【2018年秋版】行動できなかった僕が自ら行動できるようになるためにやったことすべて

ども、sioです。
僕はとにかく行動ができない。

いや、できなかった。

目の前にイヤなこと、めんどくさいことがあるとそこから逃げたくなる。
ごまかすように他のことをしたくなる。

記事を書かなきゃいけないのに、計画を練ったり、本屋に行ったり、カフェに行ったり。

頭ではわかってても動けない。
そんな自分に自己嫌悪。
自己否定。

「あぁ、おれはなんてダメなんだ」

でもしばらく経ってもう一度頭を切り替えて行動しようとする。

「よし!やるぞ!」

数日後、

「やっぱりダメだ」

これを繰り返すと自分に自信がなくなってくる。
セルフイメージが下がる。
もうおれは何もできない気分になってくる。

これを繰り返すことでうつ病になったりするんだろうな。

多分僕も診断されてないだけで、きっとうつ病だったのかもしれない。
そのぐらい何もかもイヤになってた。

そんな僕でも今、再び行動できている。
何をやったのか?
どう考えたのか?
それを残しておくことで自分がまた倒れそうになった時に対策が打てるし、
同じ境遇の人の役に立てるのかなと思った。

そんな僕がやってきたことを順不同でお伝えしていきます。

カフェで作業をした

僕は究極的に自分に甘く、誘惑に弱く、めんどくさがり屋。
なんとか家で作業できたらいいなと思ってiMacを買ったり、高級キーボードHHKBを買ったり、集中力を高めるための情報商材を買ったりしてなんとか自分を奮起させようとした。

でも、結果は散々なものだった。

iMacが悪いわけでもない。
HHKBが悪いわけでもない。
僕が僕を知らなかったのが悪かったんだ。

ただ、僕はカフェに行けばある程度作業はできた。
カフェならダラダラと寝ることもないし、エロいサイトを見ようもないし、適度に他人の目もあって集中しやすい。

お金はかかるけど、そこに投資して作業できるなら家でダラダラしてるよりは100倍マシだ。

行動は正義。

必要経費として僕はカフェに通っています。

通うカフェを決める

僕の悪いクセの一つに「迷う」ということがある。

常に完璧を求めすぎて迷いすぎてしまう。

Aのカフェは人はいないけど、長時間いにくいしな・・・
Bのカフェはタバコが煙くていやだな
Cは料理高いのに少ないしな・・・
Dは長時間いにくいしな・・・
Eはいつ行っても席が空いてないしな・・・

こうやって迷うことに無駄な時間を使ってしまう。
最悪の場合はカフェに行くことに面倒になってそのまま家にいたりしてYouTube地獄に陥る。

そうならないために僕は行きつけのカフェを固定で決めました。
カフェを固定した途端に僕の生活リズムが整い出しました。

簡単に以前の僕と比較してみると…

※ちなみに僕が通うと決めたのは某スタバです。

【今までの僕】

朝→6時半ごろ起床→「うーん、どっちのカフェで作業しようかな…ちょっと寝坊したからAのカフェだといつもの席が空いてないかも…」「でもBのカフェはモーニングがおいしくないし、タバコも煙いし…」
仕事終わり→うーん、この時間帯だとAはすぐ閉店しちゃって2時間も作業できないなぁ…Bは料理のボリュームないしな…

【通うカフェを決めた僕】

朝→6時起床→「よし、スタバ行こ」→朝の準備
仕事終わり→「よし、○○でメシ食ってスタバ行こ」

↑この思考回路を比較しただけでもめっちゃシンプルですよね。
それだけ「迷う」って脳のエネルギーを浪費しちゃうんですよね。

好きなこと、やりたいことから始めた

僕が動けない時にやろうとしてたのは自分の嫌な作業でした。
アフィリサイトの記事を書くとか、サイトのメンテンスをするとか。
こういう作業がほんと嫌いなんです。

逆に今書いているような自分の経験や好きなものについて書くのはめっちゃ好きで、頼まれなくてもやっちゃうぐらいの行動力はあるんですよね。

だからこそまず行動できない人には好きなこと、やりたいことをやってほしい。

僕の場合それは「好きな記事を書く」ということでした。

僕はMacBook(12インチ)を注文してからの1週間、ずっとそれ関連の記事を書き続けました。

MacBookは新型を買うべきか?
スリーブケースは必要か?
iPadはノートパソコン代わりになるのか?

