冬の朝起きれなかった僕が2秒で起きるためにした8つのこと

冬の朝2秒で起きる

ども、sioです。

僕は現在名古屋に住んでますが、冬は寒い。
沖縄出身の僕にはかなり辛い時期になってきました。

特に朝。
朝の時間を有効活用したい僕にとっては冬の朝をどう過ごすかはこれからの最重要課題です。
朝起きられれば、その日仕事の前に自分のビジネスを成長させられる。
それができればどんどん自信になって、行動は継続できて、結果的に実績が積める。

逆に朝起きられなければ、その日自分のための行動ができず、時間になったら渋々布団から出て会社に行く。
行動できなかった自分を悔いて、自己否定して、セルフイメージ下がって…
あとは負のスパイラルが続くだけ。。。

そんな負のスパイラルに入らないために、この記事ではこれからの季節でやるべきことを挙げていきます。

1つでもあなたのやっていないことがあれば幸いです。

前日の夜編

朝起きるために目覚ましをセットするだけでは僕は冬に布団から出られません。
目覚ましを止めて二度寝するってのがオチです。
前の日にしっかり準備するからこそ、次の日の朝寒くても起きることができます。

翌日着る服を前もってベッドの近くにかけておく

朝起きた時に僕は考えます。
「あぁ…着替えないといけないな」
「でもクローゼットまで行くの寒いな」
「うーん、あと5分寝よ」

まずこの思考に陥らないための準備をします。
次の日着る服が目の前にあれば布団の中で着替えることもできます。

着替えるとある程度防御力が上がってるんで、それだけ布団から出られる可能性が高まります。

暖房をセットする。起きる1時間前から部屋を温める

これはやっている人は多いと思いますが、部屋を温めておくことで確実に布団から出られる確率は高くなります。

もしこれから暖房を買う人は切タイマーはもちろん、入タイマーがあるかは必須項目です。

入タイマーを起きる1時間前に合わせてセットします。
寝る時間が毎日バラバラな人はこのセットが若干手間ですが、わずか1分で終わります。

この1分の手間が、翌日の1時間にも2時間にも響いてきます。

僕自身、忘れがちな項目なんで意識してやりたいところです。

早く寝る!十分寝る!

当たり前すぎて申し訳ないんですが、意外とここが盲点。
暑い寒い関係なく、冬以外で早起きできてない人はそもそも睡眠時間が足りていません。

そしてそれは眠るコツを知らないだけです。

僕自身まったく起きられず、朝活もできずという状況から、今は常に7時前には起きて朝からカフェで作業しまくってます。

眠るコツについては別記事で書きたいと思います。

翌日の朝をイメージして髪を乾かす

これは結構意識してる人いないんじゃないでしょうか。
朝シャン派は特にオススメです。

僕は春夏秋と朝シャン派なんですが、冬起きられない原因の1つとして朝シャンがありました。

起床したら、こう考えます。
「あぁ、とりあえず髪濡らさなきゃ」
「んーでも寒いな。イヤだな」
「よし、一旦10分寝てから考えよう」

これで1時間でも2時間でも二度寝できます。

これが翌日ある程度髪型が整ってる状態だとどうでしょうか?

起床したらまず前日準備した服に着替え、
鏡で髪型をチェックして、いい感じならそのままワックスをつけます。
ちょっと寝癖が着いてたら寝癖直しウォーターをプシュプシュぶっかけて整えてからワックスをつけます。

これをするようになってから朝の準備の時間が劇的に減りました。
マジでこれは「俺ナイス」と言えるやつ。

『朝シャンをしなければならない』という自分なりの常識を打ち破れたときでした。

目覚ましをセットする

基本の基本ですが、これを忘れる時が結構あります。
とりあえずiPhoneで毎日の起きたい時間に繰り返し設定しておくのがおすすめです。

ポイントは10分ごととか、15分ごとにセットしないことです。
10分後にまた違うアラームが鳴るとわかっていると朝起きた時に二度寝しやすくなります。

ある程度起きた瞬間に「起きなきゃ」と良い緊張感を保つためにもアラームのセットはできるだけ少なくしましょう。

光の目覚ましで起きる

これはできれば導入してほしいんですが、あらかじめ起きる30分前からだんだんと明るくなる目覚ましがあります。
人間はもともと音ではなく、光で朝を感じて起きていたので、この方法で起きるのがベストです。
段違いに気持ちよく起きられます。
この目覚ましについても別記事で書いていきたいと思います。

↓これ、僕公式サイトから買ってしまったんですが、Amazonで定価の半額以下になってて今泣きそうです。

翌日の朝編

さてさて、前日の夜しっかり準備をしてるので何もしない時よりもかなり起きられる確率が高まっていると思います。

ここでさらに布団からすぐに出て、すぐに準備して出かけられる行動をしていきます。

「起きたらすぐに○○する」を刷り込む

メンタリストのDaiGoさんが推薦している方法でIf Thenルールというものがあります。

これは『もし○○したら○○する』というルールを決めるだけでその行動ができる確率が格段に上がるというものです。

僕自身、このルールを知ってから「朝起きたらうがいする」というルールを刷り込んでいます。

結構このルール、シンプルだけど強烈です。
僕が朝すぐに起きられない原因の1つとして「何をするか」を考えて、迷って、それに時間を使ってしまうというものがあります。

以前までの僕は起きた瞬間からいろんな選択肢を考えていました。
着替えからするか、
目覚ましを10分後にセットするか、
うがいするか、
今6時だからあと何分寝れるなとか、
今○時だから今からカフェに行ったらもう席埋まってるなとか、

こういう無駄な思考にエネルギーを使わないのがIf Thenルールのいいとこです。

つべこべ考えず「朝起きたらすぐにうがいする!」と決めることで、そこから数珠つなぎに次の行動ができてきます。

僕の場合、
朝起きる

うがいする

着替える

髭を剃る

髪をセットする

カバンに荷物を詰める

出発

って感じです。
この一連の流れで1番大事なのは朝起きて、うがいするまでです。
これができれば1日うまくいくし、これができなければ1日うまくいかない。
そのぐらい大事なところなので、うまくIf Thenルールを使ってみてください。

浴室乾燥×朝の準備

これは浴室乾燥がある家限定にはなってしまいますが、
僕はある程度の準備を浴室で済ませます。
理由は空間が小さいので、浴室で暖房をかけるとすぐに温まります。
そして電気代が安く済みます。

鏡もあるのである程度の準備はここでできます。
浴室内で着替えて、髭剃って、髪スタイリングして、
その頃には体も温まってくるので、もう暖房いらずの体になっています。

結論:冬の朝を制するものは冬を制する

これはマジで過言じゃないと思います。
冬の朝が苦手な人って多いと思います。
僕も含めですが。

そんな冬の朝を制することができれば確実に他の人よりも成果を早く出すことができます。

こうやって偉そうに記事を書いてますが、
僕自身、ここで書いたことを毎日続けていきたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です