最強のタイピング方法「親指シフト」に陥る完璧主義者の話

2f2f485188e6ded48af1a16e77fef798_m

おはようございます。

あいでんです。

 

今日の15分ブログ。

今日は「親指シフト」について語っていきたいと思います。

そもそも親指シフトって知ってます?

タイピング方法の一種ですね。

検索してもらえばわかりますが、親指でスペースキーを押しながらタイピングする方法で、ローマ字打ちよりも何倍も早く、さらにかな打ちよりも合理的な打ち方だそうです。

あの勝間和代も実際に取り入れているということで話題になってたみたいです。

 

今年の4月くらいですかね、「僕はライティングで食っていくんだ!」と決意し、そのために文章を書くのではなくまずタイピング方法を変えようとしたのです。

ん〜完璧主義ですね〜

親指シフトを習得すると指がしゃべるかのごとくすらすらとタイピングできるそうです。

そして習得には3ヶ月はかかるそうな。。。

 

アホですよね。

その時から本質からずれている。

目標に向かう時に形から入ろうとしすぎなんですよね。

 

結局僕は1ヶ月ほどである程度形になるまではいきました。

10分700文字ぐらいは打てるようになりましたが、今のローマ字打ちでも10分1000文字以上は打てているので別に習得するまでのことではありませんでした。

 

まさに完璧主義。

とにかく100%じゃないと気が済まない。

なにより厄介なのが結果を出す時も100%じゃないと気が済まないということ。

 

例えば僕が親指シフトを学ぼうと思った流れはこんな感じ。

メルマガで稼ぎたい→ライティングスキルを付けなきゃ→よし、まずは写経しよう→指が痛くなる→もっと効率的なタイピング方法はないか→よし、親指シフトをマスターしよう

 

こうなってるわけです。

最初の「メルマガで稼ぎたい」という目標が見事にずらされ、最終的な目標は「よし、親指シフトをマスターしよう」となっているのです。

笑えますよねw

 

でも当時、本人は真剣ですw

本来、ぼくらがずらしマーケティングを仕掛けていかなきゃいけないのに勝手に自分でずらされに行っているという悲劇。。。

 

まずは目標達成にはその達成に有効なことだけやっていればいいんです。

メルマガで稼ぎたいならどうやってリストを集めるか、どうやって教育をするか、何を販売するか、そこを考えなきゃいけない。

もちろん、最低限のスキルは必要ですが、まずは一歩踏み出すというのがほんとに重要。

ちなみにインプット系のことは目標でも一歩踏み出しているわけでもないので注意してください。

「◯◯の本を読むことが目標」

「◯◯のセミナーに行く」

結局何かをアウトプットしなければ僕らwebの世界では成果はもらえません。

その本を読んでどうアウトプットするのか?

そのセミナーで学んで何をアウトプットするのか?

 

これを今日も自分に言い聞かせてやっていきたいと思います。

それではまた~

 

P.S

1096文字でフィニッシュ!


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。