アクセスを増やしたい人のための草野球キーワードの狙い方

23764072374_12ae5a85c8_b

どうも、あいでんです。
今日は僕の作っている収益メディアについてです。

そのサイトは、企画やデザインのみ僕がして狙うキーワードも僕が決め、あとは雇った外注さんに記事を書いてもらうのみで100記事規模のサイトを2ヶ月で作りました。

100記事というのが、なんとなくのゴールで、
「とりあえず100記事規模のサイト作ってみよ」ってことで利益度外視、行動重視でこのサイトを作り始めました。

2ヶ月弱で90何記事まで構築できてそれなりに感じることがありました。
そのへんをシェアしていこうかなと。

・100記事ってお金さえあれば割りと楽勝
数だけで言えば100記事というのはそう遠くない次元であることがわかりました。
求人では同じサイトの求人を3つの切り口で探したりしました。
(稼げる系、学べる系、やりがい系で)

常時3〜5人のライターさんにあらかじめ設定したタイトルの記事を書いてもらいました。
1500文字で500円なので普通ぐらいでしょうか??

もっと安くで募集する方法もいろいろ考えましたが、コスパよりも行動ということでコストはあまり削りませんでした。
で、1記事500円ってことは100記事で手数料込みで60,000円ぐらい。

これを高いと見るか安いと見るかはそれぞれですが、僕はいろいろなメリットがあったので良かったかなと。
で、感じたメリットはこんな感じ。

  • 100記事って意外と楽勝
  • キーワードのデータが集まる
  • 0→1への行動ができた
  • 良いライターさんに出会えた
  • 悪いライターさんにも出会えた
  • 自分の教育システムの良いところ、欠陥が見えてきた
  • (ちょっとだけ)報酬も発生した

もっとありそうだけどとりあえずこんな感じ。

キーワードのデータが集まるってのはかなり大きい。
Googleウェブマスターツールで見れるデータは机上の空論ではない。
言わば実践のデータだ。
それは予測ではなく結果が出ているから、それをもとにさらにサイト展開したり記事構築ができたりする。
このキーワードデータが見れるのはサイト運営者の特権の1つだなと感じた。

0→1への行動ができたのも大きかった。
最初はめちゃくちゃ時間がかかった。
コンセプトを練って、キーワード決めて、100コぐらいタイトル作って…と。
でもそれが終われば、あとはライターさんを雇うだけだった。
ライターさんを雇うと連絡を放っておけないので無理やり行動する環境になった。
それがまた良かったんだろう。
とくに1月は求人も出しまくって行動ができていた。

良いライターさんも悪いライターさんも見えてきた。
1,500文字ギリギリで仕上げる人、1,500文字という条件を忘れて1,000文字ぐらいで上げる人、2,000文字近くまで書いてくれる人。
大げさに言うと僕はライターさんを雇ってる立場だから言わば経営者。
そういう視点でライターさんを見てると「次もこの人と契約しよう」とか、「この人とはこれ限りだな」とかライターさんがどんな姿勢で仕事をしたのかが手に取るようにわかる。

自分の教育システムの穴もいろいろ見えてくる。
このライターさんには伝わってるのに、この人にはここまで言わないとわからないんだとか。
自分が作ったものがどう見えるかが自分の主観と他人の主観を通すことで見えなかったところが見えてきた。

そして1番痛感したのがキーワード選定と管理の大事さ。
いくら儲かっていないブログだからってキーワードの選定と管理をおろそかにするとやっていることが無意味と化す気がする。
データが集まらないし、無駄な労働も増える。

キーワード選定は、まだまだ参入の余地がある市場を探す能力と等しいけど、最近自分でもキーワード選定と記事執筆を繰り返しながらキーワードに対するイメージが変わってきた。
それは「まだまだ空いてる市場っていっぱいあるな」と思えたこと。

これが個人的には1番大きかった。
1番自分の手(思考)が止まるところでもあった。
このメンタルブロックを壊すことができただけでも60,000円投資した価値はあったと思う(想いたい)

キーワードリサーチしていて、誰もが(うまくいかない9割の人は)キーワードを目の前にして手が止まると思う。

「このキーワード行けんの?」
「何年も前から100記事以上書いてんのにここに敵うわけないやん」

今考えればこれはいきなり僕がプロ野球の1軍で活躍しようとしている思考と同じなんですよね。
いやいや、まずは草野球で活躍して力つけようぜと。
まずは草野球キーワードでも地道に狙えるようになりました。

野球は3割当たれば1流ですが、キーワード選定は1割当たればいいかなとも思えるようになりました。
と言ってもまだまだこれも机上の空論に過ぎません。
とにかく今は草野球キーワードを自分の力と外注さんの力で攻略していこうかなと思います。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。