ストレスを9割なくすために今、本当に必要な3つのこと

1471098570_43387a02bf_z

こんばんは。あいでんです。

夕ごはんを食べて、サボりたい気持ちを抑えながらミスドでこの記事を書いています。
ドーナツ100円セールが終わった後はたった50円上がっただけでも「高っ!」と思ってしまいますねw

これが「人は差分に反応する」ってやつですかw

では、今日も1000万円以上の価値のある情報をシェアしていきますよ。

・今のぼくらに本当に必要なこと

「もう仕事やめたい、、、」
そう言いながら朝目覚ましで起きて、
シャワー浴びて髪スタイリングして、
着替えて夏の暑い日差しを浴びながら出勤します。

汗をかきながらの出勤はホントにストレスですわw

着いて早々、汗ふきシートで体をふいてリフレッシュ。

それでもムカつく上司が調子に乗ってオレ様に指示をしてくる。

「なぜお前ごときに使われないかんのだ、、、」

心の中では強気でも後先のことを考えると思ってることって結構口に出せないもんですよね。

 

こんなクソみたいな日々からどうすれば脱出できるのか?

仕事をやめる?

いやいや、イヤな上司ってのはあいにくどこの職場にもいるもんなんですよ。
もちろんそいつのことがイヤ過ぎるならとりあえず転職するってのも応急処置にはなるでしょう。

でも根本的な解決策ではないです。

 

 

では、何をすべきなのか?

シンプルに3つにまとめました。

まずはこれだけすればとりあえず今のストレスの9割は消滅します。

それがこの3つです。

1.稼ぎ続けられるスキルを身につけること

2.お金を自動的に稼いでくれる仕組みを作ること

3.社長になること

どうです?
超絶シンプルでしょw

「いやいやそんな簡単にできないよ」

そう感じるのは普通でしょう。

ぼくも実際、彼にコンサルティングを受けるまではそう思っていました。

でも、上記の3つは簡単です。

 

いや、誤解のないように言うと、

やることはすごくシンプル。
やった人しかできないし、やらない人には一生できない

って感じです。

 

ぼくがなぜこんなにも自信満々にそう言えるのかというと、
すでに答えを知っているからです。

もっと言うと、答えを知っている人から直々に教えてもらっています。

それが先ほどコンサルティングを受けていると言った「彼」です。

 

彼は現役大学生ながら、1企業から年間1000万円以上のコンサルフィーを受け取ってビジネスを教えている本物です。

そんな1000万円の価値のある情報、ノウハウを直接学びながらぼくもその方法を実践しています。

だから僕も3ヶ月以内には結果が出ると見込んでいます。

 

大事なのでもう一回言うと、今ぼくらがやるべきことはこの3つ

1.稼ぎ続けられるスキルを身につけること

2.お金を自動的に稼いでくれる仕組みを作ること

3.社長になること

これだけです。
これで今のストレスは9割なくなります。

正直このメールを読んで3つの反応があると思います。

①無反応で興味のない人
→それでもここまで読んでくれてありがとうございます。
あなたに「なんかわからんけど冷やかし程度に見るか」という情報を発信していきたいと思います。

②「え、何それ教えて!」と興味津々の人
→いやいや食い付き早いなw
ま、ありがとうございます。
メールください。詳しく教えます。
↓↓↓↓↓
info@aiden-10.com

③んまぁ興味あるけど怪しいなw
→この反応が最も多いと思います。
それが正解ですw
そういう方にも「うんうん、これはおもしろいし役立つわー」という情報を発信していきますね。

これはぼくの副業実践記みたいなもんです。

19歳の頃から起業を夢見て27歳の頃にようやくネットショップで独立できました。
一時は月商200万円、月利50万円を稼いでくれる強力な資産になりました。

このショップのおかげでぼくは去年1年間ほぼ働かずに暮らしていました。

それでもぼくは悪い方向に進んでしまいました。
その収入が一生入るもんだとでも思ったのか、
ぼくはYouTubeを見まくったり、
ビジネス本を読みまくったり、
渋谷でパンケーキ食べたりとアホみたいな1年間を過ごしました。

 

