NEXTメモ#5 沖縄はおれの一部さー

2374833416_10e23572b1
NEXTDIMENSION5通目。
今回は「究極のマインドセット」というタイトル。
 
まず究極のマインドセットとは何か?
 
結論から言うと「エネルギー循環を意識して、圧倒的なエネルギーを提供すること」
 
”エネルギー”というとなんだかスピリチュアルで気持ち悪いと思う人もいるかもしれない。
ぼくもこの講座を受けていなければ(受けていても??)そういう印象は感じる。
 
ここではイメージしやすくエネルギー=価値と置き換える。
(エネルギーという単語も場合に応じて使っていく)

 
 
 
「圧倒的な価値を相手に与えましょう」
 
これはビジネス本を読んでいたりすればなんとなく聞いたことがあるかもしれない。
 
この”与えるだけ”の意識ではダメだという。
与えるだけ与えてしまって自分のエネルギーがなくなってしまっては元も子もない。
なのでエネルギーを”与える”ではなく”循環させる”という意識だ。
 
その価値を受け取った相手が自分にお金を払うのもエネルギー循環だし、
受け取った内容を他の誰かに伝えることもエネルギーの循環だ。
 
それを”意識するだけ”でもだいぶ変わるようだ。
 
 
 
まだまだ実感は得られず「そうかも」という意識の段階だが、昨日は循環をイメージして変わったことがあった。
 
ぼくは移動に主に自転車を使っている。
クロスバイクってやつだ。
 
あれで車道を走っているがやはり側を走る車には邪魔がられているように思えていた。
ぼくもそんな意識を受け取って自己中な車がいるとすぐにイライラしていた(それこそ自己中なんだが)
 
 
でも昨日のNEXTDIMENSIONのセミナーを聞いたあと自転車に乗った時ふと思った。
 
側を走る車は自分と分離してるからイライラするんだ。自分事に考えられないんだ。
じゃあこの車がぼくの一部だったらどうだろう?
沖縄全体がぼくの一部だったらどうだろう?
と考えると許せるようになった。
 
その思考回路はこうだ
 
道路を走る車も沖縄もおれの一部だ
じゃあこの車はおれのために走ってるのか
(道路が動脈で走る車が赤血球、自転車で走るぼくが白血球のようなイメージ)
この車に乗ってる人は目的地にたどり着いたら何らかのエネルギーを循環させる活動をするだろう
(消費活動なり誰かと話すなり)
ひいては沖縄が元気になっていくということか
(お金が回る、エネルギーが回る)
それならおれはこの車をスムーズに行かせる(循環させる)ために最大限の努力をしなければ!
できるだけ端に寄った運転を心がける、自己中な運転をしなくなる
イライラしない〜〜♪
 
 
という思考回路。
うむ、伝わりにくいがこういうことだ。
 
車も沖縄にも一体感、循環を意識できたことで視点が変わった。
 
同じようにコンテンツ作成に関しても大きな循環を意識すれば何か変わるのかもと感じた。
 
 
目に見えないスピリチュアルな話(抽象度の高い話)なので確信は持てないが「こうなのかな?」というのがつかめた。
 
とにかく「エネルギー循環を意識して、圧倒的なエネルギーを提供する」ということを意識していこう。
 
 
追伸


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。