【保存版】お名前.comでドメインを取って、エックスサーバーを契約して、WordPressブログを設置するまでの全方法まとめ

wodo

どうも、しおかわです。

今回はドメインの取り方からサーバーの契約方法、WordPressブログを設置するまでの全手順をまとめました。
確かに専用サイトにマニュアルはあるんですが、どうもわかりにくいことって多いんですよね。

この記事では画像多めで紹介していくので、画面を見ながらそのまま登録・設定を進めてくださいね。

WordPressよりも無料ブログの方がいいんじゃないの?と思ってる方はこちらからご覧ください

では、早速作っていきましょう。

1.お名前.comでドメインを取る

この図を見てください。

ko_pict105

サーバー、ドメイン、ホームページの関係をわかりやすくした図です。
ということでまずは住所となるドメインを取っていきましょう。

1−1.希望のドメインを検索する

スクリーンショット 2017-01-30 11.25.18

ドメインとはサイトのアドレスですね。
「○○.com」ってヤツです。
希望のドメインを入力して「検索」をクリックします。

1−2.選択可能なドメイン(.comや.netなど)を選んで「料金確認へ進む」

スクリーンショット 2017-01-30 11.25.41

.comや.netは基本何でもOKです。
ただ、.xyzなど安いドメインは社会的な信用がない、怪しいと思われることもあるので、とくにこだわりがなければ.comや.netが一般的です。
年額で1000円前後なのでそれほど高くはないですよ。

1−3.申し込み内容を確認してお名前.comの会員登録に進む

スクリーンショット 2017-01-30 11.26.57

1.お申込み内容

まずは1年登録でOKです。
Whois情報公開代行は住所などを代理で公開してくれるサービスです。
要は自分の個人情報を出さなくていいということなのでここにもチェックを付けておきましょう。

2.サーバー選択

これからエックスサーバーを使うので「利用しない」でOKです。
お名前.comでサーバーを契約するとドメインが1円になったり、サーバーの月額料金が2ヶ月無料になったりしますが、サーバーの性能がまったく違うので長期的に考える方は「エックスサーバー」を使った方が無難です。

3.会員登録

「初めてご利用の方」にチェックが付いた状態でメールアドレス、パスワードを決めて「次へ」をクリック

1−4.会員情報の登録

スクリーンショット 2017-01-30 11.27.31

あとは会員情報を入力して、会員登録をしてドメイン料金を支払うだけです。
ホントの住所を入れるのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、一般的な企業なので個人情報管理などもしっかりしています。
安心して入力してください。

登録したメールアドレスにメールが届きますので、メール本文をよく読んでそのまま次の設定に進みましょう。

2.エックスサーバーを契約する

サーバーは先ほどの図で言えば土地ですね。
ネット上に土地を借りて、そこでお店を運営するイメージです。
月1000円で土地が借りれると思ったらめっちゃ激安ですよね。

2−1.エックスサーバーの10日間無料お試しに申し込む

スクリーンショット 2017-01-30 11.21.21

まずは10日間のお試しを申し込みましょう。
その後特に問題がなければ料金支払の手続きをするという流れです。
そのまま画像の通りに進んでいってください。

スクリーンショット 2017-01-30 11.21.37

2−2.プランは「X10」でOK

スクリーンショット 2017-01-30 11.21.47

お申込みフォームに会員情報を入力します。
ここで迷うのはプランだと思いますが、X10でOKです。

X20、X30はより上級者向けのプランで月額も2倍、3倍と高くなります。
初心者の方から月収100万円ぐらいまでの中級者の方ならX10で十分かと思います。

3.ネームサーバーの変更(お名前.com側で操作)

ドメイン、サーバーの両方が準備できたら今度はその2つを紐付けていきます。
と言ってもやることは簡単です。
画像の通りに進んでいってくださいね。

3−1.お名前.com(ドメインNavi)にログイン

スクリーンショット 2017-01-30 11.40.55

お名前.comにログインしましょう。
ドメインNaviとサーバーNaviがあってややこしいですが、ドメインNaviの方しか使わないので、そちらにログインしましょう。

3−2.ドメインのネームサーバーを変更する

スクリーンショット 2017-01-30 12.29.50

ドメインNaviにログインしたら契約したドメインのネームサーバーの「変更する」を選択します。

スクリーンショット 2017-01-30 12.30.17

この画面が出てきたら特に問題ない時は「登録情報は正しいので、手続きを進める」を選択します。
(この画面は出ない場合もあります)

スクリーンショット 2017-01-30 12.30.46

「他のネームサーバーを利用」を選択して、下記のようにエックスサーバー専用のネームサーバーを入力します。

スクリーンショット 2017-01-30 12.31.44

入力するのは順番ごとに

1プライマリネームサーバー=「ns1.xserver.jp」

2プライマリネームサーバー=「ns2.xserver.jp」

3=「ns3.xserver.jp」

4=「ns4.xserver.jp」

5=「ns5.xserver.jp」

と画像のように入力して「確認画面へ進む」で完了です。
ネームサーバー変更までにしばらく時間がかかる場合もありますのでしばらくお待ち下さい。

かなり時間がかかるようならもう一度ネームサーバー変更手順で同じことを繰り返してみてください。

これでドメインとサーバーの紐付けが完了しました。
最後はWordPressの設置ですね。

4.WordPressをインストールする(エックスサーバーのサーバーパネル側で操作)

