僕がやってるOmniFocusの使い方(即メモのすすめ)

lens-637558_1280

どうも、あいでんです。

僕は数年前にGTDという仕事術を学びました。
完全ではないですが、今でも仕事をする上でその時学んだことが活きています。

その中でも1番良かったのが「inbox思考」

頭に思い浮かんだやるべきこととか、アイデアとかとりあえず収集しまくるという方法です。

で、それをやるのにベストなツールとしてOmnifocusがあります。

これ、MacとかiOSでしか使えないツールなんですが、GTD考案した人が作ってるだけあってかなり使いやすい。

 

いろんな活用法は他ブログにもありますが、とりわけ僕の中でオススメな使い方がショートカットキーを使ってinboxに項目を入れるやり方です。

OmniFocusの設定から「クリックエントリのショートカット」という項目があります。
これを設定しておくだけでMacを使ってる時のinboxへの入れる速度がハンパじゃなく上がります。

僕はcontrolキー+Oで設定しています。
OはOmnifocusのOなんですが、慣れればパッと項目を入れられます。

で、Macでの作業中にとにかく思い浮かんだことを入れまくります。

「あ、このテーマについて今度書こうかな」
「あ、牛乳買わなきゃ」
「あ、このビジネスアイデア結構イケてね?」

とにかく何でもかんでもこのOmniFocusに入れていきます。

僕はこの記事でも書いたようにEvernoteにもメモを入れる派です。

Evernoteをビジネス活用するならスマホで10秒だけ投資せよ

で、EvernoteとOmnifocusをどうやって区分けていくかというと

OmniFocus→Todo、やるべきこと系
Evernote→それ以外のメモ、アイデア全般

という感じに分けています。

こうしてメモとTodoを分ける使い方が今んとこ自分に合っています。

 

このGTDのinbox思考だけでも取り入れると脳の短期記憶スペースが空いてめちゃくちゃ快適に仕事をすることができます。

例えば「今日牛乳買わなきゃ」というTodoをメモしない人は仕事をしている間もずっと脳のどこか(ワーキングメモリという領域)で牛乳のことを記憶しようとしています。

そうすると単純に脳の領域を無駄なことで使っているので効率が悪くなるんですよね。

ちょうど、机の上が汚れまくってて作業しにくいようなイメージです。

こうやってちょっとずつの覚えておくことが積み重なってイライラしたり、めんどくさくなってくるんですよね。

 

OmniFocusにやるべきことを出すことで見える化できます。

そうすると、そのTodoを客観的に見ることができるので案外「やらなきゃ!」と思ってたことでも「意外とこれやらなくていいな」ということに気づけます。

とりあえずこの記事で感じたことを簡単にメモしてみてください。

メモした瞬間の軽くなる感じを感じてみてくださいね。

ではでは~

P.S

合わせてこちらもどうぞ

タスク管理の決定版「GTD」を最も効率的にやるラクな方法


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。