そのへんを書きまくっているとだんだんと記事を書くことが習慣になってきました。

朝スタバに行く→記事を書く、夜スタバに行く→記事を書く

こうやって良い習慣を作り始めるためには「好き」「やりたい」ってエネルギーを使うべきだなと実感しました。

やることを一つに絞った

僕は完璧主義なのでとにかくやれることをすべてやろうとしてしました。

「俺はできる!」という悪い勘違いをしてました。

すべてをできると思って、それを計画に組む。

で、結果できない。

自信をなくす。

自己否定を繰り返す。

お決まりのパターンです。

こうやって僕は日々自分の自信をなくすことばっか繰り返してたのでどん底まで落ちてしまいました。

今僕がうまくいってるのは「記事を書くこと」に専念してるからだと思います。

さっきの「通うカフェを決める」と同じように何をやるかを迷ってる時点でダメなんですよね。

計画はある程度立てて、あとは行動する。
行動はホントにシンプルな一つの行動にする。

それを続ける。

もし近い将来、また僕が行動できなくなったらまずこっから始めます。

ただでさえ、普通の意志力を持った人でも同時に2つのことをこなすのは大変。
じゃあ僕ができるはずないよねと。
自分の可能性を信じるのはアリだけど、おれはなんでもできる!って楽観視するのはナシ。

まずは1つのことを始める。

それを3週間続ける。

MacBook12インチを買った

これはマジで大きい。
まだ届いて3日ぐらいだけど、明らかに生産性が変わりました。

もうね、記事を書くのが楽しい。
楽しすぎる。

早く触りたい。
仕事をやめて1日10時間ぐらい触りたい。

そう思える端末ってそうそうない。

iMacもMacBook ProもiPadも使ったことがあるけど、どれもこのワクワク感はなかった。

MacBookに対する想いはまた別記事を読んで頂ければ幸いです。

SONYのノイズキャンセリングヘッドホンを買った

MacBookとの最強コンボ。
ノイズキャンセリングは初めてだったんでこれで集中力が買えるのか?と半信半疑だったけど今んとこ買って大正解。

僕は作業の9割を外でやるのでいつもAirPodsをしながら作業してたんですが、このWH-1000XM3を使ってからさらに仕事への没入感が増した。

カフェにいる女の子が(あまり)気にならなくなった。

人間はこんなにも周りの音に邪魔されてたんだって気付いた一品。

ノートに悩み、不安、やることなどを書いた

僕が最近、どん底から救ってくれた本。
古川武士氏の【書く習慣】

悩みノートに書くだけでホントに心が軽くなった。

なんかモヤモヤしてて、何をしていいかわからなくて、でもやんなきゃいけないことはわかってて、でもやりたくなくて、

そんな時にこの本を読んで、カフェでノートに悩み書いてたらだんだん気分が晴れてきました。

ノートに書くことによって【あ、おれの悩みってこんだけなんだ】と見える化できるんです。

この本には他にもいろんなノウハウが載ってますが、これだけでも十分買う価値ありでした。

毎日報告できる友達を作った

個人でやるインターネットビジネスってどうしても孤独になりがちなんですよね。

僕はどっちかっていうと孤独には強いんですが、記事を書いた時のやりがい、目標を達成した時の達成感を誰かと共有したいなとは思います。

でもネットビジネスの話って普通の人からすると怪しいことやってると言われてなかなか言えないんですよね。

僕は幸い、地元の同級生がこういうビジネスに興味を持ってくれて一緒に毎日やることを報告しあっています。

いい意味でお互いがお互いを管理してるのでダラダラせずに作業できる環境を築けています。

めんどくさいことが出てきてもちょっとだけ(30分だけ)頑張るように考え方を変えた

なんか原始的過ぎて「は?」って感じだけど、僕はちょっとやそっとのことでめちゃくちゃ萎えていた

凹むのが早い、諦めるのが早い、だから続かない

これ100%結果が出ない人の考え方。

目の前に困難があると「乗り越える」という選択肢は皆無になる。

でも最近は「ちょっとだけ」頑張るようにした。

例えば昨日はせっかく早起きしてカフェに行ったのにMacが立ち上がらなくなった。
前のおれなら怒り狂い、萎えて、どうにでもなれとスマホで将棋アプリをやりまくったかもしれない。

そしてそのまま朝カフェに行くという良い習慣が消えてた可能性だってある。

でも昨日は一度冷静になって、Macの回復に努めた。
よくよく考えてみるとめんどくさいことって30分もかからずに解決できることが多々ある。
でもその30分をめんどくさく感じて2時間も3時間も、ひどいときは数ヶ月先延ばしにするのが以前までの僕だった。

結果的にMacは初期化することになったけど、初期化してる間僕はスマホで記事作成を行った。

「うおおお、おれ変わり始めてるじゃん!!」と自分の成長を感じながら記事を書いていた。

多分こうやって「ちょっとだけ頑張る」をちょっとずつ積み重ねていけば次のステージに行けるんだろうな

まとめ

この記事は僕のノウハウが貯まっていけばどんどん追記していきたい。
僕の本当に役に立ったノウハウはきっと近い将来の自分にも、僕と似た境遇の人にもきっと役に立つだろうから。

そしてできればそれをKindle本としてまとめて出版したいなと思う。

今(2018年11月時点)では行動を”始めただけ”に過ぎない。
それをどう継続するか?立ち直るか?増やすか?を実践して検証していきたいと思う。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です