僕が「やっぱり沖縄でクリエイティブに生きよう」と思った理由

4346024348_dda6963301_o

はじめまして。
「やっぱり沖縄でクリエイティブに生きることにした」を運営している管理人のあいでんです。

ご来訪ありがとうございます。

 

「あいでん」という名前の由来はとくにありません。
優れたアイデンティティ(個性)を活かしていこう!でもなければ、
愛(あい)を伝える(でん)使者で、あいでんでもありません。
(無論、愛は一方的に伝えさせていただきますw)

糞みたいなプライドを捨てたら運命が動き始めた

今は沖縄でこのサイトや他のサイト数個を運営してインターネットだけでちょこちょこ稼ぎながら、
たまに東京へ行ったり、、、という生活をしています。
でも、2年前までは電気量販店でケータイを売っていた全くの素人でした。

ケーズデンキやヤマダ電機にケータイやパソコンを見に行くとよく話しかけられますよね?
あれをやっていました。
いやー辛かったww
思い出せば当時は「あー仕事やめたい」「あー腹減った」が口癖でしたw

上司からは「1日2件は契約とってね」と無理難題。
(ちなみにお店の集客的に1日2件というのはかなりキツイ数字でした)

そんな上司は偉そうなことを言ったあとは違う店を見に行くと言って出ていきます。
外で何をしているのかは下っ端にはわかりませんw

仕事の内容的にもお客さんにとってメリットのないものも売らなければならず、
楽しさ、やりがいを感じることはできませんでした。

唯一やりがいがあったことと言えば、
同僚と(といっても20コ以上年上w)力を合わせて目標の件数を獲得することに燃えた時でした。
この人とは今でもたまに食事に行くような戦友です。

それでもなんとか毎日を平凡に生きていたぼくに悲劇が起きました。

フットサルで足をケガして歩けなくなってしまいました。
相手とぶつかった所が腫れてヒザが曲がらなくなりました。

最初は2,3日で治るだろうと思いましたが
「もう一生歩けないかも、、、」
そう思うぐらい症状は一向に回復しませんでした。

やむを得ず仕事をやめ、歩かなくてもできる仕事を考えました。
それが今の仕事、インターネットビジネスです。

「本当に稼げるのか?」
「なんか教材が1万円とかするんだけど詐欺じゃねーの?w」

と不安に思いながらも
「パソコン1台で稼げたらなんかカッコイイなぁ」
と得意の単純思考で始めてみました。

教えてくれる人にも恵まれ、2,3ヶ月で稼げるようになりました。
ぼくがやったのは中国から商品を仕入れて日本のネットショップで売るという手法でした。
いわゆる中国転売ってやつです。

やがて月商200万円、月利50万円を出すほどの仕組みを作りました。
ここまで来ると、やることは週1回の在庫管理と追加発注だけでよくなり、
週6日ぐらいは遊んだり1日中動画を見たりと糞みたいな生活をしていました。
目覚ましで起きる必要もなく、太陽に起こしてもらうという理想の世界にたどり着きましたw

もう理不尽な指示を出して自分だけサボる上司もいません。
売りたくない商品は売らなくてもよくなりました。

ただ、それも長くは続きませんでした。

ぼくがやっていた中国転売のノウハウは実践者が次第に増え、
市場が飽和してきました。

「デフレの象徴」と言われた牛丼チェーン店の値下げ競争みたいなイメージですね。
わかりやすい流れはこんな感じです。

 

中国転売の実践者が増える

同じ商品が乱立し、売りたいがために1人が値下げをする

みんな在庫が残るのが怖いから値下げ競争が始まる

市場の崩壊

 

ちょっと実践者が増えただけでこれだけ簡単に市場が壊れるんです。

「こんなビジネスやってられっかぁ!!」

ぼくは中国転売からの撤退を決め、今後何をすべきかを模索していました。

そんな時、運命の再会をしました。

 

 

年下の上司がだいっキライな僕と月200万円稼ぐ大学生

ぼくがネットビジネスをはじめた頃に知り合ったヤツが業界の有名人に紹介されていたのです。
「むむむっ、、、」
そいつはネットビジネスで知り合った人の中では数少ない仲良くさせてもらった人でした。

一緒に油そばを食ったり、ぼくの家に泊まったりもしていました。

そんなあいつが、、、あいつが、、、

すでに毎月200万円以上を稼いでいるのです。
しかも某有名大学に通いながら、、、

彼がやっている事業は1つや2つではなく、何種類もやっている。
ネットから、物販から、法人コンサルティングまで。

仮に今のぼくのように1つのビジネスがダメになってもなんともない状況なのです。

 

「こ、、、こいつは本物になったのか??」

しかし、素直に認めたくないぼくもいました。
「歳も俺のほうが上だし、あん時仲良かったのに教えを乞うなんてイヤだ。
あいつのことだからおれをバカにするに決まってる」
と、糞みたいなプライドが邪魔をしていました。

