最高のカバンは?リュック・トート・メッセンジャー…どれを選ぶ?

最高のカバンは?リュック・トート・メッセンジャー

ども、sioです。

僕は無類のリュックオタクです。

今までいろんな種類のカバンを使ってきました。

  • リュック(バックパック)
  • メッセンジャーバッグ
  • サコッシュ
  • ボディバッグ
  • トートバッグ
  • クラッチバッグ
  • ビジネスバッグ
  • ウエストポーチ

まず結論から言うと僕は最強・最高のカバンはリュックだと思ってます。

理由は後述しますが、いろんなカバン、いろんなメーカーを試してたどり着いた結果です。

この記事ではそれぞれのカバンのメリット・デメリットを伝えつつ、どれを選ぶべきかをお伝えしていきます。

メッセンジャーバッグ:片方の肩が痛くなるという唯一にして最大のデメリット

僕が自転車に乗ってた時に憧れたのがこのメッセンジャーバッグでした。

自転車+メッセンジャーバッグなんておしゃれ男子の象徴と思ってましたが、実際に使ってだんだんとデメリットが見えてきました。

メリット

カバンの中身をすぐに取り出せる

メッセンジャーバッグ1番のメリットはこれ。
コンビニで会計をするとき、家に着いて鍵を取り出すとき。
背中からシュルッと全面に回せばすぐに荷物が取り出せるのがいいとこです。

自転車×メッセンジャーバッグがカッコ良すぎる

まさに自転車乗りのためのバッグ。
僕も自転車乗ってた時に一時期メッセンジャーバッグ使ってましたが、それだけで気分が上がるほど最高の組み合わせです。

両手が空く

カバンを選ぶ際にまず決めるべきは両手を空けるかどうかですよね。

両手が空くってことはそれだけでできることが増えます。

デメリット

片方の肩が痛くなる

もうメッセンジャーバッグのデメリットはこれだけ。
僕はMacBookやその他ガジェットを持ち歩くので、確実にカバンの重さは2kgはあります。

それを片側の肩だけに負担をかけるのはかなりキツイです。

姿勢もどんどん悪くなるし、ちょっと僕にはこのデメリットが大き過ぎました。

サコッシュ&ボディバッグ:サブのバッグとして使ってます。

サコッシュ&ボディバッグは一言で言うと「手ぶら以上、リュック未満」

僕はリュックをメインに、そしてサコッシュをサブに使っています。
リュックの短所を補ってくれるサコッシュはサブの一押しです。

メリット

トレンド性がある

サコッシュは2018年現時点では小さめのボディバッグと並んで流行っています。

とりあえずお出かけの際はこれを持ってればいいかなという感じです。

ボディバッグよりもより可愛らしい印象が出ます。

カラーバリエーションが豊富→差し色になる

サコッシュはシンプルなブラックから蛍光色のものまで揃ってるのでいろんな色を楽しめます。

僕は服の色がシンプルなものが多いんで、オレンジのサコッシュを差し色にしたりしてます。

小さい。故に軽い。

やっぱり軽さは正義ってことで、パソコンを持たないでいい日はなるべく荷物を減らしたいんですよね。

かと言って手ぶらだとモノをなくしやすいんで、小さいバッグが1つあると助かります。

デメリット

重いものは入れられない

サコッシュは肩掛けなんで重いものを入れると肩や首が痛くなります。
よって、重いものを持つときは自然とリュックになります。

クラッチバッグ:不便さが逆にかっこいい。だが不便。

メリット

男らしく見える

クラッチバッグはよく街でチャラ男とチャラ男もどきが持ってる印象です。

割とオラオラ系な印象を与えることができるので人によって好き嫌いはあるかもですが、どちらにしても男らしい印象を与えることはできます。

デメリット

片手が埋まる

常に手で持っていないといけないクラッチバッグ。
だからこそカッコいい、おしゃれというのもあるんですが、常に片手が使えないのはめちゃめちゃデカイデメリットです。

例えば洋服を見に言ったときなんかは片手が埋まってるので気に入った洋服を手に取ることさえめんどくさくなります。

ビジネスバッグ:1番ポピュラー。でも1番ナシ。

メリット

ビジネスシーンで使える

当たり前過ぎるんだけど、ビジネスバッグはビジネスシーンで使える。

高機能

ビジネスバッグだけあって、ポケットが多かったり、素材が丈夫だったりする。

デメリット

ダサい

これは完全に個人的な意見だけど、基本ダサい(というか無骨)なものが多い。
革製品ならまだかっこいいけど、使いたいとは思わない。
それは以下の理由があるから。

片手が埋まるor肩掛け

ビジネスバッグはどうしても片手持ちになってしまう。
もしくは肩掛け。

先述したように片手が埋まるのも、片側の肩にかけるのも好きじゃない。

リュック(バックパック):僕のベストな選択肢

冒頭に書いたけど、僕はメインのバッグはリュック一択です。

まずはあえてデメリットを。

デメリット

中のモノがすぐに取り出せない

リュックの最大の弱点はここかなと思います。

財布を取り出すとき、鍵を取り出すとき、その他サッと何かを取り出したいときってリュックはめっちゃ不便。
でも実はこれってリュックによっては解決できる問題なんですよね。

サイドか背中にポケットがあればその問題は解決します。
そこに財布、鍵、スマホとか入れられればこの弱点は消えます。

子供っぽく見えてしまう

ランドセルとかの影響なのか、リュックってなぜか子供っぽく見えてしまいます。
さらにリュックはアウトドアなものも多いので余計にカジュアルに見えたりします。

で、この弱点も僕は解決できると思ってます。

ポイントはリュックの素材を革系を選ぶことによってフォーマルな格好にも似合うようになります。

リュックのメリットは死ぬほどありますが、ここでは特に大きい2つを挙げます。

メリット

荷物が軽く感じる

もうこれ。
これが大きい。

リュックは両肩+背中に重さを分散できるんで、これで軽く感じることができるんですよね。

僕は多分荷物そんなに多くない方なんですが、それでも長時間歩いていると肩が痛くなってくるんですよね。

リュックならこれがどのカバンよりも軽く感じる。

そこが個人的に1番のメリットです。

両手が空く

やっぱ常に両手が空いてるのは正義です。

何か突発的なことが起きても基本手ぶらと同じように対応できます。

買い物したら荷物持てるし、自転車も乗れるし。

結論:リュック最強。今すぐリュック探しの旅に出たい。

冒頭からお伝えしている通り僕はリュックが大好きです。
人生最高のリュックを見つけたい。
ちなみに今はMOLESKINEのクラシックバックパックを使っています。

なぜそちらを選んだかはまた別記事で。

2018年現在最高のカバンはMOLESKINEのバックパック

※結局すぐにリュック探しの旅に出てしまいましたw

【カバン探しの旅①】最高のリュックの条件とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です