凶悪感想|誰の心にも潜む凶悪。僕らはどうコントロールすべきか?

poster
ども、しおかわです。
凶悪という映画はどんな人間にも潜んでいる凶悪な心を描いた作品です。
 
山田孝之演じる藤井はジャーナリスト。
ヤクザで殺人犯のピエール瀧演じる須藤が「他に表沙汰になっていない殺人事件が3件ある」との告発から藤井はその事件について取材していく。
その3件の首謀者だったリリーフランキー演じる木村は罪に問われておらず、その罪を立件する過程で藤井はどんどんと事件にのめり込み、やがて凶悪になっていくという話。
 
最初は仕事や正義感から、やがてその気持ちが行き過ぎて凶悪な気持ちになっていくことは僕も良くある。
 
例えば交通ルールを守らない車を見ると「うっわ、危な」とイライラしてしまう。
 
そのことに囚われてると、どんどんと自分の気持ちは凶悪になっていく。
 
それは劇中での藤井の妻も同じく、介護をしていくうちに義母に対して凶悪な気持ちを持っていく。
 
人生は時に理不尽なことが起こって、その怒りから凶悪な気持ちを持ってしまう時がある。
その怒りをコントロールできればめっちゃ人生はラクになるんだろうな。
 
僕はまだまだコントロールできそうにない。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。