新型Macbook Air(2018)vs Macbook(12インチ)100%納得できる選び方

ども、sioです。

先日、Appleの新製品発表会がありましたね。

僕の狙いは新型のMacBookでした。

しかし、結果はMacBook Airのアップデートでした。
僕はAppleの発表会を初めてリアルタイムで観ましたが、正直微妙でしたw

MacBookという低機能ながら重さは1kgを切る機種だったので、その進化を楽しみにしていたからです。

でも蓋を開けてみれば1.25kg。
ガッカリしたというのが正直なところです。

でも、今外での運用がiPad+Magic Keyboardの僕にとってはこの発表会で出たノートブックを買おうと決めていました。

でも、なぜか心がドキドキしない。
新型のMacBook Airは本当にいいのか?

おれはこの機種を得て幸せになれるのか?

自分の中では

「MacBookを買った方がいいんじゃないか?」
「いや、むしろMacBook Proか?」

その迷いを書きながら断ち切ろうとこの記事を書くことに決めました。

果たして新型MacBook Air(2018)は買いなのか?

この記事ではMacBook Air、MacBook、MacBook Proを比較しながらどれを買うかを決めていきたいと思います。

まずは僕がまとめたスペック比較表をご覧ください。

左からMacBook Air、MacBook、MacBook Proです。
では順に見ていきましょう。

その前に大前提を共有。

僕がMacを使う場面としては

・ブログ記事の作成

・ネットブラウンジング

・YouTube
・Excelでのデータ管理

などが主。

動画編集や画像編集はほとんどしないし、やったとしても年に1、2回。
そんな環境下で選ぶ機種であることをご理解いただきたいです。

ディスプレイは大か小か

大きく違うのは13.3インチか、12インチかという違い。

僕はどちらも使ったことがあるけど、12インチでも迫力ある動画を楽しめました。

廃人になるまで海外ドラマの24を見たのを覚えてます。

やはりディスプレイが小さければその分重さも大きさも軽くなります。

めっちゃ当たり前だけど。

じゃあ逆にディスプレイが大きいメリットは?

僕が思うのは目と肩が疲れにくいということが1番かなと。

うーん、ここは一長一短で迷うとこです。

重さ:軽さは正義。いや、衝撃。

先に言うと、MacBookの軽さは衝撃だった。
MacBook Proとの差は0.45kg。
これはペットボトル1個分弱の重さ。

あの小さい筐体でこれだけの差があるから違いはかなり感じた。

さらにMacBook Airと比べても0.33kg
350mlのペットボトル1個分、あるいはiPhone7が2個分。

これでもでかい。

MacBookを常用していた時はほんと衝撃の連続だった。
片手でヒョイっと持てるのでいつでも思いついたらメモ帳感覚で使ってた記憶がある。

リュックに入れていた時も「あれ?リュックに入れたっけ?」と何度もカバンの中を確認するなんてこともよくあった。

軽さは正義。
どっかで聞いたことあるけど、Macをビジネスで使う僕にとっては最重要な項目の1つだ。

たしかにMacBook Airの1.25kgもかなり軽いんだろうが、
もう0.92kgの世界を知ってる僕はきっと衝撃を受けないんだろうな。。。

CPUは高ければ高いほど良い!は固定概念??

僕は昔から反射神経的にCPUは高い方がいいと思い込んでいた。
でもいろんな記事を見ていくうちにCore i7はオーバースペックという記事をよく見るようになった。

たしかに、よくよく考えてみれば動画編集も画像編集もしない僕には最高レベルのCPUなんて必要ないのかもしれない。

そう思うとMacBookのCore M3でもいいんじゃないかと思えてきた。

さらに、MacBookのCore M3はベンチマーク(CPUの戦闘力みたいなやつ)でも2016年モデルのCore i7よりもいい数字を叩き出したというブログ記事も見かけた。

正直使ってみないとわからないとこだけど、テキスト中心の僕の場合、CPUよりもメモリやストレージの方を気にした方がいいのかもしれない。

キーボード:バタフライキーボード第3世代はどのくらい違うのか?

なにかと評判の悪かったバタフライキーボード。
あのペチペチとした打ち心地、僕は好きだったんだけどな。

第2世代に不満はなかったものの、あれだけ世間で酷評されているとMacBookのキーボードに引け目を感じてしまう。

キーボードは本当に触ってみないとわからないし、長い間使ってこそ良し悪しを感じてくるのでスペックだけでは決められない。

バッテリー:12時間vs10時間

MacBook Airは12時間、MacBookは10時間。

長いにこしたことないけど、10時間でも十分1日中使える。

まぁ許容範囲かな。

USB-C:2基vs1基

僕は外部ディスプレイにつなぐ予定もないし、メモリカードを読み込んだりもしないので多分困るのはiPhoneを同期しながら、MacBookを充電したいときぐらい。

まぁ多い方がいいんだろうが。

Touch ID:果たしてどのくらいラクなんだろうか?

僕はiPhone7にしてTouch IDのすごさを感じた。

ほぼホームボタンを押すのと同時にロック解除ができる。
めんどくさがりでiPhone SE時代にはロックをかけなかった僕も今ではロックをかけている。

が、果たしてMacになった時にロック解除がないのってどのくらいラクなんだろう?

