【カバン探しの旅①】最高のリュックの条件とは?

究極のカバン探し1

ども、sioです。

最近、仕事道具をブラッシュアップして仕事環境が良くなってきました。

・ノイズキャンセリングヘッドホン(WH-1000XM3)

・MacBook(12インチ)

・モバイルバッテリー

さらに集中力を高める食材を持ち歩くようになりました。

・無調整豆乳(200ml)

・ミックスナッツ

できればバナナもバナナケースに入れて持ち運びたいぐらいなんですが、
だんだんとカバンの中身も膨れてきました。

それを機に、今使っているMOLESKINEのバックパックから他のリュックに乗り換えたいなという欲求が湧いてきました。

この記事では、どんなリュックを買えば満足度が高まるのか条件を考えてみました。

絶対条件

デザイン、おしゃれ、見た目

まずはやっぱりココ。

とにかく見た目。
とにかくカッコよく見えたい。
そういう意味で言うとMOLESKINEのバックパックは現状1位。
黒で、革(合皮)で、渋い。

フォーマルにもカジュアルにも合う。

ただ、こういうデザインのバックパックで機能性が高いリュックはまだないと思う。

なので今よりデザイン性が下がるのは承知の上で、なるべくカッコいいものを選んでいきたい。

ポイントは持ち歩いててテンションが上がるかどうか。

サイドポケット(または背面ポケット)

リュックの弱点を帳消しにしてくれるサイドポケット。
リュックの弱点=すぐにモノを取り出せないこと。

せめて財布、カギ、スマホぐらいは取り出したいところ。

結構有名メーカーのリュックでもこのサイドポケットがないモデルは多いんで優先度を高めて探していきたい。

軽く感じる構造

リュックの強みは荷物が軽く感じること。

それを感じるためには

・荷物の重心が高め
・チェストストラップあり
・肩、背中、腰全体で重さを分散させる構造

これらが大事。

ただリュックであれば良いってもんじゃない。

普通のリュックだと両肩に重さ10割の負担が行くから長時間歩いていると肩がしんどくなってくる。

これを感じないような作りのリュックじゃないと嫌だ。

コンパクト(13インチ)

僕はMacBook(12インチ)を使ってるので、できれば12インチちょうどの大きさが良いけど、その規格のバックパックはほぼない。

なので13インチが絶対条件。

15インチ用のリュックは隙間がありすぎて無駄にモノを入れてしまったり、
中で荷物が揺れて疲れの原因にもなる。

蒸れない&疲れない背中パッド

リュックのもう一つの弱点としては夏に背中が蒸れること。
これを軽減してくれるような背中パッドがいい。

今のMOLESKINEバックパックは背中パッドが皆無なので、
背中でMacBookを感じてしまう。

これが意外と違和感があって、背中パッドって重要なんだなと思い知らされる。

PC用のスペース

リュックで歩く=MacBookを持ち歩くは絶対だと思うので、
これは必須。

重複するけど、荷物が揺れない=疲れないなので、
このスペースがいかにタイトかが大事。

あったら良い機能

防水

僕はめんどくさがりで、少々の雨では傘は差さない。
なので濡れても平気な素材、ジッパーだと良いな。

小物ポケット

今は縦型のバッグインバッグを入れて対処してるけど、カバンの中の小物に困っている。

ペン、メモ帳、名刺入れ、AirPods、Wi-Fiルーター、
目薬、リップ、メガネ拭き、その他諸々。

重くはないけどかさばる荷物を入れられるポケットが豊富だと良いな。

ペットボトルor折り畳み傘ポケット

このポケットがあるとカバンの中が散らからなくて済む。
荷物も揺れないので疲れない。

できればこれもほしいな。

次回:候補のリュックを挙げてみる

よし、これで条件は明確になりました。

一言で言うと

「テンションが上がって、機能性の高いリュック」

これに叶いそうなリュックはどれなのか?

次の記事で候補となるリュックを挙げていきたいと思います。

ではでは。

【カバン探しの旅②】最高のリュックになる候補を5つ挙げてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です