僕がSONYのWH-1000XM3を購入するに至ったまでの思考回路を晒す

ども、sioです。

この土日、AirPods紛失疑惑もあっていろいろとイヤホン・ヘッドホンを探しまくりました。

AirPodsがなくなったかもしれないから他のワイヤレスイヤホンを本気出して探してみた

結果から言えば、AirPodsはなぜか衣類の収納に入っていました。

iPhoneを探すを使っても家になかったんでてっきり外で落としたと思っていたので

「なんでココにあるんだよぉおおおお」

と一瞬呆れながらもこれでもかとAirPodsに頬ずりしてしまいました。(リアルに)

AirPodsのない1日を過ごして、自分がいかにAirPodsに依存して生きていたかを実感しました。

それと同時に湧いたのはノイズキャンセル機能の付いたヘッドホンへの想い(欲望)

一時は本気でAirPodsがなくなったと思っていたので、電気屋で買い換えるつもりで試着しまくりました。

その中で最もノイズキャンセル機能が強烈だったのがSONYのWH-1000XM3

いろいろネットでリサーチしてみましたが、賛否両論の否がないくらいにノイキャン機能は絶賛されていました。

争点はノイズキャンセル機能があれば俺は集中できるのかどうか

僕の人生のテーマは「行動すること」そして「継続すること」
そう胸を張って言えるぐらいに僕は行動ができない。

「きっと普通に行動できていればあれもうまくいっていたし、これもうまくいっていただろうなー」と後悔することが多い。

で、そんな僕が行動するために必要だと思ったアイテムの一つがノイズキャンセル機能付きのヘッドホンだった。

いくらレビューを見てもノイキャンがあれば集中できるかはわからない

ネット上のレビューはノイキャンに絶賛の嵐。

それに伴って定型文のように出てくる「静かだから集中できるようになった」という文字。

確かに集中できるようになるんだろう。

でも…でも…やっぱり自分で使わないとわからない!!

ネット上のレビューはあくまで他人のレビュー。
大いに参考になるけど、自分も同じ結果を得られるかわからない。

今までそれで成功もしてきたし、失敗もしてきた。

でも、結局ここまで欲しくなったら買わずにはいられない。

僕は決まってこういう思考回路になる。

※実際に使った感想はこちらから

ノイズキャンセリングってホントに集中力UPに効果あんのか!?実際買ってみた

 合わなかったら売ればいいんだ

今はありがたいことにメルカリやラクマなどのフリマアプリが充実してる。
僕はヤフオクでモノを売るのはめんどくさいけど、メルカリでは100以上の取引をしてきてる。

売るための心理的ハードルは比較的高い。
しかもWH-1000XM3ならある程度いい状態で売ればまだまだ3万円以上では確実に売れると思った。

よし、買おう。

その時僕の気持ちは決まった。

次回、使用して1時間ほどの即効レビューをどうぞ!

では。

【究極の静寂!?】WH-1000XM3を1時間使ってみた第一次レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です