ポケモンGO総プレイ時間15分の僕の感想は「頼むから日本ではこんなもん流行るな」

Pokemon-GO

どうも、あいでんです。

ポケモンGO、ついに日本でも遊べるようになりましたね。

どうですか?おもろいですか?

僕は今んとこ

「くっそつまんねぇ」

です。はい。

 

一応、まだ勉強がてらプレイする予定ではありますが、何がおもしろいのかさっぱりわかりません。

最初のピカチュウGETの瞬間は正直、ワクワクしましたw

「おぉ、そこにピカチュウおるやん!」

そしてモンスターボールを投げて、屋外でのGET。

おぉ、屋外でのげっとぉぉおおぉ

 

そりゃ小さい声で言いましたよね。

「ピカチュウ、GETだぜ!」

 

で、その後コイキング、マンキー、ナゾノクサ(←後半2匹知らないw)をGETしたんですが、何が楽しいのやらさっぱり。。。

まずね、戦いがないですよね?

ただ移動して、ポケモン見つけたらモンスターボール当ててGET。

はい、終わり。

今んとこそんな感覚です。

 

多分、ぼくがまだ100%堪能できてないだけだと思います。多分。

もし、これがただの移動ゲーなら全然おもしろくない。

いや、むしろ危険だなと。

 

移動ゲーということは、移動しまくったヤツが勝ちなんです。(課金は置いといて)

移動しまくるということは

徒歩<自転車<車

みたいな構図が考えられます。

 

もし僕がポケモンGOにどハマりしたら、ポケモンGOを起動させながら車で移動します。

そして、たくさんの場所を巡りながらポケモンをGETしたり、いろんなところをタップして、アイテムを集めるわけです。

そうすると、絶対に出てくるのが歩きスマホならぬ、

「運転ポケモンGO」

「自転車ポケモンGO」

ネーミングの語呂が悪いのはさておき、こういう輩絶対に出てきます。

現に、僕が今なってしまいそうですww

 

僕は雨の日以外、ほとんど自転車移動です。

そうなると、自転車の移動中にポケモンGOをやらないと経験値もポケモンも集まらないわけです。

これって超危険です。

 

どハマりすれば、自転車ポケモンGOをやらざるを得ない状況になります。

危機感を持ちながら自転車ポケモンGOを先ほどやってみましたが、モンスターボールを投げる瞬間とか集中しすぎて、一瞬自転車乗ってるの忘れてましたからね。

これはやばい。

 

「いやいや、そんなバカはお前だけだよ」

そう思うかもしれません。

でもね、世の中自分より頭良いヤツもいれば、自分より頭悪いヤツもいます。

とくに車乗るときとかは、相手が自分と同等のリテラシー持ってるとは思わない方がいいです。

僕は運転中は(自転車の時も)みんな自分より頭悪いと思って運転してます。

その方が、死ぬ確率は低くなると思います。
(まだまだ親孝行できてないので死ぬわけにはいかない…)

頭悪いってのは学力とかではなく、少し先の未来、危険も考えられないような人を指してます。

 

で、そんな輩がどうなろうと正直関係ないです。

ただ、それによって被害を受ける人は必ず出てきます。

それが自分の身内や友だちやお世話になってる人となると話は別ですよね。

 

ポケモンGOをしながら、

・信号機の音だけで判断して、赤信号を渡ってしまうヤツ

・電車のホームに落ちるヤツ

・崖から落ちるヤツ←すでに出てる

絶対出てきます。

 

もう、これで身内に不幸が起きるのとかだけはほんとやめて欲しい。

とりあえず母親に注意喚起はしておこうと思います。

言うても「運転ポケモンGO」とかやられたら気をつけようもないんですけどね。

 

とりあえずまとめると、、、

・ポケモンGOがただの移動ゲーなら日本ではそこまで流行らなそう

・歩きポケモンならまだしも、自転車ポケモン、運転ポケモンはやめてくれ

 

とりあえず第一印象はこんな感じですが、あと1週間はやってみます。

通信対戦とかやってみたいですしね。

追記

こちらの記事を見てちょっと勉強してみました。

http://japanese.engadget.com/2016/07/22/go-7/

とりあえずレベル上げのためにポケストップとか回んなきゃいけないんですね。

ドラクエでは十字キーだけでウロウロできたことを、実際に自分が行ってウロウロしないといけないとは。。。


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。