「速読できない!」何を試してもダメな僕ができた2倍速法

knowledge-1052010_1280

どうも、あいでんです。

速読できたら良いっすよね。
僕は自分でビジネスをやってるってこともあってありとあらゆる速読本を読んできました。

例えば月に4冊でも本が読めれば他とはめちゃくちゃ差が付きます。
本を読む→知識がつく→ビジネスに活かす→収入が増える
という方程式は今も昔も変わりません。

逆に本読んでない頃の僕は世間知らず過ぎて損ばかりしてきました。
とくにお金の面で。。。

今までで1番簡単な速読法見つけた!

僕の読書の目的はビジネスを成功させるため、収入を増やすために読んでます。
ということは、いくら多読しても収入が増えてなければ意味はないんです。

で、僕はとある本に出会いました。
この方法ならほぼ100%誰でもできるなという速読法でした。

それは脳科学者、苫米地英人氏の速読本です。

この本の要点を端的に言うと「2倍の速度で文章を読むように意識しなさい」ということ。

よくよく考えてみればこれ、正論なんですよね。

僕は本を読む時に集中していないとぼーっと読んでる時があります。

そういう時は読む速度がめちゃくちゃ遅くなってたり、何度も同じところを読み返したりするんですよね。

僕は200ページぐらいの本を4時間ぐらいかかって読みます。
これって多分遅い方です。

逆に言えば2倍に意識するだけで半分の時間で読めます。
つまり1冊2時間で読めちゃう。

2時間だったら1週間のうちに1回ぐらいは空けられるんじゃないでしょうか。

そうすると、月4冊本が読める。
年間48冊。

本を読めばそれだけ知識がついて、結果ビジネスでも結果が出やすい状態になります。

逆に本を月1冊も読む習慣がない時の僕はめちゃくちゃ世間知らずでした。

金持ち父さん貧乏父さんを読んだ時は衝撃でした。
え、世の中にはこんな生き方もあるの?って。

読書する=成功者への近道

本を読んでるとそういうのをどんどん学べます。
「え、そんなこと聞いたこともないけど」って友だちに言わせまくりですw

ま、そんなおまけも付いてきますが、とにかく本をよむということはそれだけ稼ぎが増えるということ。

で、半分の時間で本を読めれば人生で何百冊分の差が付くんだって話ですよねw

苫米地氏の提案はホントにシンプルですが、巷に溢れてる「1冊10分で読もう」みたいな情報に惑わされすぎて、本質である本を読む目的を忘れると割と危ないです。

まずは「倍の速度で読む」ってことだけ意識して読んでみてはいかがでしょうか。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。