いよいよ最終段階です。
WordPressをインストールできればあなたのブログの完成です。
もうちょっとだけがんばっていきましょう。

4−1.エックスサーバーのサーバーパネルにログインしてドメインを追加する

スクリーンショット 2017-01-30 11.45.50

エックスサーバーにログインします。
ログインすると以下のようなページに行きますのでサーバーパネルにログインしましょう。

スクリーンショット 2017-01-30 11.46.13

ドメインを追加する

トップページから「ドメイン設定」を選択します。

スクリーンショット 2017-01-30 14.50.54

先ほどお名前.comで取得したドメインを入力し、.comや.netなど自分が契約したドメインに合わせて「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

スクリーンショット 2017-01-30 14.51.19

4−2.MySQLの設定

MySQLとはデータベースのようなものです。
あまり難しいことは考えずに画像通りにクリックしていきましょう。

データベースの「MySQL設定」をクリック

スクリーンショット 2017-01-30 11.46.29

「MySQL追加」を選択し、ベータベース名を入力し、「MySQLの追加(確認)」をクリックし、次の画面でも問題がなければ「追加」をクリックする

スクリーンショット 2017-01-30 11.46.56

「MySQLユーザ追加」を選択し、ユーザIDとパスワードを入れて「MySQLユーザの追加(確認)」をクリック。
次の画面でも問題なければ「追加」をクリック。

スクリーンショット 2017-01-30 11.47.14

「MySQL一覧」を選択し、「アクセス権未所有ユーザ」の欄から先ほど作ったユーザIDを選択して「追加」をクリックする

※追加した後に「アクセス権所有ユーザ」にユーザIDが追加されたかチェックしておきましょう。
これでMySQLの設定はOKです。

スクリーンショット 2017-01-30 11.48.14

4−3.設定対象ドメインとPHP Ver.を確認する

設定対象ドメインの欄に先ほど取得したドメインが入っているか確認してください。
画像のように「設定対象ドメイン未指定」となっている場合はドメインを選択して「設定する」をクリックしてください。

ドメインの確認が終わったら、「PHP Ver.切替」を選択します。

スクリーンショット 2017-01-30 11.48.55

そのまま確認したいドメインを選択します。

スクリーンショット 2017-01-30 11.49.35

現在のバージョンと変更後のバージョンが「推奨」であればOKです。
もし非推奨になっている場合は推奨のバージョンに変更して右の「バージョンを切り替える」を選択します。

スクリーンショット 2017-01-30 11.52.11

4−4.WordPressをインストールする

さぁいよいよ最終段階です。
WordPressをインストールしていきましょう。

「自動インストール」を選択します。

スクリーンショット 2017-01-30 14.10.03

ドメインを選択します。

 

スクリーンショット 2017-01-30 11.53.00

「プログラムのインストール」を選択して、WordPress日本語版の「インストール設定」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2017-01-30 11.53.34

ブログ情報を入力する

下記の画面になるのでそれぞれ入力していきます。
インストールURLには何も入れなくてOKです。
ブログ名も後から変えられるのでテキトーに決めてしまいましょう。

スクリーンショット 2017-01-30 11.53.58

作成済みのデータベースを利用するを選択

「作成済みのデータベースを利用する」にチェックを入れて、赤枠のデータベース名、データベースユーザ名、データベース用パスワードを入れていきます。
注意してほしいのは、データベース用パスワードとログインパスワードを別のものにしている人はどっちかわからなくなることがあるので気をつけてください。
僕はこれで1回迷宮に入ってしまいましたw

入力したら「インストール(確認)」をクリックします。
次の画面でも問題なければそのままインストールしちゃってください。

スクリーンショット 2017-01-30 11.54.06

サイトにアクセスする

インストールした後は下の画像のようなページになります。
ここで出るサイトのURLは必ずお気に入りなどに入れておいて、いつでもアクセスできるようにしてください。

ここに出てきたIDとパスワードはWordPressにログインする際に必要になるので、忘れないようにしましょう。

スクリーンショット 2017-01-30 12.00.24

5.WordPressにログインする

インストール後、しばらくすると下記のようなログイン画面が出てきます。
上の画面で表示されていたIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

「ログイン情報を保存する」にチェックを入れておくと、次回からのログインがラクですよ。

スクリーンショット 2017-01-30 12.00.53

ログイン後、このような画面が出ればWordPressの設置完了です。
お疲れ様でした。
まだまだ余力が余っている方はこれから記事を書いてみましょう。

スクリーンショット 2017-01-30 12.01.14

設定が上手くいかない方へ

こちらの記事でもなかなかうまく伝わらないこともあると思うので動画でも説明しました。
うまく設定できない方はこちらも併せてどうぞ。

 

 


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。