MacBook(12インチ)を10日間使って感じた唯一のデメリット

ども、sioです。

僕は積年の思いを遂げて、今MacBook(12インチ)を相棒として毎日のように使っています。

最近、昼の仕事が忙しすぎてそんなに使えてないんですが、それでも以前より段違いに業務効率は上がったし、持ち運びは楽だし、最高の相棒となってるんですが、今、唯一デメリットを感じています。

画面がバインバインする問題

なんというか、こう…画面がバインバインするんですよね。

ディスプレイとヒンジ部分がゆるいのか?

MacBookを前後に動かすとディスプレイがバインバインするんですよね。

グラグラというか、ボヨヨ~ンというか、まぁバインバインが1番適切かもです。

僕は姿勢が良くないので、ちょいちょい姿勢に合わせてMacBookを動かします。
このときに画面がバインバインするので、ディスプレイが反射したりするのがうざいなーというぐらい。

懸念してたデメリットは今んとこ杞憂に終わってます

CPU、スペック問題

まずMacBook(12インチ)の1番の懸念点と言えばスペック。
CPU。

まだまだヘビーな作業をしていないのもありますが、作業がもたつくということは皆無。

メモリ16GBにした影響はかなり大きいようです。

画面小さい問題

画面の小ささも問題ないです。

なぜみんなiPadの12.9インチは大きいとか言うのに、MacBook(12インチ)は小さいっていうんでしょう。

僕はMacBook(12インチ)で洋画もYouTubeも見てますが、十分過ぎます。

女の子と映画を見るには小さいですけど、一人で動画を楽しむ分には十分。

キーボード打ちにくい問題

HHKBを一度使った僕からしたら確かにHHKBの方がうち心地は良い。

でもHHKBと比べるのはちょっと酷かなと。

むしろMacBook(12インチ)のキーボードは、これはこれでパタパタ感が好きですし、仮に今HHKBを持ってたとしても持ち歩くかどうかは微妙です。

重さは500gあるし、カバンにはノイズキャンセリングヘッドホンも入ってるんで、MacBook(12インチ)を買った意味があんまなくなるかなと。

MacBook(12インチ)はやっぱり2018年11月現在最高のモバイル機

マジで、なぜみんなMacBook Air(2018)に飛びつくのかわからない。

だって現行機種で1番軽いし、フルサイズキーボードだし、フォトショとか使わない人にとってはスペックも不足なし。

いや、むしろ流行ってないのを喜ぶべきか。

みんなカフェで12インチ持ってたら嫌だもんな。
Mac持ってない人から見たら全部一緒かもだけど、MacBook AirとかMacBook Pro持ってる人からすると「あれ?なんか小さくね?」って確実になる。

もちろん用途によるけど、ほとんどの人はMacBook Proが、持ち運びが多くて画像処理をしない人は絶対にMacBook(12インチ)がいい。

また引き続き使っていきながらデメリットを感じたら記事を書いていきたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です