メルカリで断捨離する上での僕の6つのルール

メルカリで断捨離する上での僕の6つのルール

ども、sioです。

僕はミニマリスト志向であり、でもモノを買うのも好きなんで、減っては増えてを繰り返しながら自分の身の回りのモノをブラッシュアップさせています。

そんな中で欠かせないのがメルカリ・ラクマなどのフリマアプリ。
これらがあるからこそ低リスクで高価なモノを買って試せるし、ダメなら高値で売ってまた違うものを買えます。

そんな、メルカリを活用しながら断捨離をする上での僕のルールをこの記事ではお伝えしていきます。

販売金額-販売手数料-送料=1000円未満なら売らない

これ洋服とかにありがちなんですが、僕は1000円未満の利益しか得られないなら売りません。

いらない服が500円で売れたらラッキーという考え方もありますが、1つのモノを売るまで結構な時間&労力のコストがかかってます。

・出品作業
・購入希望者とのやり取り
・商品の梱包
・商品の発送

ここまでの時間で確実に1時間以上はかかります。
500円で売れたとしても1時間かかったら時給500円、
それはコスパが悪すぎます。

対策としては僕は「まとめ売り」をします。

1000円のシャツ3枚セットで3000円など。
結構まとめ売りというキーワードで探す方はいるので、これで効率よく断捨離もできます。

10000円以上のモノはしっかり事前リサーチをして適正価格を知る

例えばiPhoneやiPadなどの高値で売れるものはしっかりリサーチをするのが大事です。

自分と同スペックのものだといくらぐらいで売れてるのか?
いくらだと反応がないのか?

適正価格を知ることで損をせずに断捨離することができます。

急いで売らない

あと1週間で引っ越ししなきゃならないという状況ならともかく、
基本的に急いで売る理由がないなら、適正価格で反応があるまで待つべきです。

僕も先日iPadを出品しました。

絶対に反応があるはずなのに、なかなかコメントが来ませんでした。
ここで前の僕なら焦って値下げとかしてたんですが、しっかり適正価格をリサーチしていれば焦らずどっしり構えて待てばOKです。

実際僕が出したiPadは中古で買った時よりも高く売れました。

最低いくらで売れたら納得できるか?を考えて出品する

僕は1回だけ後悔したやり取りがあります。
割と気に入ってたダッフルコートを安値で売ってしまったんです。

あのときはとりあえず売れればいいやというスタンスでやってましたが、実際値引いたあとの金額は5000円ぐらいでした。

あのコートを5000円で譲ったと思うともったいなくて自分が馬鹿だと思いました。

まずはそのモノを手放すことと、○○円で売れたときのことをイメージして、自分が納得できるかを考えてから出品することが大事だと思います。

高額なモノほどラクマで売る

これも大事です。

僕で言えばMacBookとかはラクマで売りました。

理由は手数料です。

メルカリは10%、ラクマは3%です。

例えばMacBookを10万円で売るとしたら

メルカリは10000円、ラクマは3000円、これだけで7000円の利益が跳ね返ってきます。

なので価格設定は7000円分損しないようにメルカリでは高めで出して、他フリマサイトでも出品してることをさりげなく匂わせます。

高値で買う方はラクマも見ることが多いので。

ブランドのあるモノは積極的に試す

これはどっちかというとモノの買い方ですが、メルカリではブランドのあるものはある程度高値で売れるので試したいモノはバンバン試します。

ブランドと言ってもシャネルやGUCCIだけでなく、
Apple製品やSONYの製品などもブランドです。

今まで試したブランド製品は

・iPhone
・iPad

・HHKB(高級キーボード)

・SONYのノイズキャンセリングヘッドホン

などなど。

SONYのノイズキャンセリングヘッドホンは35000円ぐらいしたんですが「ダメだったら売ればいいや」精神で試しに買ってみたらめっちゃ良かったんで売らずにいつも持ち歩いていますw

メルカリで断捨離すれば生活の質はどんどん向上していく

結論ですが、メルカリ最高です。

メルカリがあることによっていろんなモノを試せるし、もしダメでも売ってまた別の物に投資できる。

そして生活の質は向上していって、楽しくなるという。。。

やっぱり世の中を良くしていくサービスは儲かるんですね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です