僕は複雑かつ打ちやすいパスワードにしているので多少はラクになると思うのだが、果たしてどのくらいなんだろう。

1Passwordも使っているので恩恵は受けれるとは思うんだけど、、、、
要素としては優先順位は低めかな。

価格:新品MacBook Air vs 中古も選べるMacBook

できればお金は気にしたくない。
納得のいく機種、納得のいくスペックでMacを使いたい。
でも、やはりお金の問題は重くのしかかってくる。

新品で両方を買った場合、僕の求めるスペックだと

MacBook Air→193,000円。
MacBook→178,000円。

ちょうど15,000円の差。

12分割して買うなら1ヶ月役1000円の差。

それならお金の面に目をつぶって選びたい。

しかし、ここで新たな選択肢が。

それが中古。

MacBookは今、中古で買うこともできる。

スペックを選ばなければ10万円で買える。

ぐわああああ、また迷わせるなあああ

僕がMacBook Proを選ばない理由

さてさて、ここまで見ていただいて気づいたかもしれないけど、
僕はMacBook Proは眼中にない。
なぜ比較したんだ?ってぐらいノータッチ。

理由としては、直前までMacBook Proを使ってたってのもあるけど、
なぜかMacBook Proには心踊らない。

もうこれだけで買わない理由になる。

どうしてもMacBook Proは
・万能
・無難
・コスパがいい
・迷ったらコレ

みたいなイメージがあって、なんだか「おもしろくない」

もっと言うと使ってて楽しそうじゃない。

そういった理由で、僕はMacBook Proという選択肢を早い段階で削除した。

僕がMacBook Airを買いたい理由

じゃあ逆にそれぞれの買いたい理由を考えてみよう。

最新のものを使いたい

やっぱりApple好きは新しもの好き。
以前からあったMacBookを選ぶことは、この数ヶ月間待った自分を否定するようで素直に選べない。

きっとMacBook Airが手元に来れば愛せるはず。

Touch ID を使いたい

やっぱりアップル好きとしては最新のテクノロジーを味わいたい。
どのくらい便利なのか。

もしかしたら衝撃を受けるくらいのラクさなのかもしれない。

未知のものには人間惹かれてしまう。

そんな未知の可能性がTouch IDにはあるんじゃないだろうか。

メインとして使える

CPUのスペック的にはCore i5とこれをメインにしてもいいレベルのスペック。
ミニマリストぶりたい今日この頃なのでこれを買ってiMacを売ろうかななんてのも考えている。

ただ、これを理由に選んだらMacBook Proを選ぶのと一緒じゃないか!

こんな理由で僕は愛機を選びたくない!!

僕がMacBookを買いたい理由

お次はMacBook。
実は以前にMacBookは持っていたけど金銭的な理由で手放してしまった。

今MacBookを買うという決断は元カノとヨリを戻すみたいな感じになっちゃって、
なんか人生として進んでないというか、この数年間を否定するというか、なんか変なプライドが邪魔してますw

そんな中で僕がMacBookを買いたい理由は。。。

シンプルに好きだった。楽しかった。愛せていたw

愛せていたとかキモいのはわかってるし、あんま言わないタイプなんだけどMacBookが1番印象に残っている。

ホント彼女に例えるとわかりやすいんだけど、付き合った期間は短かったけどめっちゃ印象に残ってるみたいなやーつ。

なんでおれあの時別れたんだろ(売っちゃったんだろ)的な後悔。
きっと女の人ならもう元には戻らない。
でもMacBookなら戻れる。

ヨリを戻せる。

そう、お金があればね。

衝撃の軽さを味わいたい。もう一度。

あの感覚を、もう一度。

いつでもどこでもメンタルブロックゼロで持ち運べる。

常に持ち歩いていって、思い立ったらコンテンツを作れる。

そんな環境になれば今よりもっともっとコンテンツを作ることができる。

より安くで買えるかもしれない

さっきも書いた通りMacBookは中古で買える。

必須条件のメモリ16GBというモデルがなかなかないんだけど、希望の機種が状態よくあればすぐにでも買ってしまうかも。

昔好きだった女 vs 可能性未知数の美女

僕はどっちのMacBookを買うかという記事を書いていて、こんな結論にたどり着くとは思わなかった。
おれは恋愛をしていたんだ。

付き合う女を選んでいたんだ。

そりゃ迷うわ。

今までの文章を読んでて、僕の心はほぼほぼMacBookに決まっているような気がする。

楽しかった思い出と実績が約束されている。

でも問題なのはMacBook Airの可能性が未知数だということ。

まだ会ったこともない女は過去の女よりもっと好きになれるかもしれない。
でも1ヶ月で別れるかもしれない。

結局人生なんて行動してみないとわからない。

蓋を開けてみなきゃわからない。

結論:もう少し時間をくれ

僕は今、両手に花の状態。

どちらも選べる。

きっとどちらを選んでも明るい未来は来るだろう。

完璧主義ゆえに悩み過ぎてしまう。

だからもう少し時間をください。

こういうのはあんまり時間をかけても意味ないので明日あさってには決めよう。

また記事にします。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です