それに反して、ぼくの中にはもう一つの想いもありました。
「そんな糞みたいなプライド捨てて素直になれよ。
お前の目標はバカにされないことじゃなくてしっかり稼ぐことだろ」

 

2,3日この葛藤を繰り返していました。
そして決意しました。
よし、こいつに会いに行こう。

「なんかごちそうするんで稼ぎ方教えて下さいm(_ _)m!!」

ぼくが糞プライドを捨てた瞬間でしたw

たまたま彼の予定も空いていて会うことができました。

 

 

そしてその数日後、久しぶりの再会を果たしました。
品川の日本酒飲み放題のお店でお酒を飲みながら、おいしい(そして高いw)料理を食べながら、
根掘り葉掘り聞きまくりました。

「そんなんだからダメなんすよ〜。まずは◯◯をしないとそこ抜けれないっすよ」
「みんな全然ネットを活用できてないんすよ。レバレッジをかけるために◯◯を使って、、、」

彼は相手が年上だろうがズバズバ本音を言ってくれます。
アクが強いですが、そこが良いところでもありますw

そして彼にいろんな話を聞いて確信しました。
「やっぱこいつ、すげーかも。糞プライド捨ててよかった」

その翌日も話を聞きまくりました。
「ビジネスの本質は、、、」
「集客をするには裏ワザがあって、、、」

 

彼と話すことで以前は表面的だったビジネスへの理解がかなり深いところまで理解できました。
いわゆる「本質がわかった」というヤツです。
本質がわかればどんなに市場が飽和しようが、売る商品がなくなろうが関係なくなります。

つまり、「本質を知る」ということは「どんな状況になっても稼げるスキル」ということです。

もちろんこれは頭で知っただけでなく、実際に”行動”することが何より大事です。
彼のおかげで「あとは行動するだけ」という状態まで持って行ってもらいました。

 

この業界では過去のぼくみたいにノウハウだけを追いかけてる人がたくさんいます。
ノウハウを追いかけては廃れ、また違う市場に行っては廃れの繰り返し。。。

なぜそんなことが起きるかってそりゃそのノウハウを教えてくれる人が本質を教えてくれないからですよね。

 

 

ではなぜ教えないのか?

それは簡単で、その方がめんどくさいし、自分が儲からなくなるからです。

これは西洋医学と東洋医学の違いみたいなもんです。

西洋医学は病気の人に薬を処方しウイルスを殺すイメージ。
ビジネスに置き換えると「稼げません」という方に
「中国のサイトから商品を仕入れてAmazonで売れば稼げますよ」
と具体的な方法を教えてくれるようなもの。

 

逆に東洋医学は漢方でその人自身の回復力を高めようという考え方。
ビジネスに置き換えると「稼げません」という方に
「稼ぐためには、良い商品を安くで仕入れて高くで売ることです」
と、根本の考え方から教えていくイメージ。

これって実は両方必要なんです。

 

ただ、先ほども書いたとおり本質を教えてくれる人はほとんどいません。
というか本質を教えられるスキルがないと言った方が正確でしょう。

その証拠に2年間ひと通りネットビジネスで学んできてもなかなか本質のイメージをつかめなかったぼくが、
わずか1日あの大学生と話しただけで本質を捉え、
そこからいろんなビジネスのイメージを描けるようになりました。

ただ、彼はすでに法人コンサルで1000万円以上支払わないと教えてれない大物になってしまいました。
(日本酒飲み放題おごっただけであんなに教えてくれるとはなんとありがたいことだったんだww)

 

さらにネット業界には珍しく、
「おれは弟子はとらないっす、弟子なんて制度気持ち悪いっすよ」
と言うほどw

まぁ確かにぼくもこの業界の弟子だの師匠だのいう風習は気持ち悪いなと思ってましたw

そのぐらい彼は遠くに行っちゃったので、ぼくは決めました。
彼の教えをもとに、ぼくが教えようと。

もうすでにその活動は始まっています。
自分を含め、まわりの仲間や友人にもその本質を教え結果を出してきています。

ぼくが目指すべきところもすぐ目の前に見えます。

 

いざ、次のステージへ

ぼくが目指すべきところは2つ。

1つは本質的な考え方を学び、どんな時でも稼げるスキルを身につけること。

もう1つは、世の中に影響力を持った自分のメディアを作ること。

今は、この2つを成し遂げるのはもうすぐだと感じながら自信を持って仕事ができています。
ヤツにはほんと感謝してますし、また困ったら日本酒飲み放題に誘いたいと思いますw

「おれもやってみたい」
「自分のメディアを作ってみたい」
「もう業界の流れに振り回されるのはイヤだ」

と思う人はまた次のメールを読んでみて下さい。
あなたの「稼げません病」を東洋医学と西洋医学の両面から治療していきますよーw

それではまた。

あいでん@

 

 

P.S

2015.09.02追記

いよいよ目標が明確になりました。

「2016年03月、ロードバイクで日本一周しながらナンパを極める旅」を開始します。

まじこれやりたい。ヤりたい。いや、やりたい。

ナンパはエネルギーを与えるか、奪うか