わかってるけど行動できない理由をなくすたった1分間の瞑想

22320798890_9194d7f472_b

どうも、あいでんです。
今日は凡人が結果を出すために必須な能力、
「負の連鎖を断ち切る術」をお伝えしようと思います。

ビジネスでもナンパでも普通の人より結果を出そうと思ったら大前提に行動をしなければ結果は出ません。
僕らは1日24時間いろんなこと、感情、気分があって自分の思い通りにならないことが多々あります。

この記事ではそんな行動できない流れを断ち切るためにタイマーを1分間だけスタートさせます。

 

そもそも、僕らが行動できないのには理由があります。
疲れ、満腹、眠い、TVが見たい、ゲームしたい、友人からの誘い…

↑のことがあると僕らはやろうと思っていた思考が止まり、脳内会議が始まります。
「やばい…疲れたな」
「5分だけ寝ようよ」
「ダメだよ、仕事しなきゃ」
「月9始まるよ」

疲れていればいるほど、悪い方向、ラクな方向に流されます。

そしてこの流れを断ち切るのが1分間瞑想法。
そのスタートがタイマーを1分間スタートさせること。
(ただそれだけ!)

あとはあぐら掻いて、目をつむって、深呼吸して1分間を過ごす。
すると、不思議なほどに「あれやりたい、これやりたい、疲れた」っていう欲望がなくなっていくんですよね。

 

この間、YouTubeのある動画を見て「眠たくなるのはラクをしたいからだ。ホントは眠くないんだ」という主旨の動画を見ました。
なるほどーって感じですよね。

この感覚、僕は断食の時に味わっていました。

断食をする上でカベとなるのは空腹感です。
断食を制するにはこの空腹感をどう捉えるかなんです。

で、僕が学んだのは空腹感と”空腹”は違うということ。
空腹感は「ただ、なんとなくお腹すいたなぁ」という感覚。
対して空腹は「やべぇ、食わないとエネルギーがなくなっちまう…」て感覚。

この感覚は↑の睡魔と一緒。
目の前のタスクから逃げたい睡魔なのか?
本当に休息を必要としている睡魔なのか?
自分で見極めないといけない。

で、この1分間瞑想法で優れているのはタスクから逃げたい睡魔を追い出せること。
正直詳しい理屈はわからない。
呼吸が安定するとか、自立神経がどーのこーのという理屈はあるんだろうけど、理屈がわからなくても効果はあるから一回やってほしい。

ちなみに、詳しい瞑想法も気にしないでOK。
ただただ1分間、目をつむって、ゆっくり深呼吸するだけ。

まじでいろんな欲望が引き潮の時の海のように引いていくんで。

そしてこの1分間瞑想法の最大の難関はタイマーを1分間にセットして押すこと笑
自分のラクをしたい流れを断ち切る一瞬のエネルギーと勇気がその日一日の結果を左右します。

 

もちろん、行動するだけで結果は出るかっていうと100%じゃないけど、
間違いなく言えるのは、行動しなければ結果すら出ないということ。

ということで今日はこのへんで。
ではではー


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。