読書は無意味?いや、○○しないと意味ないですよ

ども、sioです。

僕は今まで確実に200冊以上の本を読んできました。

熟読したものから、軽く読んだものまで。

その中の9割以上はビジネス系の実用書でした。

ジャンルは

・自己啓発
・心理学
・マーケティング
・経営

などなど。

小説は20冊も行かないです。

そんな本を読まない人より本を読んでる僕の意見は

「読書も大事だけど、それ以上に『行動』しないと意味ないですぜ」

ってことです。

読書が意味ある?ない?の無意味な0-100の議論

まず言えるのが読書は意味あります!

よく巷ではびこっている議論、
「読書は意味あるのか?ないのか?」的な議論は0-100過ぎて意味がないです。

そりゃ読書して知識を付ける方が良いに決まってます。

いろんな経験値を抜きにして、本を100冊読んだことのある人と1冊も読んだことがない人を比べたら、そりゃ100冊の人の方が知識豊富だし、いろんな行動がうまくいく可能性が高いです。

でも結局いくら本を読んでいても実際に行動をしていないと現実なんて1ミリも変わんないんですよね。

読書が意味ない=さっさと行動しろよ

僕がそうなんですが、本を読むたびにモチベが上がります。

「よーし、この方法でやるぞ!」

そう心に決めても1週間後にはまた本屋にフラつき、違う本を買っている。

そしてまた「おぉ、これを軸におれは生きていくぞ」と浮気する。

このループはマジで意味なくて、ただの知識の収集が目的ならそんな行動しなくていいんですが、僕が本を読む目的は「なるべく早く、最短ルートで、楽に結果を出したいから」なんですよ。

でもその『ラクな最短ルート』を探し過ぎていると、いつの間にか失敗するのが嫌な完璧主義な臆病者になってしまいます。

(ちょっと前の僕っすねw)

インプット:アウトプット=3:7がベストらしいぞ

立ち読み程度でしたが『アウトプット大全』という本にこう書かれてました。

インプットとアウトプットのバランスは3:7がベスト

まさにそう。

いや、8:2でもいいかも。

そのぐらい僕がうまくいってないときは9:1でインプット偏重でした。

どのビジネスもそうですが、とくにネットビジネス、アフィリエイトでは行動しないと始まらない。

世に何かを出さないと始まらない。

アクセスが集まるのはその後。
評価されるのはその後です。

あなたのインプットとアウトプットのバランスは最適か?

昔の僕に言えるのはアウトプットのバランスもっと増やせよってこと。

いや、実は知ってた。
当時の僕はこの問題点に気づいてました。

気付きながらも行動できなかった。

次回の記事ではちょっと前の僕がアウトプットできなかった理由と、その解決法を書いていきます。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です