【HHKBレビュー】1ヶ月使った僕の感想「もう2度と買いません」

ども、sioです。

あなたは今、史上最高の仕事環境を築くためにこの記事にたどり着いたんだと思います。

僕もHHKBを買う前にとにかくいろんなブログを見まくりました。

「キーボードなんかに3万円も出していいのか?」
「おれの環境でHHKBを買った方が幸せになれるんじゃないか?」

でも購入前にホントにほしい情報が得られたブログはほとんどありませんでした。

この記事はHHKB関連の記事を何記事も読んだ方向けの記事です。
なのでありきたりなデメリットとか、スペックとか、開封の儀とか、そういうのはないのでご了承ください。

ただし、いろんなブログを見てもまだ踏ん切りが付かない、ほしい情報が得られてないという方にはかなりお役に立てると思います。

僕はHHKBを買って後悔しました。

先に結論からお伝えします。

僕はHHKBを買って後悔しました。

「もっと早く買っておけば良かった」系のオチではありません。

もし購入前にタイムスリップしたなら絶対に買いません。

この記事では、僕がHHKBを1ヶ月使って感じたメリットとデメリットを本音で書いていきますね。

大前提:僕の現状と環境

HHKBは使う人の現状と環境で使える・使えないが左右されます。

僕に現状が近い方はもしかしたらそのまま買わずに違うモノに投資した方が幸せになれるのかもしれません。

僕は主にアフィリエイトをやっていて、記事作成のためにHHKBを購入しました。

環境としてはiMac、外ではiPad+外付けキーボード、しばらくしたらMacBookに合わせてHHKBを使う予定でした。

使っているキーボードはiMacに付いている純正のMagic Keyboard(英語配列)です。

HHKBレビューの旅をここで終わりにしましょう

僕はHHKBを買う前に何時間も費やしていろんなブログ記事を読み漁りました。

たしかに3万円もするキーボードなんで吟味することは大事なんですが、吟味し過ぎてお金より大事な「時間」を失うのも損な話です。

迷ってる時間をより有意義な時間に使うためにも、レビュー探しの旅にピリオドを打ちましょう。

初日:圧倒的打ち心地。打つのが「楽しい」

この打つのが楽しいという感覚。
もはやこれだけで買う価値はあったと感じました。

打つのが楽しい

記事を作りたくなる

収益につながる

という構図がアフィリエイターなら誰でも浮かびます。
これは投資の価値があったな!と思いました。初日は。

徐々に見えてくるデメリットたち。。。

僕はHHKBを買う前に、文字入力のことを9割考えていました。
それゆえ、文字入力以外の作業をしようとするとHHKBが邪魔くさくなってきました。

矢印キーが最高に使いづらい

ブログ記事ってただ文字を打つだけじゃないんですよね。

「あ、さっきのところに少し言葉を書き足したいな」
「この部分削除したいな」って時に矢印キーは無意識ですが、割と登場回数が多いことに気付きました。

範囲を一括指定する時もshift+Command+矢印キーを使います。
Excelでも小さなセルの移動の場合はマウスよりも矢印キーの方が楽です。

さらにMagic Keyboardならノールックで矢印キーを押せていたのに、
HHKBでは1ヶ月経っても慣れませんでした。

でも。。。まだこれだけなら耐えられました。。。

ファンクション機能も使いづらい。。。

HHKBに替えて気付いたのは僕は意外とファンクション機能を使っていたんだってこと。
明るさの微調整も使うし、音量調節も使うし、音楽の一時停止も結構つかっていました。

さらにMission Controlやスペーシーズ??も多様していることに気付きました。

その機能を使うたびにfnキーを押さなきゃいけないHHKBは不便でした。

特に片手で操作したいって時には指が届きにくい組み合わせもあってめっちゃストレスでした。

片手操作ってあんまりないように思えますが、例えば飲み物を飲みながら音量を大きくしたり、マウスに右手を置きながら明るさを変えたりするときにいちいち両手が必要なのがホントに邪魔臭かったんです。

右Commandキーが最高に押しづらい!!

もう、これ!!!
これはマジでHHKBを作った方に文句が言いたい。

なぜあんなにMacに最適化されているのに右Commandが押しづらいんだと。

Karabinerというアプリを使っているので、僕は左右のCommandキーで言語切替をやっています。

画像を見比べればわかりますが、以上に右Commandキーだけ遠い。
ホームポジションから離れろというのか?

そしてこれを書いているブロガーさんが1人もいないことにも腹が立った。(僕が見る限り)
いや、めっちゃ大事やん!と。

ショートカット系のアプリとの相性が悪い

上の3つのデメリットで出てくるデメリットはショートカット系のアプリの機能がとことん使いにくくなる。

葛藤。使いたい。でも使いにくい。

僕の中で日に日にHHKBのデメリット、使いにくさが目立ってきた。
たしかにHHKBは素晴らしい。
書くのが楽しくなる。
用もないのに記事を作りたくなる。
でも使いにくい。

矢印キーの移動もめんどくさいし、
右Commandは押しにくいし。

でも文字入力はHHKBでやりたい。。。

いつしか僕は手段が目的になっていた。
「HHKBで楽しくコンテンツを作る」という目的が「どうやってHHKBを使おうか」という思考回路になっていた。

試みた二刀流

どうしてもHHKBで文字入力をしたかった僕はMagic Keyboardとの二刀流を画策した。
ExcelやWordPressでの操作はMagic Keyboardで。
テキストエディタでコンテンツを作るときはHHKBで。
みたいな運用を試した。
しかし、そこでも弊害が出てきた。

微妙に違うキー配列

大きく違うのはdeleteの位置、そしてshift、Control、optionなどの細々としたキー。
極め付けは左下にある「fn」
僕はこれをKarabinerを使ってCommandキーに替えているのでコピペなどが鬼のようにやりやすかった。

しかしHHKBにはこれがない。
これが決定打となり、二刀流も諦めた。

それでも結局HHKBを買いたい人は?

まぁここまで散々HHKBのデメリットを言ってきたけど、購入前の僕がこの記事を読んで「買わない」という決断をするかは微妙なとこだ。

なんせ物欲は止められない。
史上最高の仕事環境を整えたい!という欲求は買って、実際に使ってからしか抑えられない。

でも何度も言うけど、今の僕はHHKBを絶対に買わないだろう。

でもおれは違う!書いたいんだ!と思った方はもう時間の無駄なので大人しく買うことをオススメします。

僕の場合HHKB本体+純正パームレストで合わせて33000円ぐらい。
もし失敗してもメルカリで売ればいい。

僕の場合、メルカリで約28000円ぐらいで売れたから6000円ぐらいでHHKBを使えた計算になる。

さぁ、もしまだ物欲が残っているなら買ってしまおう。

そしてパームレストもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です