ナンパの練習をする上で大事な3つのスキル

25002504430_947832d8a5_b

どうも、あいでんです。
今日は22時から悪い友だちに誘われてしまい飲みに…

泥酔しながらも習慣を続けたいがためにとりあえず記事を書いています。

「よーし、これから仕事すっか!」って時に友人から電話

「スロット買ったから飲みに行こう」
「いや、今から仕事あるからいいや」
「お願い、おごるから」

おごられると弱い僕。
あぁ電源切っときゃよかったと思いつつもいつもの場所へ集合

僕らが集まればちょっと酒を入れてからの国際通りでのナンパです。

これから自己啓発系ナンパ師を目指す(?)僕としても酒を入れて…というナンパスタイルは解せません。

それでもやはり酒が入ってエンジンがかかるのは言うまでもなく。

ナンパ開始です。

 

僕のナンパのベースは岡田尚也のTAVという教材のテクニックがベースだ。

・共有スペースを使い、
・バランスの良いSキャラで接し、
・女性を楽しませる

簡単に説明していくと、

1.共有スペース

→女性は今目の前にあるモノ、感情、思考などを話題にするとリアクションが良くなる
これは怒っている女性にも無視している女性にも有効だった。

やはり声をかければ大半の女の子は最初はガンシカ(無視)だ。

そこで共有スペースを使う。

「え、何で怒ってんの?」

今日何人かに声をかけた結果、ほとんど反応が良かった。
大体は「いや、別に怒ってないよ」と若干微笑む反応が多かった。

そして、この反応が来たらさらにその感情を共有スペースとしていじる。

「あ、笑ったら結構かわいいじゃん」

これは割りと定型文で頭に入っていないと行けないのに今日のおれはこのセリフが出てこなかった。

 

こうやって、ある程度のテンプレに乗せながらナンパをしていくとだんだんと会話すること自体に慣れていき、態度も自然になってくる。
その自然な態度って結構重要で、今回マインド面の話は入れていないけど実は1番重要。

マインドが大事なのはナンパもビジネスも変わんないんだね。

2.バランスの良いSキャラ

女性は本能的にはみんなMだ。というのが岡田氏の主張。
自分がSキャラで振る舞うことのメリットはその後の主導権を自分が握れること。

ナンパして連れ出したお店を出る時に「じゃ、ホテル行こうか」と同じセリフを言っても付いて来るか、付いて来ないかはこの時点で主導権を握れていたかどうかが鍵になる。

今日はこのSキャラについてはこれくらいにしておこう。
これはバランスがホントに難しい。

弱いと不自然だし、強すぎるとただの性格の悪い酔っぱらいだと思われてしまう。

3.女性を楽しませる

今日は自己採点ではあるが、女の子を笑わせる(和ませる)ことには50%ぐらいは成功したと思う。

↑の2つのテクニックを使えば結構笑い反応は取れる。
(芸人みたいに笑わせるのとは別だよ)

そして僕が意識したのは終わった後の「ありがとね」

ナンパはエンターテイメントであるとは岡田氏の教え。
イヤな思いをさせて終わっては社会に何も生み出してない害悪にしかならないのだ。

声をかけられた女の子が最低でも
「なんかビックリしたけどちょっとおもしろかったね」
「意外と礼儀正しかったね」
と言われるようなナンパを心がけたい。

僕は訪問販売をやっていた頃に「帰り際の態度が大事だ」と常々言われていた。

商人はその場だけじゃない。
そのお客様とまた何かの縁で出会い、いつかお客様になるかもしれない。

その商人マインドがあるので、
「もしかしたら1週間後に国際通りでこの子と会うかもしれない」
と思い最後は印象良く。

さすがにナンパをしている人はよく見るが、「ありがとう」と言うナンパ師はなかなかいない。
まずはそこだけでも差別化していこうっと。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。