

この「いわゆる普通の人」と「コンビニ人間」である恵子との世間を見るフィルターの差がものすごくおもしろい。

 

僕が「すごい」と感じるのはこの恵子とその物語を著者はどうやって作り上げたんだろう…ということ。

著者の村田沙耶香さんを調べると芥川賞受賞式の日もコンビニで働いていたとか。

この人の作品をもっと読んでみたいと思えた。

ネットビジネスをやっている人は恵子に共感できるかもしれない

恵子を社会不適合者と紹介したが、僕にリンクする部分もすごくあった。

30を越えても「就職しないの?」「結婚しないの?」と言われるのは恵子と同じだ。

 

そもそも人生とは就職と結婚をするためのゲームであるような前提が当たり前のように敷かれているこの世の中。

僕はその質問にもいつの間にか割り切りを付けられていたが、たしかに言われてみれば不気味な世の中だ。

 

僕は今まで生きてきて、就職も結婚もまだまだしようとは思わない。

就職は一般的に言えば

「一生とは言わないまでも、月160時間以上の時間と精神的安定を献上する代わりに、社員になってある程度の金銭的安定と社会的ステータスを約束される制度」

だと認識している。

 

でも僕にとってはこの献上する月160時間以上の時間と精神的な犠牲がどう考えても月20万円前後の金額では釣り合わないと思っている。

だからこそ、自分でビジネスを学んでインターネット上に稼ぐための仕組みを作ることが最優先だと思っている。

 

結婚に関しても、

「身体的な移動の自由・時間の自由を犠牲にして精神的・性生活・食生活などの安定を図り、社会的ステータスを満たし、1つの人生のゴールを迎えたように見える制度」

としか思っていない。

しかも、上記したメリットの部分はパートナーによっては100%約束されるものでもない。

なのに、僕の周りの友人は

「プロポーズされたから」

「子供ができたから」

「周りがみんな結婚してるから」

という至極アホみたいな理由で妥協して結婚しているのがまったく理解できない。

 

そういう意味では僕もコンビニ人間の恵子と同じ側の人間なのかもしれない。

 

ただ、こうやって社会に対して文句を言うだけのあまのじゃくに生きるだけでは本当の社会不適合者になってしまう。

かと言って、就職・結婚をするような人生を僕は望んでいない。

だからこそ、ビジネスの本質を学んで、しっかりとコツコツと仕組みづくりをしていくべきなんだと思った。

追伸

社会不適合者にもなりたくない。

一生社畜でも終わりたくない。

それなら結局はビジネスを学んで知識を付けるしか道はなさそうだなーと思った今日このごろでした。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。