そのうちにネットショップの商品は売れなくなっていきました。

上の3つの要素で言うと②の自動的に稼いでくれる仕組みを作ることは成功しました。
しかし、①の”稼ぎ続ける”スキルというのが身に付いていなかったのでそれを維持することができませんでした。

そうしてもがいている時に出会ったのが先に紹介した大学生の彼です。
詳しい話はこちらに書いていますが、

↓↓↓↓↓

僕が「やっぱり沖縄でクリエイティブに生きよう」と思った理由

彼と再会を果たし、説教されてしまいました。

しかし、同時にビジネスの本質たるやを教えてくれました。

「ふむふむ、だからうまくいかなかったのか」
「なるほど、◯◯が大事なのね」

と。

 

そして導き出した今のぼくに必要な要素が先の3つなのです。

1.稼ぎ続けられるスキルを身につけること

2.お金を自動的に稼いでくれる仕組みを作ること

3.社長になること

 

この3つがなぜ必要なのか?
この3つがあればどうなるのか?

これらをこのメルマガでどんどん教えていきたいと思います。

 

で、今日は早速この中の1つである①の稼ぎ続けるスキルを教えていきたいと思います。

 

時代が変わっても稼ぎ続けられるスキルとは?

稼ぐというのは商品・サービスを売るということ。

商品・サービスを売るということはマーケティングですね。

すなわち「マーケティングを極めろ」ってことですね。

 

マーケティングってのは簡単に言うと
「お客さんが求める良い商品を作り、知ってもらい、提供するための活動全般」を言います。

ラーメン屋で例えると、
うまいラーメンを作って、それを宣伝して、ラーメンを実際に提供するまでの流れですね。

ま、このへんはなんとなくでOKです。
読んでるうちにだんだんわかってくると思います。

で、そのマーケティングは大まかに言うと3ステップに分けられます。

1.集客
(お客さんに来てもらう、知ってもらう)

2.教育
(お客さんに商品の良さを知ってもらう)

3.販売
(お客さんに商品を買ってもらう)

多少の違いはあれど、だいたいの業種はこれに当てはまります。
いろんな角度からわかるように2つほど例を出します。
これでよりマーケティングのイメージがつかめると思います。

ラーメン屋さんの場合

1.集客
お客さんに存在を知ってもらうためにチラシを配る、アプリでクーポンを渡す、
目立つ看板を掲げる、店頭で呼び込みをするなどですね。

2.教育
良さを知ってもらうためにホームページを作る、雑誌に掲載して評判を高める
食べログに登録してレビューをもらう、無料で試食を配るなどです。

3.販売
(より多く、頻繁に)買ってもらうように券売機を置く、スタンプカードを作る
次回使えるクーポンを配る、サイドメニューを充実させるなどです。

Amazon(ネットショップ全般)

1.集客
商品名で検索すると上位表示されるようにする、雑誌、テレビで取り上げられる
口コミで広まる、ダイレクトメールを送る

2.教育
各商品ごとの商品説明を充実させる、見やすいデザインにする、
安全安心というブランディングを作る、翌日配送をする

3.販売
使いやすいデザインにする、購入者に他のおすすめ商品を勧める
セールを実施する、セットで安くなる仕組みを作る

 

とこんな感じです。
インターネット企業とがっつりリアル店舗を例に出したので
だいぶマーケティングのイメージもつかめてきたと思います。

で、①の稼ぎ続けるためのスキルというのは基本的にこの
集客、教育、販売のスキルを磨いていくことです。

たったこれだけです。

 

つまり、人を集めるスキル(集客)、
良さを伝えるスキル(教育)、
より多く、何度も買ってもらうようにするスキル(販売)
が身に付けば、サブプライム危機が起ころうが、
世界大恐慌が起きようが、立て直すことができます。

 

ぼくがコンサルティングを受けている大学生の彼は、
いくつもの事業でこの集客、教育、販売の仕組みを作り、成功させています。

それができるのはこの3つのスキルをマスターしているから。
だからまったく関係のない事業をゼロからやっても立ち上げることができます。

 

いやー憧れますねw

ぼくも今それをマスターするために彼の教えをもとに実践しています。

実践した内容や、また新たに教えてもらったことなどをどんどんシェアしていきますので、
ぜひぜひ読んでいって下さいね。

ではまた。

あいでん@

P.S