僕がExcelからNumbersに変えたのは圧倒的に◯◯したくなったから

apple-1850613_1280

ども、しおかわです。

Macを使ってる方は「Excelを使うべきか?Numbersを使うべきか?」で一度は悩んだことがあると思います。

どっちが効率いいのか?
できればなんとなくカッコイイし、Numbersを使いたい。
でもExcelの方が慣れてるし、わからなくなった時にネットに情報いっぱいあるし。。。

こういう葛藤を何度も繰り返した僕がようやく「やっぱNumbersだわ」と最近思えました。

僕はずーっと迷ってました。

Excelか。Macか。

この迷ってる時間がすでに無駄なんですよね笑

でも僕みたいなガジェット好きはなんとかNumbersを使う理由を探し回ってました。

 

何度試してもNumbersの良さがわからない。

乗り換えては検討し、Excelに戻ってはまたNumbersを使いたい欲に惑わされてました。

1番の違いはNumbersは見返したくなる。Excelは見返したくない。それだけで十分な理由

最近、ふとNumbersを使う機会がありました。

セルに文字を打ちながら、Numbersに情報をまとめました。

すると今までは気付かなったあることに気付きました。

「文字が見やすい」

文字が見やすい。
ただそれだけです。
細かいメリットを挙げればいろいろあります。

  • グラフがキレイ
  • iCloudで同期できる
  • シート内に表を複数作れる

まーこのへんのメリットは正直どうでもいいです。

それより、Excelにまとめるデータで1番大事なことは何か?ってことです。

これは人それぞれで全然違うと思います。

業務日報に使ってる人もいれば、
タスク管理をしてる人もいるだろうし。

僕の場合は仕事でリサーチしたデータを集めたり、本や動画で学んだことをメモしたり、サイトの数字を管理したり、外注さんを管理したり、家計簿を付けたりといろいろです。

そしてそのほとんどが何度も見返すことによって効果が高まるものなんですよね。

例えば本で学んだことをまとめたメモは一回見ただけじゃ忘れてしまうんですよね。
だからもう一度見返したい。
でもExcelにメモしたもので見返したくなることなんて一度もなかったんです。

その理由は単純。
見にくいから。

Excelは初期設定でセルが小さく、文字が多すぎると全文字が表示されない設定となってます。

標準フォントもMSPゴシックというフォントでちょっと見にくいです。

一方、Numbersの方は初期設定で倍率125%、文字が多くても自動で折り返してくれるので、全部の文字が把握できます。

別にこれExcelでもできるんですが、いちいち行を引っ張ってとかがめんどくさいんですよね。

フォントもヒラギノ角ゴというフォントで見やすい。
ここはさすがApple純正アプリといったところ。

「見やすい」「見返したくなる」は正義

でも昔の僕ならこのメリットにピンと来てないと思います。

え、見やすいから何なの?
それでも使いにくいんだよ!と。

でも今ならめちゃくちゃ復習の大事さがわかります。

資料はまとめることに意味があるんじゃなく、まとめたデータを活用することで初めて意味が出てきます。

例えば本の内容をまとめたものだったら、見返すことで脳に記憶が定着して、実践でつかえるようになる。

人間はすぐに忘れてしまうんです。

これを機に再度使ってみてほしい。

僕はNumbersに変えてめちゃくちゃ資料見返すようになりました。
ノート代わりでも使ってます。
ノートより見返しやすいんで。

一度お試しを。

ではでは

 


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。