MacBook(12インチ)にスリーブケースは必要なのか?

ども、sioです。
MacBook(12インチ)が届くまであと1週間、、、
楽しみすぎてMacBookのことしか考えられなくなってきました。

で、今回はスリーブケースの是非について書いていこうと思います。

これからガシガシ外で使っていくであろうMacBookちゃん。
こいつを大事にスリーブケースに入れるべきなのか?

それとも今まで通りリュックのバッグインバッグに突っ込んで使うべきか、、、

これはただの物欲なのか?
物欲ならそれでいいけど、納得をする買い物をするために、
無駄なものを買わないために今回はスリーブケースを持つべきか否かについて考えてみようと思います。

そもそもスリーブケースは必要なのか?

まずは合理的な面で考えてみます。

パッと思い浮かぶ必要性としては
・外部の衝撃から守る
・カバンの中のモノとの傷を防ぐ
…思い浮かぶのはこれぐらい。
どちらもシェルカバー付けたら良くね?って一瞬思ったけど、常にシェルカバーを着けてるMacBookなんて美しくない。

使うときには裸で。
持ち運ぶ時にスリーブケースで。

これを実現させるのがスリーブケースなのかなと感じた。

マット代わりに使うという発想

僕の知らない用途・メリットがあるかもしれないと「MacBook スリーブケース 必要」でググりました。

やはり衝撃や傷から守るっていう目的がほとんどのようです。
ま、それで十分っちゃ十分なのか。

僕の知らない使い方としては「MacBookのマット代わりに使う」ということ。
要するに下敷き。

こうすることによってタイピングの打ち心地が良くなったり、
テーブルが万が一汚れていてもMacBookは汚れないとか。

ちょっとニッチな需要な気もするけど、実際にそういう使い方をしている人を見るとちょっと魅力的だなとも思う。

スリーブケースを持つことでのデメリットは?
僕が思う1番のデメリットはサッと取り出せないということ。
僕がMacBook(12インチ)を選ぶ大きな理由の1つに軽いということがある。

軽い

すぐに取り出せる(取り出せる気になれる)

すぐに作業ができる

いつでもどこでもコンテンツを生み出せる

結果的に収益が増える

という理由から1番軽いMacBook(12インチ)を選びました。

それなのにスリーブケースをかますことで1工程増える。
これだけでも「なんかめんどくさいな」とMacBookを取り出す機会が減るのが怖いなってのはあります。

やはり感情面でのメリットに重きを置きたい

ただ、僕は合理性よりも感情的な部分でモノを選んだ方が結局は合理的かもしれないということがわかってきた。

実際に今は好きなMacBook(12インチ)のことについて書いているからこれだけ記事が書けている。

いかにもアフィリエイターな記事だとなかなか気が進まないということもわかってきた。

となるとスリーブケースも感情で選びたい。
欲しいか、欲しくないか、
ワクワクするのか?
楽しいのか?

その切り口からもスリーブケースの是非を考えてみます。

シンプルにカッコいい

理由がすでにダサいけど、やっぱ革のスリーブケースに入ってた方がカッコいい。
僕はMOLESKINEの黒のリュックを使ってるんですが、そこから黒革のスリーブケース出てきたらまぁカッコいいよなと。

今のバッグインバッグにはなんか入れたくない

今はリヒトラブの縦型バッグインバッグにiPadとMagic Keyboardを入れて持ち歩いています。
これは小ポケットも付いていて便利っちゃ便利なんだけど、ポケットが多いゆえに荷物を入れすぎてしまう。
ホントに必要最低限にモノを持ち歩こうと思うとスッキリとしたPCケースと必要なものだけ入れるバッグインバッグがいいのかなと思ったり。

あとは単純にこのバッグインバッグにMacBookを入れたくないっていう気持ちの方が強いです。

よし、とりあえず買おうw

若干頭の悪い決断になりましたが、とりあえず欲しいから買おう!と決めました。
もし不要なら早めにメルカリで売ればそれほど損も出ないですし。

じゃあどのスリーブケースを買うのか?

で、次の課題はどのスリーブケースがいいのか?って話。
これは次の記事で書いていきたいと思います。

MacBook(12インチ)にベストなスリーブケースはどれだ?

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です