AirPodsを超えるイヤホンなんて存在するのか?

AirPodsを超えるイヤホンなんて存在するのか?

ども、sioです。
前回の記事でAirPodsに代わるワイヤレスイヤホンをリサーチしていました。
その過程で芽生えた僕の感情。
「AirPodsを超えるワイヤレスイヤホンはないのか?」

この視点で探すと前回とはまったく違う選び方になることに気付きました。

AirPodsを超えるイヤホンの条件とは?

前回の記事では「ペアリング機能」と「片耳通話機能」がAirPodsに代わるイヤホンに求める条件だと書きました。

でもこれは最低限の条件であって、AirPodsを超えるという視点で考えた時にどんな条件が出てくるのか考えてみました。

ノイズキャンセル機能

僕にとってノイズキャンセル機能とは未知であり、憧れであります。
ノイズキャンセルから得られる静寂と集中の世界を味わいたい、そして作業効率を上げることができれば、AirPodsを超えるかもしれません。

軽い、小さい

ミニマリストを若干気取っている僕にとって軽さと小ささは重要ファクター。
良いヘッドホンはいっぱいあるかもしれないけど、あれをリュックに入れて持ち運ぶことを考えると・・・ちょっとなぁ・・・

左右独立型

やはりAirPodsを超えるには左右独立型というのは重要な要素になってきます。

あのラクさを一度味わったらもう戻れない

シームレスなペアリング機能

前回も挙げたペアリング機能。
やっぱり通常のBluetooth機器のように一旦解除して別デバイスでペアリング設定なんてめんどくさすぎる。

通話機能

やはり仕事で使うために通話機能は外せない。
片耳通話もできれば満たしてほしい条件。

結論:AirPodsを超えるイヤホン(ヘッドホン)はあった

まず結論から言います。
AirPodsを超えるイヤホンはありました。

正確にはヘッドホンです。

この記事ではいろんな機種を比較するなんてことはやらずに、
純粋に僕がいろんなヘッドホン&イヤホンを見た中で最高の商品だけ紹介しようと思います。

現時点で最強なのはSONYのヘッドホン【HW-1000XM3】

これです。

2018年の10月に発売されたというSONYの最新のヘッドホン。

まずは上に挙げた条件でAirPodsと比較してみます。

まずはSONYのヘッドホン【HW-1000XM3】

・ノイズキャンセリング機能:★ ★ ★ ★ ★

・軽い、小さい:☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・左右独立型:☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・シームレスなペアリング機能:☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・通話機能:★ ★ ★ ★ ☆

次にAirPods

・ノイズキャンセリング機能:☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・軽い、小さい:★ ★ ★ ★ ★

・左右独立型:★ ★ ★ ★ ★

・シームレスなペアリング機能:★ ★ ★ ★ ★

・通話機能:★ ★ ★ ★ ☆

気付きましたか?
そうです、SONYのHW-1000XM3とAirPodsは長所・短所がまったく逆なんです。
AirPodsを超えるにはやはりこのぐらい尖ってないとダメなんですね。きっと。

ちなみにこの中間ぐらいの製品はいくらでもありました。
例えばBeatsのstudio3

点数表でいうと、

・ノイズキャンセリング機能:★ ★ ★ ☆ ☆

・軽い、小さい:★ ☆ ☆ ☆ ☆

・左右独立型:☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・シームレスなペアリング機能:★ ★ ★ ★ ★

・通話機能:★ ★ ★ ★ ☆

あるいはSONYやBOSEのノイズキャンセリング対応のイヤホン型のもの。

点数表でいうと、

・ノイズキャンセリング機能:★ ★ ★ ☆ ☆

・軽い、小さい:★ ★ ★ ☆ ☆

・左右独立型:★ ★ ★ ☆ ☆

・シームレスなペアリング機能: ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・通話機能:★ ★ ★ ★ ☆

点数の基準としては
ノイズキャンセリング機能はSONYのHW-1000XM3を。
その他の項目はAirPodsを基準として考えた点数です。

多分どれを買っても後悔はないし、幸せになれる。

でも…でも…心惹かれない!!

もうこれは電気屋さんで実際にHW-1000XM3を試したら一瞬でわかってもらえると思います。

「ノイキャン選ぶならこれ以外の選択肢がない・・・」

もう他を圧倒します。

できればこのままこのページを閉じて今すぐ電気屋さんに行って欲しいぐらい。

そのぐらいネット上でのリサーチって意味ないなって思わされます。

ヘッドホンはいろいろ懸念されることもあります。

外で使うの恥ずかしい、、、
仕事では使いにくい、、、
髪型が崩れるし、、、

その不安があってもなお欲しくなるこのヘッドホン。
現時点でマジで最強。
AirPodsを持ってる僕ですら本気で迷ってます。

これでいつでもどこでも静寂な空間が得られるなら、
もっと仕事のクオリティを上げられるんじゃないか。

実際に使ってみないとわからないし、
もしかしたら1週間して「やっぱイラネ」って売るかもしれない。
でも欲しい。欲しい。

うわ、これは買う流れだなw

まだ購入するかはわからないですが、
もし購入したらまた使用感をレビューしますね。

ではでは。

※結局買っちゃいましたw

【究極の静寂!?】WH-1000XM3を1時間使ってみた第一次レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です