モバイルバッテリー最大のデメリットを解決した◯◯はノマド必携アイテム

ども、sioです。

僕は今までちょいちょいモバイルバッテリーを買い替えていますが、事あるごとに使わなくなりました。

その最大の理由は充電がめんどくさいから

もうこれに尽きます。

根っからのめんどくさがり屋であり、忘れん坊の僕がこまめにモバイルバッテリーなんか充電できません。

「モバイルバッテリーを持ち歩かない!」と決めてからは、iphoneのバッテリーをなるべく使わないように節電することに集中していました。

でもそれって本末転倒。

仕事を効率化するため、生活を楽しむためのiphoneを使わないことに労力を注ぐのは「違うな」と。

で、そんな僕を救ってくれたのがこれ。

Ankerの「Power Core Fusion 5000」でした。

コンセントが付いた”だけで”こんなに便利とは。。。

買ったきっかけは僕が愛読してるブロガーさんが紹介してたからです。

これが何個目になるでしょうか、魅力的なモバイルバッテリーを見ると買っては飽き、買っては飽きと繰り返してきた僕はまた性懲りもなくモバイルバッテリーを買ってしまいました。

買った時は「便利そうだな〜」ぐらいのノリでしたが、家に届いて実際に使ってみたらその便利さにビビりました。

USBケーブル+電源アダプターがないだけ。それがこんなにラクとは。

このモバイルバッテリーは普通のモバイルバッテリーの機能+コンセントに直接ぶっ差せる。ただそれだけの違いです。

たったそれだけなのに僕は充電忘れがなくなりました。

普通のモバイルバッテリーだとモバイルバッテリーとコンセントの間にUSBケーブル+電源アダプターが存在します。

要はこの「USBケーブル+電源アダプター」がいらなくなっただけです。

モノの減少で部屋もスッキリ。作業もはかどる。

さらにうれしい副作用としては部屋がスッキリしたこと。

僕の机まわりは少なくともMacBook、iphone、ポケットWi-Fiと3つの充電が必要なメカ達がいます。

そいつらの充電ケーブルが全部机の上に見えるとごちゃごちゃして思考領域まで奪われてしまいます。

で、このモバイルバッテリーを導入するだけでほんの少しですが、机の上がスッキリしました。

視界もスッキリして、脳に入ってくる雑情報が少なくなった分クリエイティブになりました。(気がします)

持ってく時はカバンに放り込むだけ

僕はモバイルバッテリーを毎日持ち歩いてるわけではないです。

その日の予定的に「今日は充電なくなりそうだ」と思う時だけモバイルバッテリーを持ち歩いてました。

いつも使わないから充電忘れがあったとも言えますね。

でもこれなら持っていきたい時はコンセントからぶち抜いて、コード付けたまんまカバンに放り込むってスタイルがめんどくさがり屋の僕にとってはめちゃくちゃラクでありがたいです。

出先でも給電&充電ができるって安心感ハンパない

忘れがち(?)ですが、モバイルバッテリーって無限ではないです。

外持ってって、充電してたらそりゃ力尽きるわけです。

で、普通のモバイルバッテリーなら電源アダプター+USBケーブルがないと給電できません。

でもこれなら出先にコンセントさえあればすぐに給電&充電ができてしまう。

これがハンパなく便利。

会社でもカフェでもモバイルバッテリーを給電できるから電気的には永遠に生きていけそうです。

出張の荷物が激減。マジでありがとう。

まだまだ続きます。

僕はプライベートでは旅行が好きですし、仕事で出張に行くこともちょいちょいあります。

そんな時、このモバイルバッテリーがあればモバイル系の充電は完璧。

何回も言ってますがUSB専用の電源アダプターがいらなくなるだけで旅行は気が楽になります。

カバン1個で飛行機に乗りたい僕にとってはホントありがたい。

もちろん、デメリットもあります。

こんだけ絶賛してきましたが、もちろんデメリットもあります。

このへんのデメリットが解決できたらいよいよ最強のモバイルバッテリーとなりそうです。

そりゃデカイ。普通のモバイルバッテリーよりはデカイし重いわ

当たり前の話なんですが、コンセント給電できる分普通のモバイルバッテリーよりはデカイです。

とは言っても手のひらサイズなんでカバンに入れる分にはさほど気にならないです。

ただ、カバンの中身はなるべく薄いに越したことはないんでぜひ薄い新型に期待したいです。

ちなみに重さも今のモバイルバッテリーに比べれば重いですが、これは気になるほどではないです。

なんとか薄さを。小ささを追求してほしいなAnkerさんには。

デカイ故にコンセントの差込口を1つ殺してしまう結果に

これはコンセントの構造にもよりますが、場合によっては差してない方のコンセントの差込口を1つ殺してしまうことになります。

僕のケースでいえばこのモバイルバッテリーを差しながらMacBookの電源アダプターは差さりません。

故に、タコ足配線を使ってコンセントを増やすという上記に書いた「配線がラクになる」というメリットがウソになってしまってます笑

これは痛い。

それでも僕はコンセント付きモバイルバッテリー。これ一択

というわけでAnker「Power Core Fusion 5000」のメリットとデメリットを並べてきました。

今まだモバイルバッテリーを持っていない方、買おうか迷ってる方(というか普通のを持ってる方も)にはぜひ試して欲しい。

持ち運ばない時は急速充電器として。

コンセントから抜けばソッコーモバイルバッテリーに変身するこのモバイルバッテリーの快感をぜひ試して欲しいです。

僕的には価格のもとはとっくに取れたと思ってます。

気になる方はこちらからどうぞ。

ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です