減点法→加点法で完璧主義を脱出するススメ

ども、sioです。

僕はめちゃくちゃ完璧主義で、理想を追い求めすぎて結局は行動できないというジレンマに陥るタイプです。

例えばアフィリエイトでいうと「アクセスを集める記事の書き方」という記事を書こうとすると100点の記事を書こうとしすぎていろいろ悩み、リサーチして100点目指すけど結局「うーん、これ誰かが書いた記事と同じやーん」となって書く気が失せるんですよね。

僕はこんなことを数年間繰り返してきたから未だにアフィリエイトでも結果が出ていない。

やっぱり絶対的に必要なのは「行動」で、その行動をするために完璧主義という考え方を捨てなきゃならんのですよね。

で、この完璧主義を脱するためには減点法から加点法に考え方を切り替えるべきだと僕は思います。

この世に完璧なモノ・人など1つもない

もうこの見出しがすべてを語ってるんですが、どんなに素晴らしいものだって完璧ではないんですよね。

僕が素晴らしいと思う周りの人やモノを考えてみても何一つ完璧なものなんてないんですよね。

例えばAppleのiPhone。

iPhoneは完成度がかなり高くて、だからあんなに売れています。

デザイン、使いやすさ、Apple製品との連携機能などめちゃくちゃ気に入ってます。

じゃあ悪いところはないのか?っていうと全然あります。

価格は決して安いとは言えないし、
4インチのiPhoneも需要があるのにディスプレイはどんどん大きくなるばかり。
iOSはアップデート直後ちょくちょく問題も起きたりします。

人でもそうですよね。

僕の同僚ではどんな可愛い子を見ても

「あいつ性格悪そう」
「胸が小さいな」
「どうせヤリ○ンだろ」

と卑下するヤツもいます。

お前はどうなんだよwとツッコミたくなります。

減点法では幸せになれない

減点法は100点からどんどんと点数を引いていく。
つまり悪いところにしか目をやれないんです。

負のものを見て、負の感情ばかり抱く。
僕はこれを繰り返してきたからずっと行動できなかったし、
行動が続かなかった。

僕は変に自分に自信を持ってるタイプなんで、
他の人より多少できて当然だと思ってました。

だから自分ができなかった分がっかりするし、
自信を失って、自分をまた傷つけないためにその行動を避ける。

それを数年繰り返してきたからさらに行動ができなくなってきてしまいました。

減点法のメリット:自分を守る

大げさな話をすると、人間にとって「安全に生きること」が至上命題になります。
狩猟民族なら死なないこと。
現代人なら社会的に死なないこと。

他人からバカにされないように、
みんなと協調して安全に生きる。

人は常にプラスな面よりもマイナスな面に注意が行きます。
死なないためにです。

減点法も同じで、自分をリスクから身を守るためにマイナス面を考慮します。

僕がアフィリエイトで作業できないのも減点法で無駄な労力を使わないためです。

でも今の僕は加点法で考えて行動するべきなんですよね。

完璧な記事を書けなくても、70点の記事を書いてアクセスを集めるべきなんですよね。

加点法は100点を超える

そもそもプロでもない僕が減点法で考えるなんて間違いなんですよね。
この記事も確実に100点ではないです。

でも少なくとも完璧主義で苦しんでいた昔の僕が読んだら確実に役に立つはずです。

それだけで10点、20点、30点?の価値はあるはず。
そしたらあとはその低い点数を積み重ねていけばいいだけなんですよね。

とくにアフィリエイトなんかそうで、渾身の1記事でアクセスを稼ぐタイプの人もいますが、70点の記事を積み重ねて、成功しているタイプの方が圧倒的に多いんですよね。

結論:加点法で70点の記事を積み重ねていこう

実はこの記事を書く直前まで僕は減点法で考えていました笑

「Aの記事を書いてないのにBの記事を書くのはどうなんだ」

「○○のアプリの使い方なんて記事世の中に溢れてるから書く必要ないんじゃねぇか」

僕はブログ記事を書こうとするといつもこの思考に邪魔されていました。

それは「自分の理想ー現在の自分=めっちゃ遠い」という方程式をイメージしてたからです。減点法で。

ではなく、加点法で今こうやって記事を書いてるように70点の記事を目指して書く。
書き続ける。
アフィリエイトなんて明日や明後日ですぐに結果が出るものじゃないんです。

3ヶ月で結果が出る人もいるけど、それは結局行動の積み重ねとマーケティングがあってこそ。

今僕がやるべきは、70点のコンテンツを作りまくって、それをマーケティング思考で並び替えたり、修正したりする。

それが今の答えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です