夢を実現させるために使うたった1つの数字の魔力

2358016931_4665bd8984_z

こんにちは。あいでんです。

 

朝起きたらiphoneで時間をチェックし、
その流れでFacebookを見、
ヤフーを見、
ゲームをし、
そのままダラダラと仕事をする。

17時になったら毎日アップされるYouTubeのゲーム実況をチェックし、
ごはんを食べ、
ダラダラとテレビを見てしまう。

悪習慣ってのは何でこんなにラクに実行できてしまうんだろう?

自分を律する(自律)にはどうしたらいいんだろう?

 

目標があって何かをやろうとしてる人には必ずついてくる悩みだろう。

今までの自分の習慣を壊すってのは並大抵のエネルギーでできることではない。

で、それを打破するための有効な方法がある。

それは「夢に日付を入れる」こと。

つまり”スケジューリング”だ。

こんなビジネス本でよく書いてありそうな解決策で申し訳ないが、
効果はテキメンだった。

夢と言ってもそんなに大それたものである必要はない。
前からやってみたかったこととか、自分がワクワクするようなことなら何でもいい。

ぼくの場合は「ロードバイクで日本一周」というのがひとつのやりたいことだ。

しかもそれをインターネットでの自動収入が月30万円ある状態でやる。

このぐらいのことでも全然いいと思う。
要は自分がワクワクするかどうか。

こんなおぼろげな「やりたいこと」はあったが、
ぼくはそれに日付をつけていなかった。

最近、ある本を読んでふと考えさせられた。

「そういえば自転車で日本一周、、、いつやるんだ?」

そしてそれをやるには月収30万円の仕組みを作ることが前提にあるのでもう一つの日付もつけることになった。

 

「月収30万円の仕組みをいつまでに作るのか?」

この日付を付けたことによって自分の中でいろんな感覚が変わっていった。

あと◯ヶ月か、、、という危機感、
あと◯ヶ月後には日本一周ができるんだぁというワクワク感
そして今までのうのうと過ごしていた時間への罪悪感、、、

とくに最後の「罪悪感」というのは非常に有効だ。

人間は”損をしたくない”と考える生き物だ。
今までどれだけムダな時間を過ごしていたのかと実感することで
”もう損をしたくない”と考えてムダな行動を自動的に取らなくなる。

ぼくもこれをものすごく感じた。

「おいおい、何やってんだよ、おれ」

日付を付けたことによって”やりたいこと”がリアルになり、
”やりたいこと”にまったく近づけてない自分がリアルになった。

これはある意味、数字の魔力でもある。

数字っていうのは誰がどう見ても意味が同じである。

例えば「リンゴがたくさんある」と聞くと、5コのリンゴを想像する人もいれば、
100コのリンゴを想像する人もいる。

逆に「リンゴが5コある」と聞けば、誰がどう見てもリンゴは5コなのだ。

だからこそリアルになるし、明確になるし、立体的になる。

これをスケジューリングに置き換えると、
「がんばって月収30万円の仕組みを作る」と、
「今年の10月までに月収30万円の仕組みを作る」ではリアルさが全く違うのだ。

とにかくこの記事で言いたいことは一つだけだ。

「まずは夢に日付をつけよう」

あとは日付を付けた後、自分にどういう変化が起きるのか自分で観察してほしい。

そうすれば勝手に夢に向かっての行動をするようになるだろう。

ありがとうございました。

ではまた。

 

 

あいでん@

 

 

追伸

そしてこちらも必要。

ぼくの引寄せの法則。成功と失敗を晒してみたww