僕が行動を習慣に変えられた21日間

Paprika

どうも、あいでんです。
毎日記事を書くという習慣を再開してからそろそろ3週間が経ちます。

当初の目的は収益メディアで記事を書こうとしたら全然指が動かなかったことからでした。
それが今ではある程度カタカタカタカタ打てるようになりました。

21日続ければ習慣は作られるといったのも誰か忘れてしまいましたが、しっかりあなたの言うとおり習慣になってきました。

クッソめんどくさがりで行動できなかった僕がなぜ行動できるようになったのか、今一度まとめてみました。

  • 友人とノルマ会を週一回開催した
  • 毎日やることをノルマ会で設定した
  • Skypeチームで投稿を始めた
  • ベイビーステップを意識した

たったこれだけです。

とくに大きかったのは友人とのノルマ会。
ここで自分のノルマができていなかったらその日のメシ代をおごるというシステムを採用しました。

地元では貴重なビジネスの話ができるヤツ。
そいつにカッコ悪いとこは見せられないと行動を始めるファーストエネルギーになってくれてるんですよね。

別にメシ代おごるなんて大した金額ではありません。
いっても1000円です。

それでこんなに行動が促されるなら安いもんです。
多分今ならこのノルマ会がなくても行動できるぐらいの筋肉が付いていると思います。

 

で、やはり1日のリソースは限られています。
特に時間は昼間働く僕にとってはホント大事なもの。
働いていない時間にどれだけ行動するかで僕の将来が決まってきます。

カタカタ文字も出てくるようになったのでこのブログでのライティングはこれからは定期更新にしてみようと思います。

あ、あとは仕事終わりに副業でがんばってる方に入るのは「お風呂に入る」ってことですかね。
これ多分ふつうのことなんですが、僕は夜はお風呂に入らなかったんですよね。

で、作業しようとがんばってると眠くなる。
ウトウトして作業効率が下がる。
これの繰り返しでした。

でも、一度お風呂に入ってから作業をすると眠気や疲れが和らいでるんですよね。
眠気ってある種『邪気』のようなもので、それを熱いシャワーを浴びるとけっこう落とせるんですよね。

なので、副業の方にはまずはお風呂入るってのはオススメ!
多分ふつう入るもんなんでしょうが。。。

 

そして次なる課題は「余った器に何を入れるか」

パーキンソンの法則で言えば、仕事が終わって作業ができる約3時間にどれだけのタスクを詰めるかなんですよね。

今は2記事執筆、文章力のインプットは必ずしていますが、時間が余ると「はぁ終わった〜」と気が抜ける。
ここでもう1つだけでもタスクを入れることができればもっともっとスピードは上がるかなと。

てなわけで今週のノルマ会ではもう1つやること増やそうかな。

ではでは~


無料E-Book:月収500万円稼ぐ年下起業家に教えてもらったこと

スクリーンショット 2017-01-19 20.00.59

僕は会社勤めから脱出するために1人の起業家に弟子入りしました。
そして、師匠から学んだ教えを1冊のE-Bookにまとめました。

  • 実績ゼロでもネット起業ができる理由
  • 一般企業がやっていないホントは大事だったリサーチ手法
  • 時代に左右されない集客の本質
  • たった100人の見込み客で1,000万円を稼ぐ方法

などなど、インターネットを活用した起業の仕方と売上を上げるためのマーケティングのノウハウを具体的に解説しています。